仮交際の決め手は何がある?進むかお断りか判断を悩む方にポイントを解説

2023年9月1日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは。結婚相談所イノセントです。

結婚相談所では、お見合いをして仮交際に進むかどうか迷う方も多いでしょう。

「自分の将来の結婚相手を決める」と考えると判断が難しいですが、仮交際に進むかどうかについてはポイントごとに「決め手(判断基準)」を絞っていけば、自然とどうすべきか見えてくるはずです。

今日はそんな、結婚相談所での仮交際に進むかどうかの決め手についてのお話です。

この記事でわかること
・仮交際に進むかどうかの決め手
・決め手がないのは普通のこと
・お見合い結果の判断の仕方


1.仮交際の決め手について:迷ったら進んでみよう

大事な一つの考え方として、まずは迷うなら仮交際を希望してみましょう。

実は、たった1時間のお見合いでは、相手のことは何もわからないことが多いです。

お見合いのときと実際のデートでは印象が全然違うということは本当によくあります。

良い印象にも、悪い印象にも、どちらに変わることもあります。

理由①仮交際はすぐに終了できる

1回デートをしてみて、ダメそうなら即終了できるのが結婚相談所のメリットです。

特に女性の方で、仮交際に進むかどうか、真剣に悩まれる方も多いですよね。

ですが、実際に初回デート後に終了を決断される会員様もとても多いですよ。

それも、1時間のお見合いでは何もわからないことが多いからこそですね。

もちろん、お会いしてみた結果、思った以上に2回目に対して前向きになれるケースもあります。

仮交際を重く考えすぎず、少しでも悩んだら交際希望を出してみましょう。

理由②明確な決め手を感じることは少ない

実は、結婚相談所でお見合いの段階から明確な決め手があることは少ないです。

もちろん、結婚相談所で成婚されるカップルの中で、明確にお見合いからこの人だ!と運命を感じる方もおられます。

それでも、お見合いのときから既にお相手に対して非常に好印象だった
◯◯が決め手になって仮交際に進んだ

というケースは意外と少ないのです。

「お見合い時の印象は良くもないけど悪くもなかった」という人のほうが実は多いです。

だからこそ、現在仮交際の方がおられない場合、「この人は無理」「自分とは合わない」という場合以外は、仮交際希望を出すのも一つの方法です。

2.仮交際の決め手について:進まない方が良いケース

我々結婚相談所のカウンセラーが、明確に「仮交際に進まない方が良いですよ」と会員様にお伝えするケースも中には存在します。

今回はそんな事例を紹介しますね。

①直感的に合わないと感じた

お見合いを経験する中で、お相手は自分とは合わないと直感的にわかることがあります。

写真ではわからなかったけど、会ってみたら苦手な見た目だった、お相手の所作や話し方が自分と合わない、嫌いなタイプだと感じることもあります。

仮に「お相手の条件が良いし顔はタイプだけど性格や価値観が合わなさそう」と感じるなら、上手く行くことはほとんどありません。

最初に強く感じた違和感は、例えお相手の条件や見た目が素敵でも、ずっと残ったまま消えないことが多いです。

②スケジュールの負担が大きい

スケジュールの負担が大きいと感じれば、仮交際希望をむやみに出してしまうことはお勧めしません。

例えば、すでに仮交際のお相手が何人かいて、今のお見合いのお相手と交際希望するか迷うこともあるでしょう。

現時点で3人とお付き合いしていて、これ以上はスケジュールの関係上、仮交際を増やすのは難しいかも、と感じることもあると思います。

そんなときは、今交際中の3人と、お見合いをしたお相手を比較して、

自分とは合わないかもしれない
あまり異性として惹かれない

という人と交際終了していくようにしましょう。

全員が同じくらい魅力的で相性も良いということであれば、現在仮交際中の人を優先した方が良いです。

仮交際を4人に増やして、問題なく交際をできる方であれば良いのですが、多くの方が時間をやりくりしながらお相手と向き合っています。

少々お相手を勿体無いなと感じても、スケジュールに限界を感じているなら、今回のお見合い相手をお断りする、ということも覚えておきましょう。

3.仮交際の決め手について:条件的な部分で迷ったら?

「仮交際の決め手について、お人柄やお顔は嫌いじゃない。でも、条件が少し引っかかる。」という時もあると思います。このような時はぜひ担当者に相談をしていきましょう。

例えば、このような時です。

条件的な悩みの例

・お互いの住んでいるところが遠い
・良い人だけど年齢が離れている
・希望年収よりも少し低い

交際に進むかどうか迷ったときに、気持ちで迷う場合は判断しやすいですが、条件で迷うときは判断がとても難しいですよね。

今までの婚活事情や今の状況、どれくらいお見合いをしていて、仮交際は何人くらい成立しているのか、などを考慮する必要があるので、一概には判断できません。

自分が本当に結婚において譲れないものは何で、どういう人を大切にするべきか、経験を積んで理解できるようになっていなければ、簡単には決められないと思います。

今の婚活状況によって、「あと10件お見合いが控えている」ということであれば無理する必要はないですし、「なかなか成立せず、今回久しぶりのお見合い」ということであれば、少しくらいは無理して進めたほうが良いこともあります。

もちろん、担当者の意見を全て取り入れる必要はありませんが、第三者の意見を聞いてみることで、自分の気持ちが整理できることもありますよ。

4.仮交際の決め手について:聞きたいことが聞けなかった場合

お見合い中に聞きたいことが聞けなかったため、決め手が見えず仮交際に進むか迷うという場合も、一旦担当者に相談をしてみましょう。

担当者を通じて知れる可能性のある内容

・宗教ありのお相手の具体的な信仰内容
・転勤の頻度や候補地
・両親との同居の可能性

これらのように、お見合いをしたあとに気になる部分があって仮交際に進むか判断に迷う場合、担当者を通してお相手の担当者に確認することができます。

お相手担当者からの返答によって、仮交際を希望するか決められるので、気になることがあれば積極的に相談してほしいと思います。

また、お人柄をすごく魅力的に感じたのでしたら、仮交際に進んで直接聞いてみるのも一つでしょう。

5.成婚された方に聞く、お見合いから仮交際に進んだ決め手

これまで、お見合いで明確に「この人だ!」と感じる事例は少ないことをお伝えしてきましたが、成婚退会をされた方が振り返られる時に「お見合いの段階で好印象」「嫌じゃなかった」の二つを振り返られることが多いです。

お見合いの決め手を明確に定めるのは難しいですが、「お見合いの段階で好印象」「嫌じゃなかった」の二つはぜひ参考にしてみてください。

①お見合いの段階で好印象

たった1時間のお見合いで、話をしていてとても楽しい、好印象と感じたり。

この人と上手くいけたらいいなと素直に感じる、ということもあります。

基本的にお見合いでは何もわからないことがほとんどなので、お見合いでお相手を好印象だと感じるなら、ほぼ間違いなく交際の決め手にしても良いと思います。

その際に、条件など他に気になるところがあっても、一旦は自分が感じた好印象を信じてみましょう。

案外、細かな不安は、一緒に生活をしていく中でうまく話し合っていけば、大体のことは解決できますよ。

②「嫌じゃない」こと

大人になると、「すごく惹かれる」「真剣に好きになる」ということが少なくなります。

そのため、「好印象」や「好き」という大きくプラスになる要素がなくても、マイナスになる要素がないこと、嫌じゃないと感じられることも、仮交際を決める上で「決め手」にしても良い部分なのです。

嫌じゃないの例

・1時間お見合いで話をして嫌と感じなかった
・待ち合わせのときに嫌な気持ちにならなかった
・仮交際に進んで1回目に会うのが嫌と思わない

好きになった人と交際して結婚するというのが理想ですが、お見合いや仮交際で、すぐに心ときめく、ということはあまりないでしょう。

じわじわと「この人となら大丈夫。安心する」という感覚が募っていく方が多いです。

逆を言うと、最初は「苦手だな」「ちょっと無理かも・・・」という感情が先行しがち。

その上で、お見合いの段階では「嫌なことがない」というのはかなり貴重なことなんです。

婚活を進めて良い人が現れたとしても、心配性だったり、考えすぎるタイプだったりで、どうしても本気になれない人も多いです。

はっきりとした決め手がなかったとしても、「嫌じゃない」という気持ちも大切にしていただきたいです。

6.仮交際の決め手に迷う場合は担当者に相談しよう

お見合いから仮交際に進むかどうか、迷うことはたくさんあると思いますが、そんな時こそ結婚相談所のカウンセラーに相談をするのが婚活を成功させる秘訣です。

「この人しかいない」という決め手があれば最高ですが、そこまでしっかり確信を得ることは、やはり1時間のお見合いでは難しいでしょう。もし、それを感じられた出会いなら、ぜひそのご縁を大切にしてくださいね。

男性は好きになりやすい方が多いですが、多くの女性は手探りしつつ進めていかれる方が多いです。

迷って進めないと感じるときは、どのポイントで迷っているのか、積極的に担当者に相談してください。自分の言葉にして担当者に話すだけでも、気持ちが整理できます。

これまでの活動状況によってもお伝えする内容は変わってくるので、第三者の意見を聞いてからの判断がおすすめです。

決め手を感じられないことについて悲観せず、時には気軽に仮交際に進んでみましょう。

お相手を知れば知るほど、お相手の良いところがみえてきて「この人を断る理由がない」と前向きに変わる例もたくさんあります。

結婚相談所イノセントでは、結婚をもっと自然に・自分らしく叶えるための婚活情報を発信しています。

婚活のお悩みはぜひ当社へご相談下さい。

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント 代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント 代表

坂田 啓太

結婚相談所イノセントの代表。イノセントは、お客様の価値観や人生を尊敬する心を持って、価値あるサービスを提供し、一人でも多くの成婚を実現したいと考えています。

こんなお悩みはありませんか?

結婚はしたいけど出会いがない

結婚はしたいけど出会いがない

  • 何から始めていいか分からない
  • マッチングアプリやパーティーは不安
  • 恋愛経験がなく自信がもてない
婚活はしてるけど上手くいかない

婚活はしてるけど上手くいかない

  • 条件に合う人がいない
  • 結婚前提の交際に進めない
  • 自分のやり方が正しいか分からない

理想の相手にめぐり会えないと感じていませんか?

時間もお金も労力もかかり、理想のパートナーにめぐり会えない婚活に終止符を打ちましょう!

全国成婚率TOP10のイノセントなら、あなたの理想の相手との出会いから結婚まで、必要なことを全てサポートします。

結婚相談所イノセント

結婚相談所イノセント

IBJIBJ加盟店

東京(銀座)サロン

〒104-0061
東京都中央区銀座8-17-5
THE HUB 6階
営業時間:11:00〜20:00

東京(銀座)サロン

横浜サロン

〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町2-2
港陽ビル 4階
営業時間:11:00〜20:00

横浜サロン

大阪(梅田)サロン

〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11-4
大阪駅前第4ビル 6階
営業時間:11:00〜20:00

大阪(梅田)サロン

名古屋サロン

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区
名駅3-4-10
アルティメイト名駅1st2階
営業時間:11:00〜20:00

名古屋サロン

オンラインで無料相談できます
  • 仮交際終了の主な理由は?男性が振られる原因と改善点を解説!
  • 仮交際終了の伝え方とは?伝える方法やルールを婚活のプロが解説
  • 【結婚相談所】仮交際は何人までにするべき?複数交際のメリット・デメリットを解説
  • 仮交際で手を繋いでも良い?ルール・タイミング・気をつけるポイントを解説!
  • IBJのお見合い成立率は年齢によって大きく違う!
  • お見合いの日程調整を好印象でバッチリ決める人の決定的な特徴とは
  • お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント
  • お見合いや仮交際の決め手(判断基準)に迷うときの大切な考え方
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 6階 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分
・TEL:03-5801-5920

【横浜サロン】
〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町2-2 港陽ビル 4階 Map
・「桜木町」駅より徒歩2分

【大阪(梅田)サロン・本店】
〒530-0001 大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル 6階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩5分
【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

【名古屋サロン】
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-4-10アルティメイト名駅1st 2階 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.