仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白

仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白
2020年3月6日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

結婚相談所での婚活は「お見合い」から始まりますが、たったの1時間で好きになることなんてありません。

「ちょっと良いかも」「悪くはないかも」くらいで仮交際に進むことがほとんどなので、お見合いから仮交際のハードルは割と低めです。

人物名坂田代表
結婚相談所の婚活の中で一番ハードルが高いのは、仮交際から真剣交際にたどり着くことです。

特に仮交際中のデートは、お互いのことを知って仲を深めて行き、最終的に告白をして真剣交際に発展するための重要な通過点です。

今日はそんな重要な仮交際中のデートで初歩的なミスをしないために、

  • 回数や頻度
  • 場所や内容
  • 支払い
  • 告白

という4つの項目にわけてアドバイスをさせていただきます。

 

仮交際のデートで気になる回数や頻度

  • 仮交際のデートは何回くらいするべきなのか?
  • 頻度はどれくらいで?

という相談を多くいただくので、気になるポイントを順番に解説していきます。

仮交際1回目のデートは早いほうがいい

お見合いをして仮交際が決まると、基本的には男性からファーストコールを行い、1回目のデートを取り付けます。

関連記事

結婚相談所の交際はファーストコールが重要??

初回のデートは、できればお見合いから10日以内に調整するのがおすすめです。

お見合いではたった1時間しか会っていないので、お見合いから初回のデートまでの期間が空きすぎると、お互いに気持ちが冷めてしまいます。

人物名坂田代表
そもそも恋愛感情もなく、気持ちが盛り上がっていない状態なので、時間が少し空くだけで「初めまして」の状態に戻ってしまいます。

仮交際が決まったら、10日以内と言わずできるだけ早く会うようにしましょう。

会う日が決まっていないとさらに気持ちが下がってしまうので、特に1回目のデートは早めに決めてしまいましょう。

理想はファーストコールの際に決めることです。

予定が決まらないままお見合いから時間が経過すると、

  • 他に仮交際中の人と会うのが忙しいのかな?
  • 自分は優先順位が低いのかな?

