9月4連休のフィードバック

9月4連休のフィードバック
2020年9月24日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末9月19日~22日は、お見合いが合計123件、うちオンラインは19件(全体の15%)、交際成立は39件(全体の31%)でした。

9月18日には5名が新たに活動をスタートされており、9月はすでに17名のご入会が決まっています。

9月26日〜27日の予定も埋まり、すでに予約の入っている方でストップとなりそうです。

人物名坂田代表
今からお問合せをいただく場合、入会は10月からとなりそうですので、ご了承ください。

お見合い

お見合い

人物名永島代表

女性Aさん、先週お見合いをしましたが、お断りしています。

臭いがダメだったみたいで、エアコンの風が来るたびおじさんの臭いがしてつらかったと話されています。

人物名坂田代表

体臭ってなかなか解決しづらい問題で、悩む男性も多いですよね。どうすればいいんですかね?

人物名永島代表

そうですよね。

ワキガなら手術した方がいいって言われてますよね。

それ以外の臭いなら制汗剤を使ったり、消臭のスプレーを使うとかでしょうか。

人物名坂田代表

勘違いしている男性も多いですが、香水を使うのは避けた方が良いですよね。

人物名永島代表

香水で匂いの上書きをするんじゃなくて、あくまで臭いを消すことが重要ですね。


人物名坂田代表

女性Bさんの件ですが、お相手の男性がお見合いに10分ぐらい遅刻して、「すみません」の一言も無しだったそうで…。

悪びれる様子もなくお見合いがスタートしたので、女性Bさんはがっかりされていました。

遅刻してきた男性に魅力を感じるわけもなく、当然話も盛り上がらなかったようです。

人物名永島代表

それはひどい。

人物名坂田代表
お会計の時には「ホテルのラウンジってサービス料金があって高いですよね」という話になり、「じゃあ多めに払いましょうか?」と言うと、お相手の男性が本当に受け取ってしまいました。
人物名永島代表

それはよくないですね。

人物名坂田代表

まさか、本当に取られるなんて思わないですよね。

遅刻したのに謝罪もなく、お金も払わされて二度と会いたくないと思うのも無理ありません。


人物名永島代表

男性Aさんはお見合いで、「お見合いの前に何をしていたか」という話題になり、

お相手女性が「ランチでワインを飲んでいた」と言ってしまい、考え方が合わないという理由でお断りされました。

人物名坂田代表

百歩譲ってワインを飲むのはいいと思いますけど、わざわざ言わなくていいですよね。

人物名永島代表

本当に余計な一言だと思います。Aさんはすごく真面目な人だったので、余計会わないと思ったのでしょう。

人によっては「それだけのことで?」という理由かもしれませんが、合わない人も当然いると思います。


人物名永島代表

男性のBさんの件なんですけど、お見合いで女性の上から目線な態度がすごく嫌だったと話しています。

人物名坂田代表

よくありますよね。上から品定めしてるみたいな感じ。

人物名永島代表

「どんな人なんだろう?もっとたくさん知りたいな。」という感じではなく、「あなたはどんな人なの?」という態度が全面に出てたようですね。

居心地も悪く圧迫面接を受けているような気持ちになったと話してました。

人物名坂田代表

特に女性は、一定数そういう方がいるんですよね。

人物名永島代表

そうですよね。男性からしたら本当に嫌だと思います。

人物名坂田代表

早く終わらないかなって思ってしまいますよね。コーヒー代すら出したくないくらい印象は悪いです。

関連記事

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策


お見合い

人物名永島代表

女性Cさんは、「お相手の男性の方がたくさん話を振ってくれた」と話してくれました。

プロフィールもちゃんと読んで来たということもちゃんとわかり、かなり好印象です。

人物名坂田代表

女性からすると「興味持ってくれてるんだ」という安心感があるだけで、好感度が全然変わってきますよね。

人物名永島代表

さらにお相手の男性は、気になったお店にサクッと行くようなフットワークがかなり軽そうな方で、

Cさんは一緒にいればきっと楽しいと思えたらしく、交際を希望されていました。

人物名坂田代表

将来を想像できるというのはかなり重要なことで、一緒にいて楽しいだろうなって想像できれば、距離も縮まりやすくなります。

人物名永島代表

もちろん一緒にいて楽しそうって思ってもらうのは難しいことですけど、話題の用意は誰にだってできるので、それくらいはやるべきですね。


人物名永島代表

お見合いをした女性Dさん、お相手の男性に不満があってお断りになっています。

お見合い中、お相手男性が所属している結婚相談所の話とか、仕事の話ばかりで嫌になったそうです。

人物名坂田代表

仕事の話はいいですが、盛り上がっているのかという気配りはした方がいいですよね。

基本的に初対面の人の仕事の話なんて興味ないですし。

仕事のことよりもまずはどんな人なのかを知りたいって考えている人がほとんどですからね。

人物名永島代表

仕事の話は絶対ダメというわけではないですが、自分のことを盛り込むのは必須です。

そして仕事の話でも、軽い話だけならいいんですけど、愚痴が出たら終わりです。

初めて会った人の愚痴を聞きたい人なんていません。


仮交際

仮交際

人物名坂田代表

女性Eさんがたまたま東京駅にいたときに、お相手の方もたまたま実家に帰る目的で東京駅に行くという話になり、「よかったら会いませんか」ということで、1時間くらいですが会えたそうです。

人物名永島代表

少しの時間でも会うのはとても良いことですね。

人物名坂田代表

男性から「今日は会えて嬉しかったです」と言われ、さらに洋服も褒めてくれて嬉しかったとおっしゃっていました。

さらに、「正直、ライバルが多いと思うので、どうやったら勝てるか考えていたんです」と気持ちを言ってくれたそうです。

人物名永島代表
とても良い方ですね!
人物名坂田代表
男性がこれからご実家に帰られるということで、Eさんは実家にお渡しするお土産も用意したそうで、素晴らしい対応だと思いました。
人物名永島代表
素晴らしい。お互いに惚れてるし、気持ちも盛り上がっていて良い感じですね。

 


人物名永島代表

女性のFさんのお相手がかなり忙しい男性で、LINEをするべきか、控えるべきか、という相談を受けました。

だったら、お相手の男性に相談したほうがいいとアドバイスしました。

人物名坂田代表

それは絶対に聞いたほうがいいですね。連絡頻度ですれ違う男女もいますし。

人物名永島代表

Fさんがお相手に確認したところ、「全然大丈夫」「遅い時間のLINEは翌日に返すかもだけど無視してるわけじゃないから」というメッセージをもらえて、安心してLINEできるようになったそうです。

人物名坂田代表

もし男性がLINEの頻度を落としたいと言ったとしても、女性がそれに合わせれば好感度はすごく上がりますよね。

聞くことってすごく重要です。

人物名永島代表

お互いにいやいやLINEを続けるのが最悪なパターンですよね。それじゃあ長続きしません。


人物名坂田代表

女性Gさんがお見合いをして仮交際に進まれたんですけど、男性からファーストコールの前にLINEが送られて来たそうです。

「今日の夜21時に電話しましょう」と担当者同士で決めていたのに、夕方LINEが来て、正直気持ち悪いと感じたとおっしゃっていました。

「今日予定が入ってしまったので、LINEで送らせていただきます」ということで、内容的には悪くないのですが、それならSMSで送ったほうが良かったですね。

人物名永島代表

それは良くないですね。

SMSと何が違うの?って思う人もいるかもしれませんが、LINEだと警戒しちゃう女性もいるってことは知っておくべきですね。

関連記事

結婚相談所の交際はファーストコールが重要??


仮交際

人物名坂田代表

仮交際中の女性Hさんは、今お付き合いしているお相手と真剣交際を考えていたんですが、3回目でお相手から終了と言われました。

人物名永島代表

残念ですが、それは仕方の無いことですね。仮交際中ならよくあります。

人物名坂田代表

Hさんは「もう少し努力できる部分はあった。最後のデートは反省点が多すぎてやり直したい。」と話されて、前向きで素敵な方だなと思いました。

当然後悔はあると思いますが、悪かった理由を自分に持ってくるところがすごく偉いですね。

人物名永島代表

多くの婚活女性は相手のせいにしがちで、なかなか自分に理由があると考えないですもんね。

Hさんにはきっと素敵な出会いが待っていますよ。

人物名坂田代表

私もそう思います。

そして最後には「次に繋がるように頑張ります!」と言ってました。

うじうじせず次に行こうという姿勢が素晴らしいですよね。

そしてその日のうちに次のお見合いを申し込んでました。

気持ちの切り替えは難しいですが、ちゃんと前に進むために行動する姿勢は大事ですね。

人物名永島代表

その時点ですごく魅力的な女性ですね。本当にすごいと思います。

ショックで休会するという女性も多いと思いますよ。

 


人物名永島代表

女性Jさんは仮交際に進んで、1回目のデートで食事も楽しかったと話していたんですけど、お相手の男性から終了されてしまいました。

フィーリングが合わなかったいうことで、終了の理由もとくに告げられませんでした。

人物名坂田代表

それは相性とかタイミングの問題かもしれないですね。

人物名永島代表

そうなんです。

今回の場合どちらが悪いというわけではなく、仕方が無いことなんですよね。

Jさんからすれば改善点も特にないので、しょうがないと思うしかないですね。

人物名坂田代表

楽しいけど好みじゃないとか、お相手に真剣交際直前の人がいて、そっちに行っちゃうとかもありますよね。


人物名坂田代表

仮交際中の女性Kさん、男性お2人と仮交際中でしたが、もともと真剣交際を考えていた方から告白されて、真剣交際が決まりました。

しかし、実は交際していたもうひとりの方と次の日に会う予定があり、その方とは仮交際1回目ということで、会わないと違約金もかかるのでデートをしたところ、

「あなたのことを良いと思ってる。ライバルも多いでしょうから、どうしたらいいか考えてる。もしほかの人と同時並行が嫌なんだったら、僕は今日真剣交際に進んでもいいと思ってる。」と本気で気持ちを伝えられたそうで、

心が揺れて、非常に悩んだとおっしゃっていました。

人物名永島代表

仮交際1回目でそれだけ気持ちをはっきりと言えるのは素晴らしい。

人物名坂田代表

仮交際1回目ですし、すでに真剣交際のお相手も決まっていたので普通はお断りするところでしたが、本気で気持ちをぶつけられて心が動いたのだと思います。

人物名永島代表
ちゃんと気持ちを伝えるのは大事ということですね。

今回はタイミングが合わず上手くいきませんでしたが、この男性は他の方でも上手く行くと思います。

 

関連記事

結婚相談所(IBJ)のペナルティー・違約金について


人物名坂田代表

31歳の女性Lさんの件なんですけど、お相手の男性は10個上。

年齢差を承知の上でお見合いし、楽しかったから仮交際に進んだそうです。

しかし最初にお出かけしたときに、お相手が年相応な格好で来られて、Lさんは「別に年齢は気にしない」という考え方だったのですが、会ってみて「おじさんは嫌」と思ってしまったそうで、終了になりました。

お見合いはスーツで問題なかったんですけど、デートの私服がダサかったみたいですね。

人物名永島代表

40代の男性が30代の女性を良いと思うのはわかりますが、それなら相応の努力はするべきですね。

歳上でもOKとしてる女性でも、おじさんの格好をしてる男性に魅力は感じないです。

人物名坂田代表

そうですね。若作りしろってことじゃなくて、小綺麗にするのがすごく重要です。

真剣交際

交際

人物名永島代表

仮交際中の女性のMさん、かなり高級な雰囲気のあるバーでお相手の男性に真剣交際の話をされたそうです。

お店の雰囲気もあって二人ともすごく緊張していたんですけど、男性の一生懸命な様子がしっかりと伝わってきて、頑張って伝えようとしてくれたことがすごく嬉しかったと話してました。

人物名坂田代表

そういう場所や雰囲気に慣れている男性も落ち着きや余裕が見えて良いですが、慣れていなくても頑張って店を選んで、一生懸命に気持ちを伝えてくれたことは心に刺さりますよね。


人物名永島代表

仮交際中の男性Fさんは、これまでの女性とはすべて自分でデートプランを考えていたのですが、今のお相手の女性はやりたいことや行きたい場所を必ずリクエストしてくれるということで、すごく感激していました。

「自分だけが頑張らなくていいんだ」と感じたそうです。

人物名坂田代表

それは素晴らしい!デートプランを男性に任せっきりの女性も多いですからね。

人物名永島代表

本当に嬉しそうに、この女性と出会えてよかったと話していました。

そしてまたこのお相手がすごく可愛い女性なんです。しかも、毎回手土産を持って来てくれるそうで、素敵なカップルだなと思います。

人物名坂田代表

そういったことをしてくれる女性なら、心から尽くしたいって男性も思いますからね。

人物名永島代表

そうですよね!

尽くされる女性とはまさにこういう方のことだと思います。

なかなか婚活が上手く行かない女性はこういうライバルがいることを知っておくべきですね。


人物名坂田代表

女性Nさんは仮交際中の男性から、IBJ主催の真剣交際セミナーに誘われて、すごく喜んでいました。

人物名永島代表

セミナーの参加を誘うということは、将来のことを前向きに考えていて、結婚も視野に入れている、ということがわかりますからね。

将来の話をなかなかできない人もいるので、すごく良いことだと思います。

人物名坂田代表

IBJの将来設計セミナーに一緒に行こうというのは、結婚する気があるという内示になりますから、男性はどんどん誘うべきですよね。

他にもお相手の男性は、「料理が苦手で負担をかけるだろうから、掃除は担当する」と言ってくれたと話してました。

人物名永島代表

結婚を見据えているだけでなく、結婚後のこともちゃんと話せる相手であれば安心できますよね。


人物名永島代表

仮交際中の男性Gさん、デートではいつもごちそうしていて、お相手の女性から「たまには私にごちそうさせてください」と言われ、気遣いに感銘を受けたと話してました。

人物名坂田代表

素敵なことですね。

女性が「お金を出してもらうことが当たり前じゃない」と考えてくれているのは嬉しいことです。

人物名永島代表

ごちそうさまと言ってくれるだけじゃなく、女性の何かしたいという気持ちがすごく伝わって来ます。

まとめ

今週のフィードバックでは、悩みながらも前向きに行動している方が上手くいっている人が多かったです。

上手く行かない人に限って受け身でのんびり婚活をしており、相手にとって魅力的ではないように映っているのかなと感じました。

人物名坂田代表
もちろん何もしなくても申し込みがたくさんある人なら良いですが、申込みがない人は自分から動かないと何も進みません。

上手く行かない人は、自分がダメだと知っているから、動いて傷つくのがこわいという気持ちはすごくわかります。

しかし、上手く行く人は、待っていても何も始まらないということを知っています。

婚活は相手ありきの戦いなので、必勝法はありません。

当然傷つくこともありますから、どれだけ相手に喜んでもらえるかということを考えて、しっかり自分から動くことが大事なのかなと思います。

 

■関連記事一覧

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策

結婚相談所の交際はファーストコールが重要??

結婚相談所(IBJ)のペナルティー・違約金について

 

 

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント