婚活がしんどい人へ「気持ちが楽になる考え方」を現役カウンセラーがお伝えします

婚活がしんどい人へ「気持ちが楽になる考え方」を現役カウンセラーがお伝えします
2021年2月25日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

婚活は基本的にしんどいものなので、しんどいと感じるのは当然ですし、ある程度仕方のない部分はあります。

しんどいとわかって婚活の世界に飛び込んで来たということで、まずはそのチャレンジ精神に拍手を送りたいです。

そして、今も頑張っていてしんどいと感じている人は、これだけ頑張っているんだと自分を労ってあげて欲しいですし、しんどいと感じるのは行動を起こしたからだと自信を持って良いと思います。

そのうえで今日は、少し気持ちが軽くなるような、こうしたら楽になるかも、というお話をさせていただきます。

なかなか良い人に出会えないのは当然のこと

人物名永島代表
「良い人に出会えなくて、しんどい」という人は多いですけど、そもそもどれだけ頑張っても良い人に出会えることのほうが珍しいですからね。

学生時代であれば、1クラス男女20人ずつくらいだと思いますが、好きになるのは1人くらいの割合ですよね。

人物名坂田代表
しかも1年同じ教室で生活してそれですからね。

20人と出会ってやっと1人と出会うまでに、19人としんどい思いをするというのは仕方のないことだと思います。

人物名永島代表
さらにマッチングアプリなら、相手が遊び目的だったりすることもありますし、良い出会いが少ないということは知っておいてほしいですね。
人物名坂田代表
そうですね。「出会えないのは自分の容姿のせいだ」とか「自分のスペックが低いから出会えないんだ」という人もいますけど、自分をあまり責めすぎないでほしいですね。

反対に、マジメで優秀な人ほどしんどく感じることもあるんですよね。先生とか親の言うことを忠実にこなしてきた人ほど、がんばった分だけ成果が出ない婚活の世界ではしんどくなると思います。

人物名永島代表
たしかにそうですね。婚活は正解がないですし、別れも当然ある悲しい世界ですからね。

終わりが見えないと、しんどい

人物名坂田代表
出会える人も、やっぱり上手くいかずにしんどいと感じますよね。
人物名永島代表
出会えるのに上手くいかない、というのは良くありますね。

特にマッチングアプリとかだと、結婚相談所と違って交際に期限がないですから、だらだら交際が続いて最終的に破局して0に戻るということを繰り返すと、本当にしんどくなると思います。

人物名坂田代表
終わりがまったく見えないですからね。

仕事でも終わりが見えないとしんどいですけど、「これを納品したら終わる」と先が見えていると、同じ仕事でもかなり楽になるのと同じですよね。

人物名永島代表
そうですね。だから婚活でも、期限のないマッチングアプリだったとしても、自分でちゃんと期限や目標を決めておいたほうが良いと思います。
人物名坂田代表
大事ですね。たとえば1人と長くても1年で区切りをつけるとか、100人と会ったら婚活を終了するとか。
人物名永島代表
100人と会っても良い人が現れなくても、もしそのときにまだ婚活したいと思うんだったら続ければ良いですからね。

関連記事

結婚相談所の選び方|プロが教える本当に大切な見るべきポイント

人物名坂田代表
やっぱり中途半端にやっちゃう人は、しんどいと感じますよね。

・アプリで婚活をしていたとしても、短期間でやるんだ!という覚悟をもってしっかり取り組む
・自分が「いいな」と思った人には積極的に行く
・何かしらの目標を立てて進めていく

ということが大事なんじゃないかなと思います。

人物名永島代表
あと極論になってしまうかもしれないですけど、マッチングアプリとか婚活パーティとかで出会った場合は、基本的に1人としか付き合えないので、終了したときのショックは大きいと思います。

本当に年齢的に厳しくて、短期で決めたいって人は、複数人と交際できる結婚相談所がおすすめですね。

1人で戦っている気がしてつらい

人物名坂田代表
これは婚活ではあるあるの悩みですよね。

なかなか同じ状況の人が周りにいることって少ないですから、1人で悩んで1人で決めて進めて行くことをしんどいと感じる人は多いです。

人物名永島代表
あるあるですね。特に恋愛マニュアルとか、SNSの他の人の意見とかを見すぎて、人と自分とを比較して「自分はこんなにもダメなんだ」って思っちゃう人もいるんじゃないでしょうか。
人物名坂田代表
自分は自分だから、他人なんて本当はどうでもいいはずなんですよね。

「周りは普通に結婚してるのに、私は上手くできないからしんどい」って考えちゃうんですけど、そうやって比較した先に幸せはないですよ。

自分は自分」って考えることは本当に大切です。

人物名永島代表
あとは、会社の同僚や先輩、既婚者の友達、親、周りの結婚している人たちから、「そろそろ結婚したら?」と言われたり、いろいろアドバイスをしようとしてくる人がいると、精神的につらくなる人もいると思います。
人物名坂田代表
そうですね。でもその人たちはあくまでも他人で、代わりに婚活をしてくれるわけではないし、助けてくれることもないですから。

無責任なアドバイスじゃないかなと私はいつも思います。

だから、周りの意見はあまり鵜呑みにしないほうが良いと思います。

人物名永島代表
自分がどうしたいのかということのほうが大事ですね。

答えは他人の中じゃなくて、自分の中にしかないので、自分と向き合って考えたほうが良いと思います。

関連記事

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策

初対面の人と会うのがしんどい

人物名坂田代表
初対面の人と会うのがしんどいとか、メンタルが弱くて他人と会うのがつらい、というご相談もよく受けますね。
人物名永島代表
こればかりは仕方ないですよね。ある程度の慣れは必要だと思います。
人物名坂田代表
そうですね。最初はみんなしんどいですけど、だんだん慣れてきますからね。

自分の苦手分野をつきつけられる

人物名坂田代表
そもそも婚活がしんどいのって、これまでも自分ではわかっていたけど目を背けていた、自分の弱い部分や苦手なことを叩きつけられるからだと思うんですよね。

初対面の人と会うのがしんどい、得意じゃないっていうのは、婚活する前からわかっていたことだと思います。

人物名永島代表
なるほど。これまでの自分の積極性のなさとか、服装を含めた容姿とか、学歴や収入って、婚活をすることで現実をつきつけられますよね。
人物名坂田代表
そうなんです。今までは特に何も問題なかったから見て見ぬ振りをしていたのが、婚活をすることで表に出てくるというか。

初対面の人と上手く話せないのも、もちろん仕事にもよりますが、特に困らないって人も多いと思います。

人物名永島代表
対人スキルがないから製造業に進むとか、そういう人もいると思います。

でも婚活は対人スキルは必須ですからね。

人物名坂田代表
そうですね。「洋服とかメイクとか詳しくないし、よくわからないしズボラなんです」という人も、今までは許されてきたかもしれないですけど、婚活では許されないですからね。

今までは問題なかったけど、日常の中でなんとなく自分の苦手だと思って避けてきたことが、婚活では大きな問題となって立ちはだかってしんどいというのは、本当によくあると思います。

コンプレックスを克服するチャンス

人物名永島代表
でもこれって、良いきっかけですよね。もう一度しっかり見つめ直せば、新しい自分に気づくんじゃないでしょうか。
人物名坂田代表
そうですね。今の年齢よりも、これから生きる時間のほうが長いですから、コンプレックスを克服する良い機会だと思います。

間違いなく、明るい未来が待っていますよ。

人物名永島代表
たとえば、太っていることにコンプレックスを感じたままお婆ちゃんになるまで生きていくのか、それとも今がんばってダイエットをしてコンプレックスのない人生を歩んでいくのか。

今がちょうど枝分かれになると思います。

人物名坂田代表
枝分かれって人生の中で無数にあると思うんですけど、こうやって表に出てきた問題に目をそらしてしまうと、かなり深い闇に落ちる方向に進んでしまうことがありますよね。

反対に、ちゃんと向き合って、できることをやろうとする方向に進めば、とてもポジティブになれて、素敵な人生が待っているはずです。

人物名永島代表
私も長く結婚相談所のカウンセラーをやっていますけど、婚活を通じて本当に魅力的になっていく人は多いですよ。

関連記事

土日のフィードバック「2月1週目」

人物名坂田代表
こうやって立ち止まって、自分を見つめ直す機会って、婚活以外ではなかなかないですよね。
人物名永島代表
婚活か、就活くらいじゃないですか?

婚活で感じた問題点や改善点に真摯に向き合えば、そのへんの自己啓発本よりもよっぽど学びになると思います。

共感度の低い他人事じゃなく、まさしく自分の、しかも非常にタイムリーな問題に向き合ってるんですから。

結婚しても問題は出てくる

人物名坂田代表
自分が抱えている問題って婚活のときに目立って現れますけど、もし克服しないまま進めても、結婚すれば同じように悩むんじゃないでしょうか。
人物名永島代表
同じくらいか、婚活以上に悩む可能性はありますよね。

夫婦の悩み、子どもの悩み、さらにお相手の家族や親戚などなど、問題はなくならないですよね。

人物名坂田代表
ですよね。だったらここで一度、出会う人を通じて、自分と向き合うという作業があっても良いと思うんです。
人物名永島代表
自分と向き合う経験って婚活以外だと就活くらいですけど、それってもう10年前とかですよね。

そこから放置してきた自分を改めて見つめ直すというのは、自分が変われる本当に良いチャンスだと思いますね。

人物名坂田代表
結婚って、「結婚したから幸せになれる」と考えている人は多いですけど、結婚の幸せはパートナーと一緒に作っていくものですから。

今はしんどいけど結婚しさえすれば抜け出せる、というわけじゃないですよね。

問題は問題として残ってるので、目を背けているといつか必ず出てくることなのかなと思います。

人物名永島代表
そういう婚活当初に悩んでいたしんどさっていうのは、間違いなく結婚してからも出てきますよね。

そもそも結婚相手は他人なんですから、どうしてもコミュニケーションは必要ですから。

関連記事

成婚退会者へのインタビュー – 27歳男性 Y様

ペースを落としても、完全には離れないこと

人物名坂田代表
本当にしんどいときは、婚活から離れても良いと思います。

ただ、いったん離れるとなかなか帰ってこれないので、完全に離れるときは注意したほうが良いですね。

結婚相談所で言うと、3ヶ月は休会できますけど、3ヶ月休会した人は、その後ほとんど帰ってこず、そのまま退会されますよね。

人物名永島代表
何らかの理由で婚活から離れるのは良いですけど、1年単位で帰ってこれないとは思っておいたほうが良いかもしれませんね。
人物名坂田代表
無料面談に来られる方で、30歳まで婚活していて、一度離れたけどまた活動したくなって、今35歳くらい、という人も多いです。

「5年間何してたの?」と思うかもしれませんけど、一度離れてから戻ってくるのってそれだけパワーがいることなんです。

人物名永島代表
「もう結婚はしなくてもいい」「1人で生きていく」と完全に結論を出したなら話は別ですけど、そうでないなら完全には離れず、少しでも続けておいたほうが良いですよね。

「あのときもっとやっておけばよかった」「やっぱり結婚したい」って思う可能性があるなら、今が一番若くて結果が出やすいですから、頑張ってほしいと思います。

人物名永島代表
あと、人によってメンタルの強度は違いますから、婚活のペースも自分で調整したほうが良いですよね。

バリバリやってる人は土日も全部お見合いやデートを入れてとかやっていますけど、みんながみんな同じようにできるわけがないので。

人物名坂田代表
ただ、それでも一週間何もしないというのは良くないですね。

完全な空白は良くないので、土日のどちらかを婚活にあてて、どちらかは完全な休みとして自分の時間に当てるとか。

人物名永島代表
メリハリが大事ですよね。婚活をお休みする日は、ゴロゴロしてもいいし、自分のやりたいこととか、好きなことをすれば良いと思います。

婚活に期待しすぎないこと

人物名坂田代表
婚活でしんどいと感じる人は、やっぱり高い期待を抱き過ぎている傾向にある気がします。
人物名永島代表
「やってみて全然ダメだった、だからしんどい…」というのはあると思います。
人物名坂田代表
期待値を下げるというのも、大切かもしれないですね。

ここまでやってダメだったんだから、仕方ないだろう」と自分で考えるようにするのも大事だと思います。

人物名永島代表
アラフォーといわれる世代、特に40歳を越えた女性って、婚活では結構厳しかったりしますけど、そもそものスタンスとして「こんな私でも結婚してくれる人と出会えたら嬉しい」とか、「好きと言ってくれる人がもし現れたら嬉しい」というスタンスだと楽ですよね。
人物名坂田代表
「どうせ無理だろうけど、上手く行けばいいな」というスタンスって、期待値が低くて、一見ネガティブだけど、実はポジティブですよね。

こういう人はしんどくなりづらいと思います。

人物名永島代表
あまり期待しないと言うか、婚活はそもそも上手くいくものじゃないと思っておいたほうが楽ですよね。

関連記事

30代後半女性が直面する結婚相談所の本当の厳しさ|活動のポイントや相談所の選び方

人物名坂田代表
世の中には、あっという間に結婚できた人もたくさんいて、そういうシンデレラ・ストーリーが溢れているんですけど、その人たちと自分を比べないようにしてほしいです。
人物名永島代表
「こんな素敵な人と私も出会えるはず」って期待していると本当にしんどくなってくるので、そういう記事は普通じゃないからバズっているんだということはわかっておいたほうがいいですね。
人物名坂田代表
人間どこまでやっても完璧にはなれないし、こうしたらいいのにという意見は探せばいくらでも見つかりますからね。

いちいち気にしていても何も始まらないし進まないので、自分の中でいろんなコンプレックスとか問題はあるとは思いますけど、しっかり自分で打席に立って、強い意思を持ってやるしかないと思います。

婚活はしなくてもいい

人物名坂田代表
そもそも婚活って、やらなくても良いことなんですよ。

今どき独身であることがデメリットになることってほとんどないですし。

人物名永島代表
友達や親が心配して「結婚しないの?」って後押しすることはありますけど、そんなの関係ないですからね。

特に親なんて、一種のポジショントークですよ。

人物名坂田代表
婚活は、しんどいと思えば今日からでも辞められます。

逃げようと思えばいつでも逃げられるのに、それでもいろいろ考えたり悩んだりしているということは、「やっぱり結婚したい」と思っているということだと思うんです。

だったらしんどくてもやめずに頑張って続けて、より良いほうに進んでいくというのがいいんじゃないかなと思います。

あとは、しんどくなって婚活から離れたいんだけど、かと言って年齢のこともあって離れられない…って葛藤でしんどい人は、本気で結婚したいと思うなら早めに結婚相談所に入会したほうが良いと思います。

人物名永島代表
こんなに出会いと別れを繰り返すのって、本当に人生で婚活の時期だけですからね。

しんどいのは当然ですが、ぜひがんばっていただきたいですね。

 

■関連記事一覧

結婚相談所の選び方|プロが教える本当に大切な見るべきポイント

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策

土日のフィードバック「2月1週目」 

成婚退会者へのインタビュー – 27歳男性 Y様

30代後半女性が直面する結婚相談所の本当の厳しさ|活動のポイントや相談所の選び方

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント