【心療内科医監修】マリッジブルーの原因と対策|真剣交際中の女性必読

【心療内科医監修】マリッジブルーの原因と対策|真剣交際中の女性必読
2021年6月5日
結婚相談所イノセント 内田 さやか
【執筆】内田さやか

結婚相談所イノセント
心療内科医




こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

婚活をしていて、結婚へのモチベーションが下がることや、漠然とした不安で頭がいっぱいになること、ありませんか?

成婚退会された方が、マリッジブルーで破局になったり、鬱(うつ)になったりというケースが、最近とても多くなっています。

今回はそんな「婚活うつ」や「マリッジブルー」について、心療内科医の内田さやか先生に、その原因や解決方法をお伺いしました。

真剣交際中の方や、もうすぐ成婚退会という方は、参考にしていただければと思います。

関連記事

心療内科医「内田さやか先生」の紹介記事

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

結婚はストレスになる

人物名坂田代表
意外に思われるかもしれませんが、成婚退会されてから破局になり、「ダメになりました」と男性会員さんから連絡をいただくことがあります。

理由を聞いたら、「相手が鬱(うつ)っぽくなっちゃって、進めていくのをやめようってなりました」と言うんですよ。

人物名内田先生
なるほど…。特に何か問題があった、というわけではなく、ですよね。
人物名坂田代表
そうです。何か目に見える問題や、明確な不安や不満があるのなら対処もできますけど、それがないので男性としてはどうすることもできないんですよね。

いわゆるマリッジブルーってやつでしょうか。

人物名内田先生
ちなみに結婚相談所では、成婚退会されてから実際に結婚するまでのフォローってあるんですか?
人物名坂田代表
もちろん拒むことはありませんが、こちらから連絡することはなくなります。

一応、成婚退会で卒業ということになるので、お互いに積極的に関わることはないですね。

人物名内田先生
だけど、退会されたあとに「破談になった」と連絡をいただくことがあるということですか?
人物名坂田代表
そういうことです。
人物名内田先生
なるほど…。

今回のことを科学的な視点で捉えるとすれば、「変化はストレス」だよというお話になると思います。

人物名坂田代表
たしかに、結婚は大きな変化ですよね。
人物名内田先生
そう、「結婚」というのは、幸せでポジティブなイメージが強いですけど、でも実はストレスもあるんですよね。

そこで今日お話ししたいのが、「ストレスマグニチュード」というものです。ストレスの強さを知るための尺度です。

人物名坂田代表
おお、いいですね。
人物名内田先生
日常生活で経験するできごと、結婚もそうだし、引越しとか彼女ができるとか、出産もそうですし、いわゆるライフイベントと呼ばれるものについて、ストレスを数値化したものです。

ただ注意点として、「ストレスマグニチュード」は1967年に発表されたものなので、時代背景としては少し古いかもしれません。

結婚のストレス度

人物名内田先生
ストレスマグニチュードの中で、一番のストレスになるのが「配偶者との離別・死別」とされていて、これを100として基準になっています。

では、一番低めになっている10~12って、どんなことだと思いますか?

人物名坂田代表
ライフイベントですよね。

学校の入学とか?

人物名内田先生
本人の入学や進学は、26です。

正解は、ちょっとした法律違反11

人物名坂田代表
信号無視とか?
人物名内田先生
きっとそれくらいだと思います。

で、おもしろいのが、クリスマス12

人物名坂田代表
え?クリスマス?笑
人物名内田先生
たとえば、どんなプレゼントを用意しようかと悩んだり、誰と過ごせるのか不安になったり、そういう意味ではストレスにもなり得るのかなと思います。
人物名坂田代表
なるほど!特別な日だから、いろんなことを考えないといけないとか。
人物名内田先生
そういうことです。

配偶者の死別とか法律違反のようなネガティブなものだけじゃなくて、クリスマスみたいなポジティブなイメージのものも入っていたりするのは意外ですよね。

ちなみに、上司とのトラブルが23です。

では、真ん中の50は何だと思いますか?

人物名坂田代表
自分の病気とか、親の死とか?
人物名内田先生
おしい!本人の大きなケガや病気53です。親の死亡63

実は、ど真ん中の50が結婚なんですよ。

人物名坂田代表
あー、結婚はそれくらいストレスなんですね。
人物名内田先生
ちなみに失業が47で、結婚よりも少し下。ほんとか?って感じですよね。笑

ただこれは当然ですが、誰にでも当てはまるわけじゃないです。

関連記事

成婚退会が不安な人へカウンセラーからアドバイス|マリッジブルーの原因や対処法など

ストレスもあり、幸せもある

人物名坂田代表
結婚はそれくらいのストレスがかかるものなんだよって、知っておくだけでも全然違いそう。

「これだけ落ち込むのは変じゃない」って、まずはそれを知ることが大事な気がしますね。

人物名内田先生
そうなんですよ!結婚って想像以上にストレスになるってことなんですよね。
人物名坂田代表
ストレスのない人生を送りたいなら、極論ですが、結婚しないだけで50のストレスがないですし、配偶者との死別の100もないってことですよね。笑
人物名内田先生
本当にそうだと思う。そういう見方もできますね!
人物名坂田代表
反対に、幸せの尺度とかあったら知りたいですね。
人物名内田先生
そんなのあったら素敵ですね!
人物名坂田代表
結婚のストレスは50くらいだけど、幸せは80くらいだよ、とか言えたらいいですね。
人物名内田先生
すごい、するどいご指摘だと思います。

メンタル的なものって、以前はストレスとかマイナス面ばかりフォーカスされてきたんですけど、

2000年以降、どういうときに人間は幸せなんだろう?とか、困難を乗り越えられるんだろう?とかいう、ポジティブ心理学が盛んになったんですよね。

人物名坂田代表
そうだったんですね!
人物名内田先生
だから、どんなことも悪いことばかりじゃなくて、相殺があるし、相対的なものってことですね。

ライブイベントの幸せ尺度については、調べたことがないから私が知らないだけかもしれないですけど、あったらおもしろそうですね。

人物名坂田代表
結婚も、ストレスやダメージはあるけど、こういう良いこともあるんだよって言えますね。
人物名内田先生
結婚で発生する信頼関係というのは、やっぱり精神衛生上とても良いことだと思うので、それだけで人生の支えになるというのはありますよね。

ただ、信頼関係にあるからこそ、反対に困難なことも起こり得るということですね。

人物名坂田代表
そりゃあそうですよね。

親密になるってことは、逆にそれだけ何かあったときに問題になるってことですから。

関連記事

成婚退会前に結婚相手の「決め手」で悩む人へのアドバイス

不安になりやすい人がいる

人物名内田先生
結婚はストレスがかかるものというお話をしましたが、そもそも本人が不安になりやすいタイプというケースもあります。

どんなことでも心配になりやすい、不安を感じやすい気質な人です。

そんな人は、結婚」という大きなイベントがきっかけになって、安が前面に出てくることはよくあることだと思います。

人物名坂田代表
すごいわかります。なんでも不安になる人、会員さんにも多いです。

一瞬不安を感じただけでも、「この人と結婚したらこの不安がずっと続くんじゃないか」って考えちゃって、どんどんネガティブになってしまったり。

人物名内田先生
「このお相手だから」とか「結婚だから」とかじゃなくて、ご本人に不安になりやすい特性があるはずです。

特に女性に多いです。

ちなみに日本では、うつ病は男性に多いですけど、不安障害は女性のほうが多いんです。

人物名坂田代表
自分が今いろいろと悩んだり不安になることは、相手のAさんだからじゃなくて、そもそも誰と結婚しようが不安になるものなんだから、

自分はもともと不安になるタイプなんだ」って、一歩引いて考えられると、だいぶ楽になりそうですよね。

人物名内田先生
もうほんと、おっしゃる通りです。

人物名内田先生
あと、やっぱり結婚の前って忙しいじゃないですか。

式場を選んで予約したり、誰を呼ぶか考えたり、招待状の準備だったり。

そうやって繁忙になるのもストレスになりますね。

人物名坂田代表
忙しいと精神的にきついですよね。

それがストレスになって、些細なことが不安になったりするのってわかる気がします。

人物名内田先生
さらに、どんどん意思決定をしなきゃいけないんですよ。

式場、ドレス、招待客、引出物、新居…全部自分たちで決めていかないといけない。

そういう決めることがたくさんあるってだけで、脳が疲れちゃうんですよね。

人物名坂田代表
優柔不断な人なんて、特にきついでしょうね。

関連記事

結婚相談所で婚約指輪は必要?プロポーズ用リングってアリなの?

人物名内田先生
しかも仕事をやりながらそれだけのタスクをこなさないといけないってすごく大変なことですよね。

やっぱり「忙しい」というのも、「婚活うつ」とか「マリッジブルー」のひとつの原因かもしれません。

人物名坂田代表
元気な人でもきついですよ。

私も結婚式の準備は半年くらいでやったんですが、めちゃくちゃ大変だった記憶があります。

人物名内田先生
女性の方は本当にありがちなので、注意してほしいなと思います。

ましてや女性は、月々の生理もあるし、もし妊娠や出産があれば、ホルモンレベルで体の状態が変わってくるので。

人物名坂田代表
それも全部ストレスになる「変化」ってことですよね。
人物名内田先生
そうです。そういうライフイベントのひとつひとつが「変化」で、それが結婚のときに一気に押し寄せてくるので、精神的につらいほうに傾いても仕方がないと思います。
人物名坂田代表
こうやって考えると、マリッジブルーが起こるのはむしろ当然のことなんですね。
人物名内田先生
そう、普通のことなんですよ。

話を聞いてあげること

人物名内田先生
ちょっと相談できる友人がまわりにいると、安心だと思います。
人物名坂田代表
やっぱり、話を聞いてもらうだけでも全然違うんですか?
人物名内田先生
全然違うと思います!

「話を聞く」って、専門的には「傾聴(けいちょう)」というんですけど、傾聴だけでも治療効果はあると言われていて…

結婚とかマリッジブルーとかに関する知識がなくても、「そうなんだね」って聞いてあげるだけでその人の助けになることはできます。

人物名坂田代表
マジメな人ほど「頑張って進めていかなきゃ」とか「こんなに不安になってる私っておかしい」とか「お相手は頑張ってやってくれているのに」って考えちゃうんですよね。

たとえば、この週末は結婚準備は一旦ストップして、2人でただ楽しもう、とかはアリな気がします。

人物名内田先生
いいですね、すごい大切な気がします。

早めにリセットというか、余白を作ってほしいなと思いますね。

結婚式のこととか、ちょっと不安でいっぱいだってパートナーに言ってみたり、ちょっとゆっくりしようと提案してみたり。

関連記事

婚活がしんどい人へ「気持ちが楽になる考え方」を現役カウンセラーがお伝えします

人物名坂田代表
しかもこれってたぶん、女性だけじゃなく男性も同じようにストレスになっているはずですよね。

普段ならよく気がつく男性でも、いつものように気づいてあげられない可能性もあるかも。

だから、できれば女性は自分から言ったほうがいいかもしれません。

人物名内田先生
そうかもしれない。

不安になりやすいのはたしかに女性が多いですけど、さっきのストレスマグニチュードは男女かかわらずなので、男性のほうにもストレスがあるのは間違いないです。

だから「相手はどうかな?」ってお互いに考えてあげられると良いかもしれませんね。

人物名坂田代表
それいいですね。

自分が不安ということは、たぶん相手も不安だから、ちょっと話し合ってみようとか。

人物名内田先生
そう、話してみようとか、ちょっとペース落とそうって提案してみるとか。

無理して進める必要はまったくないですからね。

人物名坂田代表
あとはこのブログを読んでくれていたら、「あ、あのブログで言ってた不安が、今来てるんだ」ってわかりますよね。笑

結婚という選択をした時点で不安が来るのは当然のことなんだから、「あ、今来たのね」って。

人物名内田先生
そういう使い方してくれたら嬉しいですね!

