デートで女性が割り勘を提案する?支払いを巡る男女の本音

デートで女性が割り勘を提案する?支払いを巡る男女の本音
2022年7月7日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

お見合いで素敵なお相手と出会えたら、次は「デート」という難題が待っています。

そこでよく出てくるのが、女性がお相手にデート代の割り勘を申し出ても良いのか、申し出るべきなのか、という問題。

現役のカウンセラーが、過去に成婚した女性のエピソードや男性の意見を元に、女性は婚活デートで割り勘を提案するべきか、するべきでないのかをお話しします。

今仮交際の段階におられる方は気になるポイントだと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

テーマ
婚活デートで女性は割り勘を申し出るべき?

割り勘問題で悩む女性は多い

恋愛でも、婚活でも割り勘問題で悩む女性は非常に多いです。

SNSなどでも度々論争になる婚活での「おごり、おごられ問題」ですが、正解はありません。

この問題をカウンセラーはどのように感じているのでしょうか?

人物名坂田代表
まず、デート代の割り勘を申し出るべきかどうかで悩んでいる時点で、配慮ができる素敵な女性だなと思います。
人物名永島代表
本当にその通りですよ。「おごってもらって当たり前」「逆になんで割り勘を申し出てくるの?」と文句をこちらに言ってくる女性も多いので…笑

 ・相手のプライドを傷つけてしまう?
・男性を立てるためにおごられた方がいい?

と悩むことができるのは素敵な女性である証拠です。

「心の中では割り勘でも良いのにな?」と思っていても、実際に割り勘を提案できる女性はすごく少ないと考えられます。

初デートで、割り勘を提案されたら「次も会いたい」と好感を持つ男性は多いのではないでしょうか。

ほとんどの女性が割り勘を提案しない中で、男性に割り勘を提案するだけでライバルよりも一歩リードできますよ。


女性は割り勘を提案するべき?

女性は、婚活で出会った男性とのデートで、割り勘を提案すべきです。

人物名永島代表
女性は気を使って「おごられたほうがいいのかな?」と悩む方もいますが、男性としては割り勘を申し出られて嫌な気持ちになる人はいないです。

女性は遠回しに「あなた出すお金ないんでしょ?」と言っていると思われたくないと意識するかもしれませんが、そんな風に受け取る男性はほとんどいません。

中には男性と対等な関係でいたいから割り勘にしたいという考えの方もいると思いますが、それも一つの価値観です。

割り勘を提案された男性が「ありがとうございます」と割り勘を承諾するか、「いえいえ、僕が出します」と言うかはわかりません。

提案されて嫌な気持ちになることを心配する必要はありません。積極的に伝えれば、それだけで印象アップ間違いなしです。

人物名坂田代表
経験上、結婚相談所でいろんな人から真剣交際を申し込まれたり、いわゆる人気男性と成婚退会されるような女性は、自然と割り勘を提案できたりする女性が多いんですよね。
人物名永島代表
反対に、これまで男性からはずっとおごられていたから女性は「おごってくれない男は無理!」というふうに考えてしまい、婚活が上手くいかないパターンも多いです。

容姿やスペックも大切ですが、婚活では内面が素敵な女性を選ぶ男性が多いです。

実際、ほとんどの男性は自分が支払う覚悟でデートに挑んでいます。そんな中、割り勘を提案されるとその気遣いがすごく嬉しいんです。


割り勘を提案した女性におごりたい

好意を好意で返している婚活男性もたくさん見てきました。

人物名坂田代表
むしろ、割り勘を提案してくれる女性に男性はおごりたいんですよ。
人物名永島代表
女性が割り勘を提案してくれたから、映画のチケットは事前に男性が買っておくとか、相手の喜びそうなお店を探したり、プレゼントを渡す男性の話を聞きますね。

好意を受け取ると、好意で返したくなる。そうなってくるといい循環がうまれます。

お互いが思い合って、気持ちが盛り上がるのです。

「割り勘にしませんか?」という一言がきっかけで、好印象を抱いて好循環の結果がうまれることは婚活の現場でよくある現象です。


割り勘の提案は絶対ではない

「じゃあ、全員に割り勘を申し出るべきなの?」と言われると、絶対ではありません。

 ・おごってほしい
・おごってくれる男気がある人が魅力的


という気持ちも、また一つの大切な価値観です。

本当はおごって欲しいのに、無理して割り勘を提案しても、気持ちは盛り上がりませんよね。

また、男性よりも年収が低めの女性が毎回割り勘を申し出ることも負担になります。

いつもデート代を全額出してもらっているなら、感謝の気持ちを手土産や何かで伝えられると良いですね。

人物名永島代表
大切なのはおごられて当然な態度を取らないことです。
人物名坂田代表
「ありがとうございます。次は私におごらせてください。お店選んでおきますね!」と言って、自分の負担にならないお店を選ぶのも良いですよね。

あとでもやもやしたりしないように、割り勘を申し出る場合も、自分で納得した上で出すことが大切ですね。

「出した方が印象が良いんでしょ!」という気持ちは男性も感じ取ってしまいます。

割り勘も伝え方が大事

ここまで、割り勘を伝えると印象UPという話をしてきましたが、注意点があります。

ただ、理由を伝えずに「割り勘にしましょう」とだけ伝えてしまうと、男性を不安にさせてしまうかもしれません。

人物名坂田代表
実は、女性から「割り勘にしましょう」と言われて交際終了されることってよくあるんですよ。
人物名永島代表
ありますね。女性としては、終了するつもりで、借りを作りたくないから、最後は割り勘にしておく、みたいなね。

経験豊富な男性は、「割り勘にしましょう」と言われると「あ、終了されるのかな?」と不安になる可能性もあるのです。

なので、割り勘の提案も伝え方が大切です。

 これからも長く付き合っていきたいから、あなただけの負担にならないように、割り勘にしませんか?


というような前向きな言葉を添えると良いのかなと思います。

人物名永島代表
あと、これはマナーですが、レジ前で割り勘の提案をするのはやめてあげてください。恥ずかしいですし、レジ前でお金は受け取れないと思います。

支払うならお会計が終わって、お店の外に出てからが良いですね。


年収が高ければ奢ってもらってもいい?

それでは、もしお相手が年収1000万円の高収入男性だったらどうでしょうか?

多くの女性が高収入の男性には「相手の方が私よりも年収が高いんだからおごるべき」と考えますが、それでは埋もれてしまいます。

年収の問題ではなく、「相手の負担になっていないか?」という視点を持てることが大切です。

相手の年収を含めて、デートのペースや支払ってくれているデート代の金額を考えて、相手の負担が大きいなと自分が思うのであれば「割り勘」を提案すれば良いのです。

それは男性からするとすごく嬉しい配慮ですし、何人かいる仮交際の女性を比較した結果選ばれるのは「お相手の事情」にも配慮ができる女性です。

本来は支払いもどちらかだけの負担になるのはおかしいので、そういう配慮のできる女性と結婚したいと思います。


お相手への配慮が自然とできる女性は強い

人物名永島代表
会員さんでいたのですが、「私クーポン持っているから、使いませんか?」と自然と言える女性。

こういう女性は、やっぱりすぐに成婚退会されていきますよ。

結婚相談所では、男性の年収が公開された状態で知り合います。

上手くいく女性は、しっかりチェックしていて自然と配慮をしているのです。

人物名坂田代表
反対に上手く行かない人って、「年収そんなに高くないのは明らかなのに、こんな高いお店でおごろうとするなんて金銭感覚おかしい!」と批判的になっちゃうんですよね。

それなら次はもっとカジュアルなお店にしましょうとか、いくらでも配慮の仕方はあるはずです。

相手への文句ばかりだと、やはり結婚は遠いでしょう。


まずはデートを楽しむこと

今日のテーマの結論は仮交際のデート代は「割り勘を提案したほうがいい」とシンプルですが、お互いの考え方や年収、将来的にどうしたいか、などを考えると非常に深いテーマでもありますよね。

しかも婚活でのデートは他にもいろいろ考えることがあるので、簡単な問題ではありません。

割り勘問題について考えることも大事ですが、それよりもまずは楽しむこと、楽しんでもらうことを考えたほうがいいのかなと思います。

デートが楽しくないと男性も奢りたいと思いませんし、お互い楽しくて良いデートができたら、「割り勘にしましょう」と提案してもおごってくれる男性は多いはずです。

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
  • 結婚相談所の仮交際(プレ交際)の流れ|上手くいく人が実際にやっていること
  • デートの会話が続かない|婚活のプロが教える上手くいく人がやっているコト
  • 仮交際から真剣交際に進める確率は!?気になる数字と進む人の特徴
  • 仮交際のスキンシップ|手を繋ぐタイミングとお相手の気持ちの見極め方
  • 仮交際中の適切な連絡頻度は?メールやLINE(ライン)の重要ポイント
  • 仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白
  • 仮交際で好きになれない人の3つの特徴|タイプ別に原因と対策を解説
  • IBJで真剣交際に進むタイミングは?仮交際で確認すべき5つのこと
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.