とお相手が不安になります。

仕事の予定などで、ファーストコールで決められない場合は、理由をちゃんと伝えることが大切です。

人物名坂田代表
「予定が入ってて難しいので、◯日はどうですか?」というように、会えない理由と提案ができればベストです。

「本当はあなたと会いたいけど予定を入れられない」という気持ちをしっかりアピールしておきましょう。

  • 早めに決める
  • 早めに会う

この2つがとても重要です。

2回目以降は2週間以上空けない

2回目以降のデートも同じように、気持ちが盛り下がらないよう遅くても2週間以内には会うようにしましょう。

人物名坂田代表
土日じゃなくても、平日の仕事終わりに少し会うだけでも問題ありません。

期間が空きすぎると、相手も婚活をしているので、別の出会いを求めてしまう可能性があります。

特に交際初期はお互いに本命ではない可能性も高いので、同時並行して交際している相手が他にいます。

お見合いを申し込んだり申し込まれたり、お見合いが決まって良い人が出てくる可能性も少なくありません。

スピード感を持ってデートを調整していくことが大切です。

回数や頻度よりも密度が大切

じゃあ毎日会うのはどうなの?という問題ですが、お互いの予定と気持ち次第では悪くないと思っています。

先月イノセントを成婚退会された40歳の女性は、お見合いからたったの9日で真剣交際に発展しました。

人物名坂田代表
9日のうち4回デートをしたということだったので、2日に1回のペースで会っていたということになります。

しかも、会っていない日は、必ず電話をしていたそうです。

デートの回数や頻度も重要ですが、どれだけコミュニケーションを取ったか、どれだけお互いを理解できたか、ということのほうが大切です。

女性からも積極的に誘ったほうがいい

女性に多いのが、「デートに誘われない」という悩みです。

初回はファーストコールで日程調整する男性が多いですが、1回目から2回目、2回目から3回目のデートのお誘いがなく、不安になる人が多いようです。

大切なのは、女性でも積極的にお誘いをすることです。

人物名坂田代表
また会いたいと思うなら、遠慮せずに自分から誘ってほしいと思います。

結婚相談所は婚活をするところなので、駆け引きなどせず、どんどん積極的に行動していくほうが上手くいくことが多いです。

「デートに誘われない=自分に興味がない」と思うかもしれませんが、もちろん実際ダメな可能性があったとしても、自分から言って損はありません。

めんどくさいなら終了したほうがいい

先日、イノセントの会員さんから「仮交際のデートがめんどくさい、行きたくない」という相談を受けたので、その点についてもお話しておきます。

ずばり、会うのがめんどくさいと思うなら、交際終了したほうが良いかと思います。

会うことすらめんどくさい人と、結婚できるわけないですよね。

「私は慎重なんです。人を好きになれないんです。」という人もこれまでにたくさん成婚退会されていますが、

「最初は会うのも面倒だったけど、だんだん好きになった」という例はほとんどありません。

何が言いたいかと言うと、最初にこの人は無理と思う時点で、その人とは合わないということです。

関連記事

結婚相談所(IBJ)で交際終了する際はどうすればいいのか?

仮交際中のデートの場所や内容

男性は特に、デートの場所やプランで悩む人が多いのではないでしょうか。

「大切なのは内容よりも誰と一緒にいるか」なので、それほど気にすることではありませんが、いくつか大切なポイントについてお話します。

初回は軽い食事がおすすめ

仮交際のデートで1~2回目くらいまでは、無難に食事やお茶だけにしておくのがおすすめです。

特に1回目は重要で、イタリアンのコースとか、気合いの入ったお店に行こうとする人もいますが、実はそれは良くありません。

人物名坂田代表
相手への好意のつもりでそういうお店を選んだのかもしれませんが、女性からすると少し怖いと思ってしまいます。

好意はお店ではなく、態度で表すべきです。

お店選びは女性の意見を聞く

じゃあどこが良いの?ということですが、ワタミや鳥貴族など、そういう安めのチェーン店居酒屋以外ならどこでも良いと思います。

どこに行くかよりも、誰と行くかのほうが重要です。

お店のチョイスで交際終了されるのは、よほどひどいときしかないと考えておいて大丈夫です。

お店選びのときに、事前に女性に聞いてあげるというような心遣いのほうが何倍も大切です。

「これとこれはどっちがいい?何が希望ある?」と男性から提案してあげるのが優しさです。

候補は2~3つくらい出してあげたほうが女性は選びやすいかと思います。

予約はもちろん男性がするようにしましょう。

反対に、詳しくないから女性に決めてもらおう、提案してもらう、という他力本願はよくありません。

人物名坂田代表
わからなくても、今の時代調べればいくらでも情報は出てきますので、調べて提案するくらいはやってほしいと思います。

むしろ細かいことができない男性に対する女性の評価は、非常に低いと思っておきましょう。

2~3回目以降は半日~1日デートも大切

仮交際に発展して2~3回目のデートでは、半日~1日デートを1回は入れてほしいと思います。

最初は簡単な食事で距離を縮めることが大切ですが、長い時間一緒にいることでしかわからないことを知る機会も必要だからです。

  • 半日一緒にいたら気まずかった
  • 長い時間一緒にいるのがしんどかった
  • 会話が途切れたときがつらかった

と感じることはよくありますし、食事だけではわからないことです。

半日~1日デートになると、プラン(内容)に悩む人がとても多いです。

お互い好きなところがあればベストですが、基本は男性が女性に合わせたほうが良いでしょう。

人物名坂田代表
自分が行きたいところではなく、女性の好きそうなところを提案してあげましょう。

もしくは、男性に好きなことがあって、女性が興味を持ってくれることなら、デートのプランにしても良いかもしれません。

女性が興味持ててないことを提案するのは良くないので注意しておきましょう。

関連記事

結婚相手と趣味は同じ方がいいのか?

