記入していない資産はいつ伝える?

記入していない資産はいつ伝える?
2021年10月6日
結婚相談所イノセント 大石 晃弘
【執筆】大石 晃弘

結婚相談所イノセント
カウンセラー

 
<今回の相談内容>

相談所で活動している女性です。
私には父親から相続した資産(土地・家屋)があります。

「お金は人を変える」と思っていて、公開していませんでした。
イノセントさんのブログで「持病や自分の状況」は予め伝えておいた方が良いんだなということがわかり、現在はちゃんと伝えた方が良いのかな、と思っています。

いつ明かすのがベストなのでしょうか。

 
<回答>

真剣交際中である程度お相手への信頼も深まってきたタイミングで良いと思います。

相続した家屋に住みたいということであれば、真剣交際前に「持ち家がある」ことは伝えておいた方が良いです。
(お相手からすれば住居が限定されてしまうため)

持病やその他事情と一括りに出来ないのは、IBJで資産の公開が強制ではない事からです。
「最初から知っておいた方がお互いのため」に当たることであれば、早い段階でお伝えする必要があると思います。

とはいえ、土地や家屋で気になるのが固定資産税です。
私はまだまだ勉強中なのですが、お相手に負担になる要素があれば、もう少し早めが良いかもしれません。

基本的には、真剣交際中に!というイメージで大丈夫です。

関連記事:結婚相談所(IBJ)は資産・貯金額もプロフィールに記載します

 
<相談や質問を募集しています>
結婚相談所を運営する仲人の視点で、いろんなお悩みに回答させて頂きます。
 
質問箱という匿名で質問できるサービスを利用して、いろんな質問に回答していこうと思います。
 
下記から質問できますので、気になる方は是非、ご利用ください。
 
相談・質問をする
 
 

結婚相談所イノセント 大石 晃弘

結婚相談所イノセント関西エリア担当
大石 晃弘

自身も6年間の婚活を経てイノセントに入会。当時はシフト制・夜勤ありの仕事をしていたが、積極的に活動。長期の仮交際・真剣交際の終了を経験しながらも、晴れて成婚退会を果たした。
数々の失敗を経験しているため、納得感の強いアドバイスを提供。また、自身が婚活市場で不利な条件を抱えていたからこそ、スペックや容姿だけではない会員の魅力を引き出すことに注力している。Twitter、noteでも情報を発信。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