バツイチの再婚で結婚相談所(IBJ)を使うメリットとデメリット

バツイチの再婚で結婚相談所(IBJ)を使うメリットとデメリット
2020年2月24日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

結婚相談所では再婚希望の方のサポートもしていますが、

本当に結婚できるの?と不安な方も多いことかと思います。

  • 離婚歴がある
  • バツイチ
  • 子持ち(シングルマザー)

などの条件は、たしかに婚活で不利になるイメージが強いかもしれません。

でも「じゃあ結婚相談所で再婚は難しいのか?」言われれば、自信を持って「NO」と言えます。

人物名坂田代表
離婚歴があっても結婚相談所で結婚されている方はたくさんいらっしゃいますし、逆に初婚であっても苦労されている方もいます。

今日はそんな結婚相談所で再婚を考えている方にとって、知っておきたいお話をさせていただきます。

結婚相談所を利用する「再婚希望者」の割合

再婚希望で結婚相談所を利用する人は何人くらいいるのか、日本結婚相談所連盟(IBJ)のデータから調査をしてみました。

<IBJ在籍のバツイチ女性の割合>

 全年代:4,079人(12%)
 └ 子あり:2,053人(6%)
 └ 子なし:2,026(6%)

 40歳以下:1,135人(5%)
 └ 子あり:336人(1.5%)
 └ 子なし:799(3.5%)

<IBJ在籍のバツイチ男性の割合>

 全年代:4,125人(14.6%)
 └ 子あり:2,151人(7.6)
 └ 子なし:1,974人(7%)

 40歳以下:559人(4.9%)
 └ 子あり:185人(1.6%)
 └ 子なし:374人(3.3%)

※2020年2月16日現在|結婚相談所イノセント調べ

再婚を希望しているバツイチの会員さんは、男女ともに4000人ほど。全体で見ると12~14%が再婚希望者という数字です。

40歳以下という条件付きで見れば、再婚希望者は男女ともたったの5%ということで、かなり少数だということがわかります。

人物名坂田代表
ただこれはあくまでも「在籍している割合」の話なので、「少数だから再婚できない」という結論にはなりません。

「離婚歴があっても結婚できる」ということについて、もう少し詳しくお話していきます。

離婚歴がある人が成婚しやすい理由

私の経験上、離婚歴がある人のほうが、実は婚活を上手く進められると思っています。

というのも、再婚の人は過去に結婚を経験しているだけあって、「結婚」という現実をちゃんと理解したうえで婚活を進められるからなんです。

人物名坂田代表
相手を決めるという部分だけじゃなく、両家の顔合わせや結婚式、住居や結婚生活について一度は経験しているので、婚活で迷いが生じにくいのかなと思います。

初婚だと、お相手をどうやって選べばいいのかわからないし、交際している相手について「結婚して幸せになれるか?」という判断を迷いながらしていくことになります。

でも離婚歴のある方は、良い意味で異性の現実を知っていて、

「自分と合わない部分がある」
「好きと思った相手でも嫌な部分がある」

ということを身を持って理解できている、というのは婚活において大きな強みです。

もちろん離婚の理由にもよりますが、

「ここだけは譲れない」

という部分が初婚の方と比べて、はっきりビジョンとして持っているのが大きいのかなと思います。

人物名坂田代表
そしてそれは経験に基づいた判断なので、ただのわがままではないですよね。

初婚で婚活が長引いている方は、自分のわがままでお相手に見切りをつけてしまっていることが多々あります。

それだとなかなか上手くいきませんが、再婚者は自分に合うか合わないかを「条件」以外のところできちんと判断できるので、スムーズに婚活が進むことが多いんだと思います。

関連記事

一度もお見合いできず辞めたアラフォー女性の話

実は、再婚希望者の成婚率も調べてみたんですが、信頼性のあるデータはありませんでした。

ただ私が結婚相談所を運営している体感として、初婚の方よりも再婚の方のほうが成婚率は高いんじゃないかなと思っています。

今私が担当している会員様で、34歳女性で婚歴のある方がいらっしゃいます。

お付き合いしているお相手は初婚の男性で、なんと40歳のお医者様です。

男性のスペック的には、20代の初婚女性ともご結婚できそうな方ですが、イノセント所属の34歳女性と先日真剣交際に進まれることになりました。

もちろん年齢や離婚歴は条件によって不利になることはありますが、だからダメということは一切ありません。

このブログでも何度もお伝えしていますが、結婚は総合点です。

離婚歴のある方は、変に自分を取り繕うとせず、相手を否定することなく自分の伝えたいことや、考えていることをきちんと伝えることができます。

人物名坂田代表
それが人としての魅力になり、条件うんぬんではなく「この人と結婚したい」と感じるのだと思います。

「結婚するぞ」という覚悟があるのも離婚歴のある方の強みだと思うので、「離婚歴があるから結婚できない」というようなことは思わず、ぜひ婚活に挑戦していただきたいです。

関連記事

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策

バツイチが不利だと言われる理由

「離婚歴があっても結婚できる」というお話をしましたが、実際バツイチだと条件的に不利になるのは間違いありません。

データでもお見せしましたが、離婚歴のある方は全体の1割ほどとなっています。
つまり、IBJに所属している会員のほとんどは結婚歴がないということです。

人物名坂田代表
そのような初婚の方が結婚相談所でお相手を探すときに、わざわざ1割しかいない離婚歴のある方を選ぶ理由がないですよね。

結婚相談所では条件を入力してお相手の検索ができますが、特に理由もなく「婚歴なし」で条件検索する人も多いと思います。

ただし、再婚希望者が婚活で不利になるというのも、年齢によって状況が大きく変わります。

ある程度の年齢なのに初婚だと「何か問題があるのかな?」と思われるからです。

人物名坂田代表
特に女性が男性を検索する場合、「40歳」を基準にしている人は多いと思います。

40歳未満の方は離婚歴があると条件的に不利になりますが、40歳を超えると離婚歴のある再婚希望者のほうが、相手にとっては安心なのかもしれません。

子持ち、シングルマザーはかなり厳しい

離婚歴のある方でも、再婚を希望するのであれば、私は結婚相談所への入会をおすすめします。

ただし、子持ち男性やシングルマザーは、たとえ結婚相談所であっても、相当厳しい婚活になるのでおすすめできません。

特に40歳以下の会員さんは9割以上が初婚で、ほとんどの人が「初婚」のお相手を希望します。

中にはバツイチでもOKという方もいますが、その方たちでも「子ありは無理」という方がほとんどです。

人物名坂田代表
そのため、事前にプロフィールが分かり、多くの会員さんから会う人を選べる相談所においては、シングルマザーは不利になります。

これが婚活パーティであれば、条件で選ぶより先に会うことができるので、チャンスは巡ってきますが、

結婚相談所では、離婚歴のある子持ちの会員さんは、そのチャンスすらほとんどないということです。

男性の場合は、養育費を支払っているかどうかでも状況は変わります。

金銭的に余裕があれば問題ないかもしれませんが、結婚後に子供が生まれてお金に余裕がなくなったときなど、

毎月数万円の養育費を支払っている状況は、お相手にとって強いストレスになるはずです。

これも間違いなく婚活ではマイナスポイントになるでしょう。

私が運営するイノセントでも、過去に2人ほどシングルマザーの方がご相談にいらっしゃいました。

イノセントの運営方針」にも書いていますが、最初に婚活の厳しさを正直にお伝えしてから、入会を検討していただいています。

人物名坂田代表
「子持ちだと圧倒的に不利になるから、基本的には入会はおすすめしない」とお伝えすると、2人とも入会を諦められました。

結婚相談所としては、入会さえしてくれれば収益になるので、

「シングルマザーでも大丈夫です!徹底サポートします!」

という結婚相談所もあるかもしれません。

結婚相談所への入会は個人の自由なので何も言う気はありませんが…

人物名坂田代表
いくら担当者に「頑張りましょう!」と言われたとしても、結婚できる可能性はとても低いということは覚悟のうえで入会をするようにしましょう。

もし入会するのであれば、短期での成婚は難しいので、

  • 月会費は1万円以下
  • お見合い料は無料

というような料金設定の結婚相談所を選ぶようにしましょう。

初期費用や成婚料は1回きりなので、よほど高額でない限り、月会費やお見合い料を優先したほうが長期で婚活ができるので安心です。

関連記事

結婚相談所(IBJ)のお見合い料は「無料」が良い理由

再婚専門の結婚相談所

再婚を目指すときに気になるのが、「再婚専門の結婚相談所」ではないでしょうか?

どの結婚相談所も、会員はIBJ(日本結婚相談所連盟)のシステムで共有しているので、

再婚だからと言って再婚専門の相談所に入る必要性はありません

人物名坂田代表
ただ、カウンセラーさんに離婚歴があるなど、婚活の進め方に理解があったり、適切なアドバイスがもらえたりするので、そういう意味ではメリットがあるかもしれません。

あえて再婚専門の結婚相談所を候補から外す必要もないので、気になるのであれば一度無料相談に行ってみると良いかと思います。

最後に、再婚専門の結婚相談所として有名なところをいくつかピックアップしておきます。

<大阪>

再婚アドバイザー.com

<名古屋>

ブランシュール東海

<関東>

プリム・マリアージュ

 

再婚目的でおすすめの婚活方法は?

結婚したい人が利用すべきサービスは、なにも結婚相談所だけではありません。

マッチングアプリや婚活パーティも視野に入れて、自分に合った方法で婚活を進めていくことが大切です。

まず「結婚相談所で本当に再婚できるの?」という話ですが、先程もお伝えした通り、離婚歴があるというだけで大きなマイナスにはなりません。

お金に余裕があれば、ぜひ活用することをおすすめします。

関連記事

料金が安い結婚相談所の選び方をプロ(運営者)が教えます!

ただし、シングルマザーは結婚相談所と相性が良くないのでおすすめできません。

人物名坂田代表
結婚相談所にも仲人型とデータマッチング型(結婚情報サイト)がありますが、これは特にどちらでも問題ないかと思います。

「1度失敗しているから慎重になりたい」
「相談しながら婚活を進めていきたい」
という人は仲人型がおすすめですし、

自分でどんどん積極的に進められるという人はデータマッチング型で良いかと思います。

関連記事

結婚相談所を入会する際に最低限確認するべきポイント!

離婚歴のある方には、婚活パーティもおすすめです。

プロフィールによる条件の検索で出会えるかどうか決まる結婚相談所と違って、婚活パーティならとにかく出会うことができます

人物名坂田代表
あとから「離婚歴がある」と伝えたとしても、それ以上の魅力を感じてくれることもあります。

「離婚歴がある方限定のパーティ」などもあるので、興味があれば積極的に参加してみましょう。

マッチングアプリは離婚歴のある方にはおすすめしません。

マッチングアプリは、結婚相談所と違って真剣な出会いを求めている人ばかりではなく、遊び目的や体目的で出会いを求めている人が多いからです。

体目的で遊びたい人にとって離婚歴は関係なく、
むしろ「離婚歴があるから出会いに困っているはずだ」と狙われる可能性が高いです。

特に離婚歴のある女性は、男性にとってハードルの低い相手と判断されることが多いので、良い出会いを見つけるのは苦労するはずです。

再婚には結婚相談所がおすすめ

いろいろとお話しましたが、個人的には再婚を希望する方にはまず結婚相談所に相談に来てほしいと思っています。

結婚情報サービスや結婚パーティは料金も安く、特に期限も決められていないので、「ゆっくり婚活したい」と思っている人が多数在籍しています。

そのような中で自分もだらだら婚活をしてしまい、結婚適齢期を逃してしまうということになればとてももったいないことです。

特に「1年以内に再婚したい」と考えているような人には仲人型の結婚相談所がおすすめなので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

イノセントのサポート内容をご紹介

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    梅田サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    東京サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント