結婚相談所の年収を徹底解説|男女の本音とカウンセラーのアドバイス

結婚相談所の年収を徹底解説|男女の本音とカウンセラーのアドバイス
2022年11月21日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

結婚相談所で活動するにあたり、年収は男女共に相手に求める大切な条件の一つですよね。

あまりこだわりのない人でも、嫌でも相手や自分の年収について意識させられます。

共働き世帯が多く、結婚後も仕事を続ける価値観の女性も多くなっていますが、女性は妊娠・出産などで働けない期間も出てきます。

家族の安定した結婚生活のために、年収を優先度の高い条件としてお相手探しをしている女性も多いのではないでしょうか。

 ・相談所会員の平均年収は?
・女性が希望する年収相場は?
・低年収の男性はどうしたらいい?

上記のような、結婚相談所の年収に関する様々な疑問について、カウンセラーが実際の経験や資料をもとに解説していきます。

この記事の結論
・相談所男性の年収は高い
・女性は自分から申し込むべき
・低年収男性も自信をもって!
・年収に固執しすぎないことが大切

結婚相談所男性の年収と現実男性の年収

まず、結婚相談所(IBJ)会員の年収データと、国税庁が発表している民間給与所得のデータをそれぞれ比較してみましょう。

年収 IBJ 民間給与
〜399万円 15.8%
(5,214名)
39.6%
400万円~499万円以下 19.9%
(6,565名)
17.3%
500万円~699万円以下 33.1%
(10,912名)
22.6%
700万円~999万円以下 19.8%
(6,524名)
13.4%
1000万円〜 11.2%
(3,704名)
7.1%

参考:民間給与実態統計調査結果

上記の通り、民間給与では400万円以下がボリュームゾーンですが、結婚相談所(IBJ)では500万円〜699万円がボリュームゾーンです。

料金がある程度高額であることに加え、入会審査では男性に安定した収入が求められることにより、民間給与よりも高い年収の方で会員が構成されています。

人物名坂田代表
婚活をしている女性にとって年収500万円というのは何となく意識するラインだと思います。

男性の年収ボリュームゾーンが500万円以上であることは、かなり安心感が高いのではないでしょうか。

年収1000万円越えの男性も11%と割合が高く、結婚相談所の男性会員は年収が高い人の割合が多いと考えて間違いはなさそうです。


<女性編>年収の高い男性を狙うべき?

婚活をしている女性にとって、結婚相手の年収は当然気になる大きなポイントですよね。

結婚相談所を運営している中で感じる女性のスタンスとして、多いのは下記のような女性です。

そこまで年収にこだわっている訳ではないけれど、低すぎると生活が不安だし、高すぎるのも自分に釣り合っているのか心配


年収に対しては、上記のように考えている人が多いのではないでしょうか?

そんなお悩みについて、まずは女性目線で男性の年収に対する考え方を解説したいと思います。


年収500万円の希望は高望み?普通?

年収500万円の男性が高望みかどうかは、女性の年齢やスペックによっても全く違います。

実際のところ、年収500万円は婚活女性にとって一つの平均的なラインとなっており望む人がかなり多く、高望みとは言えないでしょう。

人物名永島代表
地域にもよりますが、都市部だと500万円は「高望み」と一括りには言えません。

反対に、地方なら高望みになるかもしれないです。


 問題はライバルが多いこと

高望みかどうかはさておいて、検索するときの条件で「500万円以上」と設定する女性は非常に多いです。

500万円が自分にとって高望みであるかどうかよりも、単純にライバルが多いことが問題でうまくいかない女性が多いのです。


 スペックや容姿も重要

ライバルが多い状態で多くの女性と競い合うことになるとやはり容姿やスペックも関係してきます。

人物名永島代表
要は、お互いに釣り合いが取れているかどうかなんですが、言語化するのは難しいのでまずは申し込んでみることです。
人物名坂田代表
わかりやすいのが年収で、自分の年収プラス100万円くらいであれば、十分釣り合いが取れていると言えるのではないでしょうか。

年収200万円、300万円の女性が500万円以上の男性を望むなら、年齢が若い、容姿が好み、趣味が合致するなど男性の希望にぴったり合った魅力のような物が必要になってきます。

ただ、女性の年収は気にしないという男性も多いですし、年齢も30代同士の同世代婚もイノセントでは非常に多いです。

女性にアドバイスするとすれば、申し込みを待つのではなく、良いと思う男性には申し込んでみることが大切です。


高収入の男性と結婚するには?

「年収1千万円以上の高収入の男性」を条件に婚活をする女性も少数ですがいらっしゃいます。

実は一番確実な方法は、容姿や若さではなく、自分がハイスペックであることです。

あと高収入の方はやはり忙しい方が多く、人間的に出来た方が多い印象です。

人物名永島代表
ハイスペックな男性が結婚相手の女性に対して求めるものは、「精神的にしっかりと自立している」ことだったりするのです。
人物名坂田代表
ハイスペック男性にとって、しっかりと仕事をしているというのは必須条件かもしれませんね。


 賢い女性が好まれる

職業や年齢などスペックよりも、積極的にしたたかに行動できるかどうかがハイスペック男性を希望する女性には大切です。

人物名永島代表
高収入の男性はやはり申込数が多いです。

しっかり自分の価値もわかっていらっしゃるので、女性には「積極性・ガッツ・したたかさ」この3つが必要な条件かなと思います。

イノセントで過去にハイスペック男性と結婚された女性はどなたもとても魅力的で賢い女性でした。

男性を振り回したり、駆け引きをしたりは決してせずに意見や要望はしっかり伝える、でも過度に求めすぎない。

上記のような振る舞いを自然にできる自立した女性だった印象です。


女性の年収、意外と見られています

結婚相談所(IBJ)の場合、女性は年収を非公開にできますが、できれば公開にしておいた方が良いでしょう。

女性と同様、やはり男性も女性の年収は気になるものです。

例外として、専門職や士業などある程度の稼ぎが保障されているような職業であれば非公開でも問題ありません。

人物名坂田代表
「男性も女性の年収は気になっている」

という意識は女性にも持ってもらいたいですね。

あまりに低い場合は要相談かなと思いますが、年収を公開することで男性に安心感を与えることができ、公開するメリットが大きいと考えます。

特に高収入の男性にとって、女性の年収は重要です。

お金目当てで近づいてくる女性に警戒している方も多く、女性がある程度稼いでいることが安心材料になるのです。

料理・家事などの生活面がしっかりしており、マネーリテラシーも高い方が多く、料理・家事・家計管理といった「家庭的」なスキルを女性に求めない方が多いです。

人物名永島代表
ハイスペックな男性は精神面で支え合えるような、真のパートナーを探していらっしゃる方が多い印象ですね。


ハイスペ男性を狙うデメリット

結婚相談所で、年収が高いハイスペック男性と結婚するデメリットがあるとすれば、親の存在です。

人物名坂田代表
本人がハイスペになれたというのは、親(特に母親)が教育熱心だった可能性が高く、熱心な親ほど口も出してくる傾向にあります。
人物名永島代表
いまだに釣書を持ってきてと言う親も結婚相談所では珍しくありません。

結婚後の家の付き合いとか、ちょっとめんどうだったりするかもしれませんね。


 結婚に対して消極的?

デメリットかどうかわかりませんが、結婚に対して消極的な人もいます。

結婚相談所に入っている時点で覚悟は決まっているはずですが、焦って結婚する必要はないと考えている方は多いです。

やはり、焦りがない男性を本気にさせるには、かなり難しいと言わざるを得ません。


<男性編>低年収の男性が結婚する方法

年収については、男性も悩みが多いですよね。

自分の年収で結婚できるのか、気になる方に向けて年収が低い男性の婚活についてお話しします。


年収300万円でも結婚できる?

結論から言うと、年収300万円以下であっても、結婚できます。

ただ、結婚相談所によっては年収400万円とか500万円とかで入会を足切りしてる結婚相談所もあるので、自分に合った結婚相談所を選んでくださいね。

料金ページや入会条件で確認が可能です。

ただ、やはり低年収の男性を希望する女性はほとんどいません。

「断られても断られても自分から積極的に活動する」という気持ちでがんばりましょう。


低年収の男性が結婚するために

年収が低い男性が結婚相談所で成婚するために大切なポイントは下記の項目です。

ーーーーーーーーーーーー
・清潔感のある身だしなみ
・向上心がある
・卑屈にならない
・年収が低い理由を説明できる
ーーーーーーーーーーーー

中でも、卑屈にならない事はとても大切です。

人物名永島代表
たとえば介護職で年収が低かったとしても、「この仕事が好きだ」という男性は魅力的です。
人物名坂田代表
「年収が低いから…」と言われると、じゃあ転職したら良いのに。と思われてしまいます。

結婚相談所では、年収や職業は最初からオープンです。

合っている時点で最初からわかっていることに、卑屈になる必要は全くありません。自信を持つことが大切です。


年収を上回る魅力

過去にイノセントの女性会員さんが、年収300万円の男性と成婚されましたが、清潔感があって卑屈さもなく、何より年収を上回る魅力がある方でした。

人物名永島代表
年収500万円のつまらない男より、年収300万円の魅力的な男性のほうがいいですよね。

これから先何十年も一緒にいるわけですから、いくら年収があってもそれだけでは楽しくないですよね。


ヒモじゃないアピールは必要

結婚してからも働き続けたいという女性はとても多く、「私の稼ぎもあるから、夫の年収は気にしない」という女性も増えてきました。

ただ、それでも向上心は必要です。

嫌々仕事をしている年収500万円の男性と暮らすよりも、毎日明るく仕事に行ってくれる300万円の男性を選ぶ女性もいて当然です。

家事・育児と一緒に担って同じ割合で仕事と家事育児を分担できる男性は、共働き希望の女性に選ばれるでしょう。


<番外編>女性は年収が低めの男性にも目をむけて

たとえば女性で、自分はしっかり働いているし、男性の年収はそこまで気にしないという方であれば、あえて低年収の男性を狙うというのもひとつの手だと思います。

内面的にすごく魅力的な男性と出会える可能性は、かなり高くなります。

人物名坂田代表
仲人目線ではもったいない年収以外は高スペックで魅力的なのに、年収が300万円ということで人気が出ていない人もたくさんいます。


 400万円、本当に必要?

多くの女性は、結婚生活をしっかりイメージして、「これにいくらかかるから400万円が必要」と計算して年収400万円にしてるわけではありません。

なんとなく、という方が大半です。

社会に出るとわかりますが、年収は本人の能力よりも、会社や業種によるところも大きいですよね。

人物名永島代表
どれだけ能力が高くても、サービス業や福祉系だと高年収にはなかなかなれません。

そういう社会の仕組みなんですよね。

もちろんお金を稼ぐという能力は評価される部分ではありますが、他にも大切にすべき部分はあるのではないでしょうか。

ぜひ、年収400万円以下の男性にも目をむけて頂きたいなと思います。

まとめ

結婚相談所と年収の関係は非常に言語化が難しく、男女の思惑と希望が混ざり合った複雑な問題です。

婚活をしているとどうしても年収という数字に着目してしまいがちですが、年収は個人の魅力ではどうにもならない社会の仕組みによって決められてしまいます。

この記事が自分にとって幸せな結婚生活には何が必要なのか?をあらためて考えて頂けるきっかけになれば幸いです。

どうしても年収や条件に囚われてしまう、年収が低いけど結婚相談所で頑張りたい!とお考えの方はぜひ結婚相談所イノセントへご相談下さい。

現実的なことも、結婚に対する希望も両方合わせて一緒に考えていきましょう。

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
  • この人と何かある!婚活で大切な直感力の話
  • 結婚相談所のハイスペック男性|どんな女性を選ぶ?出会いと成婚のポイント
  • 結婚相談所は変な人しかいない!と思う人が見えていない真実
  • 40代男性の婚活|厳しい現実も少しの工夫で劇的に変わります
  • 婚活で専業主婦希望者の厳しい現実について|まずは惚れてもらうことが大切
  • 婚活中の「男性の本音」をアドバイザーが告白|女性との考え方の違い
  • 婚活でモテない人の共通点とは?今すぐ非モテから脱却する方法
  • 婚活で上手く行かない人の実例とカウンセラーからのアドバイス
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.