【心療内科医監修】婚活で嫌われる「ひねくれ」からの脱却方法

【心療内科医監修】婚活で嫌われる「ひねくれ」からの脱却方法
2021年5月22日
結婚相談所イノセント 内田 さやか
【執筆】内田さやか

結婚相談所イノセント
心療内科医

こんにちは!結婚相談所イノセント、東京代表の永島です。

婚活が上手くいかない理由のひとつに、「ひねくれ」があります。

  • 相手からの好意を素直に受け取れない
  • 「どうせ私なんて」と自分の本音を言えない

など、「ひねくれ」が原因で苦労されている方は少なくありません。

今日は、心療内科医の内田さやか先生に、ひねくれの原因と対策についてお話を伺いました。

自分だけじゃなく、お相手がそうかも?と思う方も、ぜひ最後まで読んでいただければなと思います。

関連記事

心療内科医「内田さやか先生」の紹介記事

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

婚活でよくある「ひねくれ」とは

人物名内田先生
今日のテーマは「ひねくれ」ですが、やっぱり婚活でも多いんですか?
人物名永島代表
すごく多いです。

たとえば、手土産やプレゼントをもらったときに、「どうせ他の人にも同じことしているんでしょ?」とか「どうせ社交辞令だよね」って、

勝手にマイナスに考えちゃうんです。

人物名内田先生
お相手の好意に素直に応えられないんですね。
人物名永島代表
ひねくれていない人は、たとえ500円くらいのチョコでも「こんな素敵なものプレゼントしてくれたんだ!」とか「私のこといろいろ考えながら選んでくれたのかな」と思えるし、

しかもその嬉しい気持ちとか、感謝の言葉をストレートに伝えられるんです。

人物名内田先生
そのほうが、婚活では得ですよね!

人からの好意をポジティブに受け取れて、自分も相手も嬉しいじゃないですか。

人物名永島代表
そう、お相手は「喜んでくれたからまたやろう」って、どんどん好意を与えてくれる。

でもひねくれていると、お相手は「喜んでくれなかったな」「選択ミスしちゃったかな」と思って、次にまたやろうとは思わないですよね。

こういう、同じできごとでも人によって感じ方が全然違うのって、心療内科的に何か原因ってあるのでしょうか?

人物名内田先生
受けとめ方が違うのは、性格認知、そのベースとなるどういう環境で育ってきたかどうやって育てられてきたか、という要因が大きいと思います。

関連記事

婚活で対人関係をこじらせる5つの「思考の癖」を心療内科医が解説

人物名永島代表
子供のころの体験とか、育てられ方が影響しちゃってるんですね。
人物名内田先生
おっしゃる通りです、その影響力は大きいです。

あとは、好意をそのまま素直に受け取ったらバカを見たという経験があったとか。

人物名永島代表
なるほど…たしかにそういう経験があると、素直に受け取ってはいけないんだって思ってしまいますよね。
人物名内田先生
そう、素直に受け取ったら自分が傷ついたり損したりするから、それを避けなくては、って頭が動いちゃうんです。

だから、単純に「素直じゃないのはダメ」とか「ネガティブはダメ」という問題じゃなくて、自分を守るために仕方のないことだったり、というのはあります。

ポジティブな面を探してみる

人物名内田先生
好意でもモノでも言葉でも、キャッチボールだと思うので、まずは受けとめてほしいですね。

それから、何事でも「すみません、ごめんなさい」じゃなくて、「ありがとう」と言う癖をつけていただきたいなと。

人物名永島代表
ポジティブになれそうですね。
人物名内田先生
そう、何かあったときに、ネガティブじゃなくてポジティブな言葉を選ぶ、意味を探してみる、ということが大切なのかなと思っていて。

よく手土産を渡すときに「些細なものですが」って言う方多いと思うんですけど、そうじゃなくて、「これ私のすごいお気に入りで、あなたにも味わってほしくて買ってきました」って言っちゃえばいいんです。

人物名永島代表
謙遜しすぎなんですよね。
人物名内田先生
日本文化として色濃いので仕方がない部分はありますけど、ちょっと意識してみてもらいたいなとは思います。

何か好意を受けたときでも、「結構ですから」じゃなくて、「ありがとうございます」と言う心がけで結構変わると思います。

人物名永島代表
意識的にそういう言葉を選ぶってことですね。
人物名内田先生
そうです!

なるべくネガティブワードではなく、ポジティブワード

相手へのリアクションも、ポジティブに返すということを意識していけると良いのかなと思います。

関連記事

心療内科医「人が魅力を感じるポイントは5つ」【内田さやか先生との対談】

人物名永島代表
マインドというか、習慣付けることが大事なんですかね?
人物名内田先生
マインドというより、意識付けですね。それが習慣を作ります。

心の中ではそう思っていなくてもいいから、型から入るイメージで。

好意を受けたらとにかく笑顔でありがとうを言うとか。

人物名永島代表
たしかに、やっているうちに実際の心も変わってきそうですね。
人物名内田先生
そうなんですよ!

最初は型からでも、自分の感情が高まってきたり、相手から良いリアクションをもらえたりすることで、変わってくることはあると思うんです。

気づいたら、振り返ってみる

人物名永島代表
過去の体験が今に影響を及ぼしているなら、これって何か対処法というか、考え方で変えるのは難しいですか?
人物名内田先生
一回フタを開けて、向き合わなきゃいけないかもしれません。

「ひとつ出来事はあったけど、別の出来事もなかったかな?」とか、「その相手と今の相手は違うよね?」とか、少しいろんな角度から振り返ってみることですね。

人物名永島代表
なかなか難しそうですね。

自分でもできるものなんでしょうか?

人物名内田先生
「振り返り」は自分でもできますし、結婚相談所ならカウンセラーに聞いてもらうとか、友達でもいいと思います。

「なんで自分は素直に受け止められないんだろう?」
「なんで守りに入っちゃうんだろう?」
「守りに入るようになった出来事、前にあったっけ?」

という問いかけをしてもらうことですね。

人物名永島代表
まずは自分が「ひねくれ」に気づいて、気づいたら問うてみるという感じでしょうか。
人物名内田先生
そうですね!

「あれ?私、なんか素直じゃないかも?」と気づくことがすべての始まりだと思います。

人物名永島代表
過去に失敗したこととか、嫌な思い出を振り返ることが大事ということでしょうか?
人物名内田先生
もちろん、振り返ったときに、嫌な思い出も出てくる可能性もあります。

ただ、嫌な思い出をほじくり返すことが目的なんじゃなくて、その経験が今の自分に影響して今の思考になっているということを考えられるだけで、すでに前に進めているんですよね。

人物名永島代表
なるほど。自分を客観的に見るということですね。
人物名内田先生
まさにです。振り返ることができたら、すでに客観的になれているんです。

出来事から、ちょっと距離をおいて考えられているということですから、自動思考がとまったり、やわらいだり。

無意識のものを意識化することって本当に大事なんです。

人物名永島代表
私はよく会員さんに、「過去なんてどうしようもないんだから、前を向かないとダメ」って、ゴリ押しのアドバイスをするんですが、よくないんでしょうか。笑
人物名内田先生
いえ、それもひとつだと思います。

大事なのは今と未来ですし、とくに困っていない人は、過去をみなくてもいいと思うんですけど、

やっぱり人は歴史から学ぶって言われるように、過去からいろいろと学ぶことはできると思うんですよね。

人物名永島代表
過去にとらわれている人には、忘れるより向き合う方が良いと。
人物名内田先生
過去に入り込んで感情に飲み込まれるのはよくないですけど、過去を冷静に見て分析材料にできるのであれば、

自分をよく知ることができたり、同じパターンにならないように傾向と対策はできますよね。

人物名永島代表
たしかに、恋愛とか人間関係って同じパターンになることも多いですからね。
人物名内田先生
そう、もちろん悩んでいないならやる必要はないですけど、

「どうもひねくれてしまって、うまくコミュニケーションがとれない」と悩んでいたり、

何か打破したいと思っているなら、振り返ることで何かヒントは見えてくるんじゃないかなと思います。

関連記事

「恋愛と結婚の違い」を科学的に分析し、専門家が本質を追求します

ひねくれの「効果」を考えてみる

人物名内田先生
さきほど、相手の好意を素直に受け取れないというのは、自分を守るためだったり、傷つかないため、というお話をしましたが、

どういうプラス・マイナスがあるのか考えてみるのはおすすめです。

人物名永島代表
ひねくれたことで「相手とのコミュニケーションが上手くいかない」というマイナスだけじゃなくて、

自分を守る」というプラスも考えてみるということですね。

人物名内田先生
そうです!やっぱり、何か利点があるからやってしまっていることが多いです。

当然、「つまんないと思われる」「相手とコミュニケーションが発展しない」などのマイナス・損もあるのですが、

プラス・得も「ひねくれ」と一緒にあるので、やめられなくなってしまうということです。

人物名永島代表
そのプラス・マイナスに気づくことが大事ってことですか?
人物名内田先生
そう、ひねくれていることで何を得ているのか、どういう「効果」を手放せずにいるのか、を知ることが大事です。
人物名永島代表
たとえば、このプラスの部分は別のこういうやり方でも得られるよねって気づけたら一番良いのかもしれませんね。
人物名内田先生
素晴らしい!それはすごい建設的な対策だと思います。

あとは、「ひねくれている私ダメなんだ」って思わないこと。

関連記事

婚活がしんどい人へ「気持ちが楽になる考え方」を現役カウンセラーがお伝えします

人物名永島代表
「ひねくれ」もまったくダメなわけじゃないってことですね。
人物名内田先生
ちょっとは肯定されないと、人間やっていけないじゃないですか。笑

だから、たまにそういう部分が出ちゃうのは良いと思うんです。人間なんてダメな部分も絶対あるんですから。

人物名永島代表
そりゃそうですよね。
人物名内田先生
そういう自分も多少は良いとしながらも、永島さんがおっしゃったように、

でもこのプラスは別のことでも得られるんじゃない?
別のアクションを取れないかな?

って考えられると、動き出すのかなと思います。

人物名永島代表
なるほど。

ひねくれの自分が見えたとしても、自分を責めるのはダメってことですね。

人物名内田先生
「素直じゃない私なんてダメ」というのは、やめたほうがいいですね。

息詰まっちゃうと思います。

パートナーが「ひねくれ」の場合

人物名永島代表
婚活のお相手がひねくれタイプだった場合、どう対応すればわかってもらえるのか、もしくは私たちカウンセラーにできることってあるのでしょうか?
人物名内田先生
周りは優しく指摘してあげるのが良いと思います。

ストレートに言うと、傷つけちゃったり、過剰反応させちゃったりするので。

人物名永島代表
気づきのヒントを出す感じでしょうか。
人物名内田先生
それもいいですね!

「そんな言い方はダメだ!」じゃなくて、

「私の考えだけど」とか、
「私にはこういう風に見えているよ」と、

客観的な意見として優しく伝えてあげられると良いのかなと思います。

人物名永島代表
そうやって優しく指摘してあげられる人は、婚活では選ばれやすいですね。

「そんなこと誰も言ってくれなかった、ありがとう」と感謝されて、上手くいくケースが多いです。

人物名内田先生
そうなんですね!でもその通りだと思います。

相手に何か指摘するって、めんどくさいことじゃないですか。

それを言えるというのは、愛情とか信頼がある証拠なので。

人物名永島代表
そうですよね。

特に婚活だと、指摘するより別の相手を探したほうが楽なこともありますから。

関連記事

婚活でモテない人の共通点とは?今すぐ非モテから脱却する方法

人物名内田先生
ポイントとしては、「攻撃したくて言うつもりはまったくない」とちゃんと伝わるように言うことですね。

否定するつもりはないよ」って、もうそのまんま言ってあげても良いかも。

人物名永島代表
あえて遠回しに伝えようとすると、批判されていると勘違いされることもありますからね。
人物名内田先生
そう、だから、

「そんな気はさらさらない」
「前進するために、感想を言わせてもらうと、私はこう思う」と言って、

「そう言われてどう思った?」と相手にも語ってもらうと、意外と心の余裕が出て「あーそういう部分あるかも」とわかってくれることが多いと思います。

人物名永島代表
心のこりをほぐすようなものですね。
人物名内田先生
そう、心がほぐれて「ここは安全だ」と思えたら、弱音も本音も言えるようになってくるのかなと思います。

婚活のお相手であれ、カウンセラーさんであれ、根気強くやってあげると、相手も少しずつ変わってくれる部分はあるはずです。

まとめ

「ひねくれ」は無意識なことが多く、それゆえ自分ではなかなか気づけず、婚活が長期化してしまう人がとても多いと感じます。

「あれ?なんかおかしいな?」と気づいて、この記事にたどりつけたことで、すでに一歩前進できているはずです。

気づけた瞬間からすでに良い方向に向いているはずなので、今日の記事を参考に、少しずつ自分のできる範囲で頑張っていただければなと思います。

 

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

婚活でお悩みの方はイノセントへ

イノセントは、全国成婚TOP10に選ばれた相談所です。

お見合いから仮交際や真剣交際に進む人、さらに成婚する人数も多く、婚活が上手くいった人、いかなかった人の事例が豊富です。

 男性カウンセラーがポイント

イノセントのカウンセラーは全員同世代(30代、40代)の男性カウンセラー。

入会から成婚までマンツーマンのサポートなので、あなたの状況や性格をしっかり理解したカウンセラーに悩みを相談できます。LINEでいつも繋がっているので、必要なタイミングでアドバイスが確実に受けられます。

 仲間に相談できる環境


イノセントの会員限定コミュニティでは、婚活中の悩みを相談し合える掲示板で日々会員同士がコミュニケーションを取っています。

友人や家族には言えない婚活の悩みを、同じイノセントで頑張っている仲間に相談することで解決したり、気持ちが軽くなってまた頑張れると評判です。

 イノセントで再スタート!

婚活の不安や疑問を相談できる相手がいないと思ったら、結婚相談所イノセントを検討してみませんか?活動中に悩んだり、不安になった時に頼れるカウンセラーと一緒に、婚活の再スタートを切りましょう。


プロの目線で、「あなたにできること」を率直にお話しさせていただきます。

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

■関連記事一覧

心療内科医「内田さやか先生」の紹介記事

婚活で対人関係をこじらせる5つの「思考の癖」を心療内科医が解説

心療内科医「人が魅力を感じるポイントは5つ」【内田さやか先生との対談】 

「恋愛と結婚の違い」を科学的に分析し、専門家が本質を追求します

婚活がしんどい人へ「気持ちが楽になる考え方」を現役カウンセラーがお伝えします 

婚活でモテない人の共通点とは?今すぐ非モテから脱却する方法 

 

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント 内田 さやか

結婚相談所イノセント
心療内科医 内田 さやか

日本医科大学卒。東邦大学医療センター大森病院にて心身医学を学ぶ。
IT企業を中心とした複数企業の産業医を担当。
会員制のプライベートサロン「 SAHANA(サハナ)」運営。

困っている方のお話にじっくり耳を傾け、必要なサポートを本当に必要としているひとのもとに届けたいと考えています。心療内科医の立場から、科学的根拠も交えつつ、少しでも前向きに婚活ができるようなお手伝いができれば幸いです。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
  • 【心療内科医監修】マリッジブルーで破局?結婚におけるストレスと不安
  • 人間関係をこじらせる人の「思考の癖」|自分を知って楽に生きる
  • 蛙化現象とは?相手に好かれると冷める人の原因と克服法
  • 【心療内科医監修】婚活で役立つACTをやってみよう|アクセプタンス&コミットメント・セラピー
  • 結婚相談所の選び方|プロが教える本当に大切な見るべきポイント
  • IBJメンバーズ(直営店)と加盟店の違い
  • 結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.