遊園地は失敗する可能性が高い

真剣交際に進むまでは、遊園地(USJやディズニーランドなど)はおすすめしません。

朝から夕方まで、かなり長い時間拘束されることになるので、2人の距離が縮まっていない段階ではかなりしんどいからです。

人物名坂田代表
時期にもよりますが、かなり並ぶこともありますよね。

並ぶこと自体も疲れますし、沈黙になってしまう時間が必然的に多くなり、「楽しくない」という感情だけが残ってしまう可能性が高いです。

カラオケは、お互いが好きであれば、2回目以降ならOKだと思います。

映画も、途中は会話できませんが、至近距離で長い時間過ごせるというのと、終わったあとに共通の話題で盛り上がりやすいですよね。

時期によっては人気の映画がやっていないときもありますが、つまらない映画の感想を言い合えば、相手の性格が見やすいのでおすすめです。

水族館や動物園は、笑えるような楽しさがないところで、しかも混雑もあるので、相性の良い人と行けば楽しいし、合わない人といけばまったく面白くないと感じるものです。

映画よりも相性がわかりやすいので、割とおすすめなスポットではあります。

天気が良ければ公園デートはおすすめ

個人的におすすめなのが、公園です。

リラックスした状態でいろんな話がしやすいですし、親子連れがいればそれを見ながら結婚後の話も振りやすいですよね。

公園デートのような、何気ないことを一緒に楽しめる人だと、結婚後も楽しい生活ができるはずです。

反対に公園デートで楽しくない、気まずいと感じるなら、相性が良くないと判断できます。

仮交際中のデートでの支払い

仮交際中のデートでしばしば問題になるのが、デート費用の支払い問題です。

食事代やチケット代などいろんな場面で支払いが発生しますが、

  • 男性が払うべきなのか
  • 割り勘にすべきなのか
  • 女性は出すべきなのか

など、悩むポイントがたくさんあると思うので、その点についてお話しておきます。

食事は男性が多く支払う

基本的にデート中の食事に関しては、男性が多く支払ってほしいと思っています。

特に1万円以内とかであれば男性に全額払っていただきたいと考えています。

反対に女性は、半額出すつもりでいてほしいと思っています。

むしろ半額も出したくないと思うのであれば、交際終了すべきだと思います。

関連記事

婚活女性必見!高収入な独身男性の簡単な見分け方!