あとやっぱり結婚ってなると、周りはおめでとうムード一色になりがちなので、ご両親とかも「負担になってない?」とか「ストレス大丈夫?」って聞いてあげるといいですね。

聞いてあげるだけでストレスの軽減や鬱の予防になるので、周りが気がついてあげると良いのかなと思います。

人物名坂田代表
結婚することによって不安が生まれるってところまで、考えが及ばない人は多いと思います。

で、おめでとうおめでとうってされると、本人たちは不安なことを相談しづらいですよね…。

人物名内田先生
言いづらいと思います。
人物名坂田代表
「不安なこととかあるかもしれないけど、何かあったら言ってね」って誰かが気づいて言ってあげるだけで、全然違いますね。
人物名内田先生
そんな一言を言える人は本当に素敵だと思います。

不安感がある人なんて、涙が出ちゃうかもしれない。

それくらい相手をほっとさせられる一言だと思います。

 

まとめ

結婚は不安になるものというのはわかっていましたが、研究されたデータではっきりと「ストレスがかかる」と出ていたのは驚きました。

結婚は幸せなことですが、ストレスもあるということを知っているだけで、少し違うのかなと思います。

特に女性はもともとストレスを感じやすい人も多いので、しんどいときに無理して頑張って進めるのではなく、小休止を入れつつ、自分のペースで進めてくださいね。

また、パートナーや周りの人がもし気づいてあげられたのなら、「無理してない?」と声をかけてあげてほしいなと思います。

 

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

婚活でお悩みの方はイノセントへ

イノセントは、全国成婚TOP10に選ばれた相談所です。

お見合いから仮交際や真剣交際に進む人、さらに成婚する人数も多く、婚活が上手くいった人、いかなかった人の事例が豊富です。

 男性カウンセラーがポイント

イノセントのカウンセラーは全員同世代(30代、40代)の男性カウンセラー。

入会から成婚までマンツーマンのサポートなので、あなたの状況や性格をしっかり理解したカウンセラーに悩みを相談できます。LINEでいつも繋がっているので、必要なタイミングでアドバイスが確実に受けられます。

 仲間に相談できる環境


イノセントの会員限定コミュニティでは、婚活中の悩みを相談し合える掲示板で日々会員同士がコミュニケーションを取っています。

友人や家族には言えない婚活の悩みを、同じイノセントで頑張っている仲間に相談することで解決したり、気持ちが軽くなってまた頑張れると評判です。

 イノセントで再スタート!

婚活の不安や疑問を相談できる相手がいないと思ったら、結婚相談所イノセントを検討してみませんか?活動中に悩んだり、不安になった時に頼れるカウンセラーと一緒に、婚活の再スタートを切りましょう。


プロの目線で、「あなたにできること」を率直にお話しさせていただきます。

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

■関連記事一覧

心療内科医「内田さやか先生」の紹介記事

成婚退会が不安な人へカウンセラーからアドバイス|マリッジブルーの原因や対処法など

成婚退会前に結婚相手の「決め手」で悩む人へのアドバイス 

結婚相談所で婚約指輪は必要?プロポーズ用リングってアリなの? 

婚活がしんどい人へ「気持ちが楽になる考え方」を現役カウンセラーがお伝えします 

 

 

結婚相談所イノセント 内田 さやか

結婚相談所イノセント
心療内科医 内田 さやか

日本医科大学卒。東邦大学医療センター大森病院にて心身医学を学ぶ。
IT企業を中心とした複数企業の産業医を担当。
会員制のプライベートサロン「 SAHANA(サハナ)」運営。

困っている方のお話にじっくり耳を傾け、必要なサポートを本当に必要としているひとのもとに届けたいと考えています。心療内科医の立場から、科学的根拠も交えつつ、少しでも前向きに婚活ができるようなお手伝いができれば幸いです。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter

【東京(渋谷)サロン】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F Map
・「渋谷」駅から徒歩6分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.