お見合いのマナーとルールを知ることが婚活成功の近道!

お見合いのマナーとルールを知ることが婚活成功の近道!
2022年10月20日
結婚相談所イノセント東京代表 永島 一之
【執筆】永島一之

結婚相談所イノセント東京代表

結婚相談所ならではの「お見合い」ですが、堅苦しそうで少し緊張しますよね。

 ・着物で料亭?
・仲人同席?

と不安にならなくても大丈夫。

現代のお見合いは、ホテルのラウンジで二人で軽くお茶をすることを指します。

お茶とは言っても、ルールやマナーを知らずに行ってしまうとお断りになる場合も。

そこで今回は、仮交際のデートに繋がる好印象なお見合いのマナーについて、カウンセラーがご紹介します。

①【お申し込み】3回以上はマナー違反

まずはお見合い申し込みのマナーから押さえていきましょう。

結婚相談所のお見合いは同じ人に何度も申し込みができますが、3回以上はマナー違反です。

どうしても3回目にチャレンジしたいのであれば、お見合い申し込みという形ではなく、担当者を経由して「会いたい」という気持ちを伝えるのが良いかなと思います。

3回目のアピールでダメなら、素直に諦めましょう。

申し込みされた側には履歴が残るので、いつ申し込みされたのか日付けなどもすべてわかります。

人物名永島代表
お断りしている人から何度も申し込みがあるのは少し怖いという方は多いので

同じ人には2回までが基本のマナーです。


②【お申し受け】1日でも早く返事をするのがマナー

お見合いを申し込まれた場合、受けるにしろ断るにしろ、答えが出ているならできるだけ早く返事をするのがマナーです。

日本結婚相談所連盟のルール的には10日が期限となっていますが、1日でも早く返事したほうが印象は良くなります。

人物名永島代表
期限ギリギリに返答する人も多いですが、とても印象が悪いです。

会う前からお見合いは始まっているという気持ちで、すぐに対応しましょう。

プロフィールを見て瞬間で無理と判断できるようなお相手や、ぜひ会ってみたいということであればすぐに連絡をするようにしましょう。


③【日程調整】第3希望まで書くのがマナー

お見合いの日程調整は、申し込まれた側が希望日と場所を指定できるようになっています。

希望日は第3希望まで提示できるので、ピンポイントの指定ではなく、できるだけ第3希望までしっかりと書いておくようにしましょう。

 ピンポイントの日程はNG

ピンポイントで指定する人は、「自分に合わせろ」という印象になってしまいます。

人物名永島代表
お見合いが慣れてきた頃にやってしまいがちなマナー違反です。

調整はスタッフを経由しますが、その奥にお相手がいることを忘れてはいけません。

どうしても特定の日しか調整できないということであれば、「◯◯の事情で候補日が少なく申し訳ありません」というコメントを入れておくと印象も全く違います。


 場所は申し受け側が優先

稀に、自分が申し込み側なのに指定された場所が遠いと文句をいう人もいます。

人物名永島代表
交渉すれば相手は中間地点に譲歩してくれるとは思いますが、非常に印象が悪いです。

会う前からお断りが決まるようなものと考えましょう。

先程もお伝えしたとおり、お見合いの日程調整は申し込まれた側が希望日と場所を指定できます。

申し込まれた側の近所でお見合いが開催されることになれば、それに従うのがルールでありマナーです。

男女関係なく、申し込まれた側の都合の良い場所でやるということになっているので注意しましょう。

もちろん申し込まれた側が男性であれば、そちらの近くでやりましょうと申し出る優しさはあるかもしれませんが、申し込んだ側が場所の指定をする権利は基本的にはありません。

 日程調整で印象を下げないで

お見合いの日程調整はこじれるとお互いの気持ちがどんどん下がります。

場所や時間に対してあまり注文を付けすぎずに、スムーズなやりとりを意識することがポイントです。


④【服装】男性はスーツ、女性はカジュアルすぎない

 男性の服装

男性はスーツがマナーであり絶対条件

東京や大阪ではほとんどの男性が「スーツが基本」と理解されていますが、地方では「スーツじゃなくてもいいよね」という人が多いように思います。

もちろん「スーツだったらなんでもOK」というわけではなく、サイズ感の合ったものを着ることを意識して下さい。

人物名永島代表
「服に興味がないからこだわりがないから、スーツじゃなくてもいいですか?」という人がまれにいらっしゃいますが

私服に興味がないのとお見合いでスーツを着ないのは、意味が違います。

私服は自分の趣味やポリシーなどあるかもしれませんが、お見合いの服装は相手への誠意であり、なおかつ最低限のマナーです。

夏でもジャケットは持参するようにしましょう。

 女性の服装

女性の服装は男性に比べて決まったものがないから難しいですが、あまりにもカジュアルな服装は避けたいところです。

人物名永島代表
スーツの人と会うという前提で考えたときに

2人のバランスなどに配慮した服装にしてほしいと思います。

リュックやサンダル、ジーンズなど、あまりにカジュアルな服装は避けましょう。

女性の服装に関しては明確な基準がないので悩ましいですが、迷う場合は担当者に相談するようにしましょう。

 どうしても用意できない場合は?

また、男女関係なく、何らかの事情できっちりした服装で行けない日があるかもしれません。

何か事情があれば仕方がないことなので、事前に相談所の担当者を経由してお相手に伝えておくようにしましょう。

いきなりラフな服装で現れるのと、事前に伝えておくのでは、まったく印象が違います。


⑤【待ち合わせ】席を確保できるとベター

お見合いはホテルのラウンジで待ち合わせをしますが、基本的に混雑しているものだと考えておきましょう。

予約をしていないと、30分以上待つこともあります。

相談所が席の予約を取ってくれる場合もありますが、予約サービスがない相談所も多いので事前に予約ができると良いでしょう。

人物名永島代表
最近ラウンジは予約不可の事も多いです。

その場合は30分前には到着して先に入って席を確保できると良いですね。

席の確保に男性が取るというルールはありません。女性も協力してスムーズに席に着けるように準備しましょう。


 待ち合わせ場所

待ち合わせの場所は、予約ができていれば店内の席が基本です。

予約ができていないときは男性が先に席を確保しておき、10分前くらいになったら入り口で待ち、合流してから席に案内するという流れがスムーズ。

IBJのお見合いマナーで「10分前には到着しましょう」というルールがあるので、予約をしていても10分前には座れるようにしておきましょう。

ギリギリの到着や遅刻で第一印象が悪くなりお断りにならないよう、余裕を持って準備をしておきましょう。

もし電車の遅延や急なトラブルで遅れそうな場合は、お見合いの前日21時に配信される「緊急連絡ツール」を使用して直接お相手に連絡を入れましょう。

人物名永島代表
緊急連絡ツールの使い方は必ず事前に確認しましょう。

当日時間に焦っているとなかなか使いこなせません。

15分以上の遅刻は当日キャンセルと同じ扱いになり、違約金が発生します。


⑥【ご対面】プロフィールを確認しておくのがマナー

 名前の呼び間違いに注意

お相手と合流できたら、まずは「初めまして、〇〇です。」と笑顔で挨拶からスタートです。

初対面は挨拶で第一印象が決まります。

このとき、お相手の名前は絶対に間違えないように注意しましょう。

人物名永島代表
間違えるはずない!と思うかもしれませんが

緊張すると意外と忘れたり、他の相手と間違えてしまうものなんですよ。

 プロフィールはしっかりチェック

また、お見合いが始まる前に、お相手のプロフィールを確認しておくことも非常に大切です。

特に女性がやってしまいがちなミスなのですが、会話の切り口のひとつとして、プロフィールに書いてあることを改めて聞いてしまう人がいます。

話のネタとして、そこから膨らませていこうと考えてのことなのですが、お相手からすると「プロフィール見てないのかな?」と思ってしまいます。

人物名永島代表
たとえば、プロフィールに営業職と書いてあるのに「どんなお仕事されてるんですか?」という質問の仕方はNGです。

「プロフィールに営業と書いてありましたが、どのようなお仕事なんですか?何を販売されてるんですか?」というような聞き方なら問題ありません。

お相手のプロフィールを丸暗記をする必要はなく、1時間も話をすればちゃんと確認したことは伝わります。

プロフィールを事前に読んでしっかり準備すれば会話には困らないはず。

後は笑顔と楽しむ気持ちを忘れずに。


⑦【お見合い中】席での姿勢に気をつける

お見合いが始まってお互いに向き合っていると、必要以上に相手の表情や動作が目に入ります。

特に女性は男性の顔だけじゃなく、姿勢や悪癖をしっかり見る傾向にあり、お断り理由に姿勢や仕草が上がることも。

ーーーーーーーーーーーー
・緊張で手をもぞも
・無意識に貧乏ゆすり
・肘掛けにずっと肘を置いている
・椅子の背もたれにもたれて座る
ーーーーーーーーーーーー

どれも短時間なら問題ありませんが、ずっと続くと気になって印象が悪くなってしまいます。

できるだけリラックスして会話してほしいとは思いますが、リラックスしすぎでダラけてしまうのもよくありません。

 お手洗いは事前に済ませる

お見合いの途中でお手洗いに行くというのも時間がもったいないので、マナーとしてあらかじめ先に済ませておきましょう。

また、待たされる側は、色々と考えて不安になってしまいます。

もちろん生理的な問題なので仕方ないこともありますが、お見合いはたったの1時間なので気をつけたいマナーの一つです。


⑧【時間】60分前後で切り上げるのがマナー

IBJでは「お見合いは1時間ほどで切り上げましょう」というルールがあります。

しかし、気が合って話がどんどん盛り上がってくると、1時間では全然足りないということも出てくるかもしれません。

人物名永島代表
「もっと話したい」と思うかもしれませんが、やはり1時間程度で切り上げるのがマナーです。

女性からは言いづらかったりもするので、できれば男性から「じゃあそろそろ・・・」と切り上げましょう。

反対に、全然話が盛り上がらないという場合、お互いに気まずいし帰りたいと感じているなら、早めに切り上げても問題ありません。

お見合いは交際するかどうかを判断するための場であって、1時間話をすることが目的ではないからです。

 終わったらすぐに帰りたい場合

また、自分の予定が立て込んでいて、1時間ギリギリで出たいという場合は、事前に担当者に伝えておきましょう。


⑨【支払い】費用は男性が支払う

IBJでは、お見合いの費用は男性が出すのがルールとなっています。

中にはレジ前でお金を渡そうとする女性もいますが、逆にマナー違反なので注意してください。

素直にごちそうになって、ありがとうございましたとお礼をいうのが正しいマナーです。

人物名永島代表
レジから少し離れたところで待ち、男性が支払い終わってからお礼を伝えるようにしましょう。


⑩【お見合い後】できるだけ早く連絡するのがマナー

IBでは、お見合いの返事は翌日のお昼(13時)までにするというルールがありますが、返事が決まっているならすぐに連絡をするのが好印象です。

もちろん無理に急いで決断する必要はありませんが、返事が決まっているなら早ければ早いほうが良いです。

人物名永島代表
さらに交際希望の場合、早いほうが印象が良いので、仮交際に進展する可能性も高くなります。

お相手も交際かお断りか迷っていることがあるので、自分の気持ちを先に伝えることで、相手の返事が変わる可能性もあるということです。

 迷った時は担当に相談を

交際かお断りか迷うときに相手の返事を待つのも良いですが、どういう理由で迷っているのかを担当者に相談しましょう。


お見合いのマナーで結果が変わることは多い

お見合いのマナーは印象を良くするためというよりも、悪くしないためという意味合いが大きいものです。

人物名永島代表
実際、お見合いが上手く行かないという人で、マナーが悪いことが原因になっている人はたくさんいます。

ーーーーーーーーーーーー
・時間ギリギリに相手が来た
・ラウンジ前で30分以上待って席についた
・ずっと貧乏ゆすりで気になった
ーーーーーーーーーーーー

上記のようなマナーに関するお断り理由が相談所にはたくさん届きます。

そもそもお見合いの日程調整がスムーズにいかないことで、最初からお互い気持ちが下がっている場合もあるのです。

 マナーを知らないのはもったいない!

本当は相性が良かったのに、ちょっとしたことで交際できなかったら、とてももったいないことだと思いませんか?

お見合いは慣れていないと緊張するし、不安もたくさんあると思います。

でも、慣れれば上手く行くようになるのか、と言われるとそうでもなく、慣れることが問題になる場合もあります。

お見合いはお互いに初めましての他人同士なので、相手に失礼のないように、相手が嫌な思いをしないようにマナーに気をつけること。

それが交際成立への第一歩かなと思います。

この記事が、お見合いのマナーに悩む人の助けになれば幸いです。

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント東京代表 永島 一之

結婚相談所イノセント東京代表 永島 一之

>

結婚相談所イノセント東京代表。自身の婚活の経験を活かし長期化しがちな婚活を短期での成婚に導く。
会員様とのコミュニケーションを重視し、画一的なアドバイスではなく会員様一人一人に寄り添ったアドバイスを信条としている。

「会員様には結婚だけを目的にはして欲しくない。「自分が好きな人」との結婚を目指して欲しい。そのためのシステムやノウハウがイノセントにはあります」

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
  • お見合いで何を話す?押さえておきたい基本の会話と話題
  • お見合い結果の返事が遅いのはどうして?相手の気持ちと上手いく考え方
  • お見合いが成立しない|NGが続く人がとるべき行動と考え方
  • お見合いのお断り理由|改善するべきこと・しなくて良いこと
  • IBJのお見合い成立率は年齢によって大きく違う!
  • お見合いの日程調整を好印象でバッチリ決める人の決定的な特徴とは
  • お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント
  • お見合いや仮交際の決め手(判断基準)に迷うときの大切な考え方
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.