チケットは男性が事前に買っておく

映画、水族館、遊園地などのチケット系は、行くことが決まったら、男性が事前にネットでチケットを買っておくようにしましょう。

女性は男性に対して、お金を出してくれたことではなく、配慮をしてくれたことが嬉しいと感じます。

男性はめんどくさいかもしれませんが、事前にチケットを買えるようなスマートさは女性の目に魅力的に映るものなので、努力を惜しまないようにしましょう。

男性の年収は事前にわかっている

デート中の支払いを割り勘にするかどうかという相談もたくさんいただきます。

男性に関しては、最初から全額出すという気持ちでデートに誘うようにしましょう。

人物名坂田代表
言い換えると、全額支払えるくらいのお店を選ぶべきだということです。

結婚相談所ではプロフィールに年収や1人暮らしかどうかの記載があるので、デートをする相手の懐具合はある程度わかります。

お店選びで無理をする必要はなく、身の丈に合ったお店に行くほうがお互いに気持ちが良いものです。

関連記事

結婚相談所は資産・貯金額もプロフィールに記載します

「男性の割り勘はNG」ではない

男性でも「割り勘で」という人もいますが、女性はそれを見て「ダメな男性」と判断するのはよくありません。

金銭的価値観は人それぞれなので、「スマートに全額を支払える男性はOK、ガッツリ割り勘の男性はダメ」という判断はちょっともったいないと思います。

人物名坂田代表
そもそも結婚したあとは財布が一緒になることが多いので、おごるとか割り勘とか、あまり気にすることではありません。

むしろお金の出し方よりも、一緒に過ごしてどうか、という部分のほうが重要です。

女性は男性のおごりに甘えるべき

女性会員さんの中に「毎回男性が全額出してくれるので申し訳ない」とおっしゃっていた方がいましたが、それは気にせず素直に甘えておくのが正解です。

男性が全額支払おうとしているところを、女性が無理やりお金を出すというのはスマートではありませんし、

レジ前でやってしまうと、嫌がる男性もいるので注意しておきましょう。

人物名坂田代表
男性が1人で払おうとしてくれるなら、お会計のときはちょっと離れて待って、店を出てから「おいくらでしたか?」と聞くのがスマートです。

男性にお金を受け取ってもらえなかったら、「じゃあ次にお茶行くときは私が払うね」というようなやりとりで問題ありません。

仮交際のデートでの告白

結婚相談所では、早い人は2~3回のデートで真剣交際に進みます。

そのため男性は、最初からそういう意識を持って女性と向き合わなければいけません。

デートでの告白はどうすればいいのか、ポイントを解説していきます。

仮交際中の告白はプロポーズとは違う

仮交際中にする告白は、真剣交際に進むためにお互いの意思を確認することです。

真剣交際のときにするプロポーズとは意味が違うので、あまり気負わずに告白するのがポイントです。

本当にちゃんとしてあげるのはプロポーズのときで良いので、場所もどこでも大丈夫です。

場所に悩んで告白するまでに時間がかかるなら、場所はどこでも良いので、とにかく伝えることのほうが大切です。

帰り道などデート解散間近のときに告白すればいいと思いますが、どうしても緊張して直接言えないのであれば、帰宅したあとに電話で伝えてもOKです。

関連記事

結婚相談所(IBJ)の交際は一般的な恋愛と何が違うのか?

回数や期間より2人の関係が大切

  • デートの回数は何回で?
  • 交際してからの期間は?

というような相談をよくされますが、仮交際の告白については回数や期間は関係ありません。

先程の女性のようにたった9日でも告白が成功することはあるし、きっちり2ヶ月お付き合いしたからOK、10回会ったからOK、というようなことでもありません。

  • お互いに一緒にいたいという気持ちがある
  • 結婚後の話がちゃんとできている

この2つが確認できていれば告白しても良い、と考えるようにしましょう。

関連記事

仮交際3回目が重要だと言われる理由|回数より大切な2つのポイント

告白前に気持ちを伝えておくことが大切

告白をするよりも、するまでのほうが重要です。

人物名坂田代表
告白する前に、きちんと自分の好意を相手に伝えておきましょう。

ストレートに「好き」と伝えなくても良いので、

  • 一緒にいて楽しかった
  • 次に会うのが楽しみ
  • これからもいろんなところに行きたい

と気持ちを言葉にすることが大切です。

伝えた気持ちに対して相手も同じように返してくれるなら、同じように思ってくれているということなので、告白が成功する可能性は高いです。

気持ちをまったく伝えていない状態で一か八かの告白は、相手も戸惑ってしまいますので、基本的には断られると思っておきましょう。

女性は結婚や出産について現実的に考えるので、男性よりも気持ちが盛り上がりづらいことがあります。

人物名坂田代表
男性が一方的に気持ちが盛り上がって勢いで告白をして、女性側が保留をするということはよくあります。

女性側からすると興味がなくて保留にしているわけではないのですが、

「男性が想ってくれてるのに私の気持ちが追いついていない。このまま交際を続けるのは申し訳ないから交際終了しよう。」

と女性は考えて、そのまま仮交際が終わってしまうパターンがよくあります。

男性はちゃんと自分の気持ちを伝えておき、相手の反応を確認してから告白をするようにしましょう。

自分で好意を伝えるのが難しいなら、担当者経由でも問題ありません。

担当者に相談できるというのが結婚相談所のメリットでもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

婚活で仮交際のデートはとても大事

婚活の仮交際は、お互いの相性を確認する大切な期間です。

会ってないときは雑談のLINEや電話をすることもありますが、やはりメインはデートです。

デートでお互いの距離を縮め、気持ちを確認し、告白して真剣交際に向かう、とても大事な期間です。

今日の記事を参考に、ぜひ上手く進めていただければなと思います。

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント