結婚相談所(IBJ)の入会金と初期費用はどう違う?

結婚相談所(IBJ)の入会金と初期費用はどう違う?
2020年1月7日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

 

結婚相談所を選ぶときに気になるのが、 「入会金」ではないでしょうか。

 

まだ何もサービスを受けていない時点で支払うお金なので、慎重にならざるを得ないですよね。

 

今日はそんな「入会金」について、

 

  • 入会金と初期費用の違い
  • 結婚相談所の入会金の相場
  • 危険な相談所を判断するポイント

 

を紹介したいと思います。

 

これから結婚相談所に入ろうか検討している人は、かなり重要なポイントになるので、ぜひ確認しておいてくださいね。

 

 

 

入会金と初期費用は違う!

結婚相談所,入会金

結婚相談所へ入会するときに支払う費用は「入会金」だけではなく、ほかにも「活動サポート費」「登録料」などがあります。

 

これから結婚相談所を選ぶという人がよくやってしまう間違いが、「入会金」だけで料金を比較してしまうことです。

 

人物名坂田代表
入会検討者が本当にチェックするべきなのは、入会金や活動サポート費などをすべて合わせた「初期費用」です。

 

たとえば、

  • 入会金3万円
  • 活動サポート費15万円
  • 登録料2万円

これで初期費用は合計20万円。

 

「入会金が3万円だから安い!」と判断して失敗するパターンですね。

 

    • 活動サポート費とは「会員さんの活動をサポートするための費用1年分を先にいただいておく料金」

 

  • 登録料とは「入会する際に必要な手数料」

 

という内容なんですが…正直、会員さんにとってこの内容にほとんど意味はありません。

 

「入会金3万円+活動サポート費1年分を先払い」なら「入会してみようかな?」と思う人もいますが、「入会金20万円!」と言われるとかなり悩むと思います。

 

人物名坂田代表
そうやって会員さんのハードルを下げて入会してもらおうというのが、運営側の狙いです。

 

とにかく、重要なのは「入会金」ではなく、登録料などを総合した「初期費用」です。 結婚相談所の料金をチェックする際は間違えないようにしてください。

 

入会金の相場「10万円」はIBJの推奨料金

結婚相談所,入会金

入会金(初期費用)を含む結婚相談所の料金は、各相談所が自由に決められる」ことになっています。

 

IBJ(結婚相談所連盟)に加盟しているからと言って、「IBJが決めた料金設定に従わなければいけない」というルールはありません。

 

サービス水準の維持や、成婚意欲のある方にご活動いただくことを目的として、IBJが「初期費用は10万円」という推奨費用を提示していますが、あくまでも「推奨」なので、各相談所の料金設定に対する強制力はありません

 

極端な話、入会金0円としても問題はないんです。

 

人物名坂田代表
それでも推奨料金が10万円ということで、地域で多少の差はあるものの、初期費用10〜20万円に設定している結婚相談所は多いです。

 

驚くことに、10年くらい前の初期費用の相場は30万円くらいでした。

 

ネットや電話などのインフラが今ほど整っていなかったので、運営にコストがかかるというのもあったのかもしれません。

 

それだけ高くても、安い相談所の情報も出回らないので、そこに入会するしかないという状況でした。

 

今では安い相談所の情報は簡単に手に入り、比較もしやすくなったので、それにつられて相場はかなり下がりました。

 

高いと入会されないので、安くせざるを得ないということですね。

 

人物名坂田代表
そこで増えてきたのが、先ほどお話した「初期費用を細分化して安く見せる相談所」というわけです。

 

入会金(初期費用)が無料の結婚相談所は危険?

結婚相談所,入会金2

入会金無料という結婚相談所は魅力的ですが、「大丈夫かな?」と少し不安にもなるのもです。

 

  • サービスの質が低かったらどうしよう
  • ちゃんとアドバイスしてくれないのかな?

 

なんて考えてしまいますよね。

 

でも 安いからダメとか、反対に高いから大丈夫とか、そういう考え方は間違いです。

 

入会金が高くても、

  • 月会費が安い
  • お見合い料が0円
  • お見合いの申込み回数が無制限

というようなこともあります。

 

反対に「入会金は安いけど成婚料は20万円、お見合いの申込み回数は月10回まで、それ以上はオプション料金が必要」というような結婚相談所もあります。

 

入会金だけ安くてもまったく意味がないので、サービスと料金を総合的に比較して判断することが大切ですね。

 

人物名坂田代表
結婚相談所に入会することがゴールではありません。「結婚」という最終目的をしっかり意識しておきましょう。

 

関連記事

結婚相談所はお金の無駄か?悪い口コミで感じること

 

費用がしっかり明記されていない相談所は要注意

初期費用

結婚相談所を選ぶときは、きちんと費用がわかりやすく明記されているかどうかをチェックしましょう。

 

そもそもホームページに料金詳細が書かれていなかったり、わかりづらいところに追加費用がたくさん書かれている結婚相談所は避けたほうが無難です。

 

人物名坂田代表
追加費用のかかるオプションなど、複雑に細分化されているところも個人的にはおすすめできません。

 

会員さまからすれば全て同じ「初期費用」だから分けて書く必要はないし、あえて分けて書いているということは何らかの意図があるからですよね。

 

たとえば、

  • 初期費用:10万円

これは親切な書き方です。

 

ほかにも、

  • 入会金:10万円
  • 活動サポート費や登録料は無料

これもわかりやすくて良いですね。

 

注意しないといけないのが、

  • 入会金:無料
  • 活動サポート費:12万円
  • 登録料:3万円

という書き方です。

 

人物名坂田代表
入会金を無料のように見せていますが、初期費用は必要なので注意しましょう。

 

返金は「入会金」ではなく「活動サポート費」

返金

人物名坂田代表
結婚相談所では、初期費用に含まれる「活動サポート費」に対して、「返金」というシステムが設定されています。

 

活動サポート費は1年分のサポート費用を先にお支払いしていただくというものなので、途中で退会された場合は残りの費用を返金するというシステムです。

 

1ヶ月1万円だとすると、12万円を初期費用としてお支払いいただくというものです。

 

この場合、2ヶ月で自己都合で退会すれば入会金の一部が返金されます。

 

ただし、結婚相談所によっては「自己都合で退会した場合は返金されるけど、成婚退会した場合は返金されない」というような独自のルールがあるので注意しなければいけません。

 

さらに、返金の対象となるのは「活動サポート費」であって、「入会金」や「登録料」は返金されないので注意しましょう。

 

入会金は良い判断材料になる

結婚相談所の料金は入会金だけではなく、お見合い料や成婚料など総合的に見て判断するべきです。

 

ただし本日お話したように、入会金を見れば「相談所が会員のことをちゃんと考えているかどうか」もわかります。

 

入会金だけで比較するのは危険ですが、結婚相談所を選ぶ際の良い判断材料になることは覚えておいてくださいね。

 

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント