婚活で本当に大事な「直感力」の話をします

婚活で本当に大事な「直感力」の話をします
2021年9月4日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

恋愛において、なんとなく好きになったり、なんとなく合わないと感じたり、いわゆる「直感」が重視されることは多々あります。

直感というと、「ビビっとくる」「トキメク」などのイメージがありますが、本質は「なんとなく感じたこと」だと私は思います。

今日はそんな直感について、

  • 直感力とは何か
  • どうすれば直感力を磨けるのか

ということをテーマに、深掘りしていきたいと思います。

プロの仲人への
無料相談(1h程度)はこちら!

関連記事無料相談でお話しする内容について

婚活に必要な「直感力」とは?

人物名坂田代表
婚活で「直感力」は大事ですが、実際はない人もいて、絶対に必要というわけではないと思います。
人物名永島代表
ほんと、人それぞれですよね。

タイミングについても、成婚退会された方に「いつの段階で良いと思ったか?」という質問をすると、「プロフィールを見た段階で」という人もいますし、

特にプロフィールでは思い入れはなかったけど、お見合いで会ってみたら今まで会ってきた人と全然違うと思ったという人もいます。

人物名坂田代表
それって、まさに直感ですよね。

もちろん会ったときの容姿的なものもあるし、話し方を含めた所作であったり、雰囲気とか服装とか、全部ひっくるめて良いなと感じることが多いようです。

関連記事

成婚退会前に結婚相手の「決め手」で悩む人へのアドバイス

人物名永島代表
なんとなくだけど、好きという感情がすでにある感覚ですよね。

それが仮交際1回目のデートであっても、お互いに好きということがわかって、どんどん加速していく感じです。

人物名坂田代表
そう、説明はできないけどなんとなく良いなと感じる人が多いです。

「すごく年収が高いから」とか「カッコ良いから」とかじゃないんですよね。

その時点では言語化できないし、理屈ではないんだと思います。

人物名永島代表
同じような条件の人と会って同じような話をしたとしても、一方は「なんか違うな」と感じたけど、もう一方の人とはすごく盛り上がって楽しかったとかもあるんですよね。
人物名坂田代表
もしそれを感じたら、その人との出会いは大切にしたほうが良いですね。

最初に直感で良いなと感じたお相手とは、やっぱり最後まで上手くいきやすい傾向にあるので。

人物名永島代表
本当にそう思います。

大人になるとなんやかんやで理屈が入ってきて、直感に鈍感になってしまうので、「なんとなく良い」と感じた直感は大事にしてほしいです。

婚活では外せない「生理的直感」と「危険察知の直感」

人物名永島代表
男性に触れられるのが苦手な女性でも、「なぜかこの人は大丈夫」というのは、わかりやすい生理的直感ですね。
人物名坂田代表
反対に「この人はダメかも!」と感じるのも、生理的直感ですね。

この人とはなんとなくキスできないと思った」というのが、まさに典型だと思います。

人物名永島代表
この生理的直感については、1度でも「無理」と感じたなら、時間とともに改善されることはなかなかないですから、自分の気持ちに抗うことなく、その直感に従ったほうが良いと思います。
人物名坂田代表
たしかにその通りですね。

もうひとつ、マッチングアプリや婚活パーティだったら、既婚者だったり、そもそも結婚する気がなかったり、お金にルーズだったり、という人は多いですけど、

そんな人を見抜くときも「直感」が働くことってありますよね。

人物名永島代表
まさに「危険察知の直感」ですね。

この直感が働かない人は、むしろ危険な香りのする男性に魅力を感じてしまって、最終的に上手くいかないことが多いです。

人物名坂田代表
男を見る目がない」と言われたことのある女性は、危険察知の直感力がないのかもしれませんね。

関連記事

結婚相談所(IBJ)でのキスはタイミングが最重要|仮交際や真剣交際など注意点を解説

「直感」の実例

人物名坂田代表
まさに今、真剣交際中で双方の親への挨拶は済んでいるにもかかわらず、直感的なものを感じていないからどうしようと悩んでいる方から相談を受けているところなんです。
人物名永島代表
あーなるほど。直感で「この人が良い!」と思う感覚はないけど、別に嫌じゃないし相手も良いと思ってくれているし、条件も良いし…というケースですよね。
人物名坂田代表
そうです。直感で良いと思った人は、こんな悩みを抱えずにスムーズに行くことが多いですけど、直感がないとこうやって悩みのタネになるケースが多い気がします。
人物名永島代表
たしかに、最初の段階で「なんかはっきりとは言語化できないけど、なんとなく良いと思いました!」という人って、あとになっても悩まないことが多いですよね。
人物名坂田代表
先月成婚退会された女性で、お相手の男性がバツイチ子持ちの方だったんですけど、

普段は条件的にNGにしていたのですが、なんとなく会ってみようと思ってOKしてお見合いをしてみたら、「大丈夫と思った。何が大丈夫かわからないけど。」みたいにおっしゃっていて。笑

人物名永島代表
ほんとうに、「なんとなく」なんですよね。

でもこの感覚ってすごく大事で、そういう感覚って基本的に結婚後も変わらないと思うんです。

反対に年収とか趣味とか条件的な部分は、結婚後に変わる可能性も十分ありますから。

関連記事

バツイチの再婚で結婚相談所(IBJ)を使うメリットとデメリット

人物名坂田代表
もちろん「なんとなく嫌」というケースもあって。

すごく話が上手くて、さわやかで、ぜひまた会いましょう!って言ってくれてて、交際希望も来てて…でもなんだかなぁ…って思うことがあるんですけど、

こういう感覚のときはほぼ間違いなく当たっていて、実際に交際に進んでも上手くいかないことが多いです。

人物名永島代表
たしかに、よく聞くケースですね。

ただ、毎回「なんとなく嫌」で断っていると改善のしようがないですから、実際に進んでみて、何が嫌なのかはっきりさせたほうが良いこともありますよ。

人物名坂田代表
まさに、おっしゃる通りで。

「なんとなく良い」で交際に進むのは良いですけど、「なんとなく嫌」で交際をお断りするのは、ちょっと待った!って感じですね。

人物名永島代表
そう、何が嫌なのかというのははっきりさせておかないと、次につながらないので。

進んでみて初めて、「学歴のなさが嫌だった」「5歳くらい下を希望していたけど、やっぱり同年代が良さそう」「標準語が無理かも」みたいなことがわかってくるんですよ。

関連記事

長いあいだ仮交際から抜け出せない7つの原因と打開策|真剣交際に進めない人向け

直感で選ぶ怖さもある

人物名坂田代表
直感は大事ですけど、それだけで結婚を決めるのは怖さもあるんです。

  • 実はだらしない人だった
  • 全然家事をしてくれない
  • お金遣いが荒い

とか。これって、初期ではわからないことなんですよね。

人物名永島代表
正直、それはありますね。

進んでいって違和感を感じたけど、何が違和感なのかわからずにそのまま成婚しちゃうときもあって。

人物名坂田代表
危険ですよね。

だからこそ、真剣交際に進む前にちゃんとお互いに結婚観について話したほうがいいし、お互いの家に行くべきだし、成婚退会の前にお互いの親に挨拶に行くとかも、すごく大事です。

関連記事

IBJで真剣交際に進むタイミングは?仮交際で確認すべき5つのこと

人物名永島代表
そういうステップをちゃんと踏んでいたら、必ず気づくはずですよ。

ただ、やっぱり目の前に良いなと思う人がいる状態で、自分が感じている違和感が正しいかどうかを冷静に判断することって難しいんですよね。

人物名坂田代表
私も会員さんと話していて、「本人は気づいていないけど、ヤバそうだな…」と思うことが結構あるんですけど、

本人は「好き!」という感じで突き進んじゃっていて、アドバイスをしてもなかなか受け入れてもらえないこともあります。

人物名永島代表
恋は盲目状態になっていると、なかなか他の人の意見を受け入れるのって難しいですよね。

人物名坂田代表
直感はたしかに大切なんですけど、直感で決めたからといって幸せになるってことじゃないんですよ。

結婚相談所のゴールは結婚ですけど、人生において結婚はスタートですから。

一緒に幸せな結婚生活を作っていかなきゃいけないので、少しでも「あれ?」と思ったら、一旦立ち止まって違和感の原因を深堀りしたほうがいいです。

人物名永島代表
そういうときは、第三者の意見を聞いたほうが良いかもしれませんね。

一人で考えると、どうしても冷静に考えられないので。

人物名坂田代表
結婚相談所だったらカウンセラーに相談してほしいですね。

でも家族はダメです。基本的に本人の味方なので。

人物名永島代表
家族って本人のことを一番わかってそうで、本人の婚活市場価値については何もわかっていなかったりしますからね。

直感力を磨くには

人物名坂田代表
大人になるとなかなか恋に落ちることができないので、積極的に好意のアピールをしたり、お相手の好意を素直に受け取ったりしつつ、恋に盲目になってみることがすごく大切です。

一方で、直感力を磨くためには冷静な自分でいる必要もあると思います。

人物名永島代表
最初は恋に盲目でも良いですけど、何か違和感を感じることがあれば、その違和感に気づき、探っていく作業が必要ですよね。
人物名坂田代表
直感で「良いな」と思っても、「ちょっと無理そう」と思っても、その原因がわからないうちはとにかく進んでみるという経験は何度もしたほうが良いと思います。
人物名永島代表
「進んでみたけど、合わなかった」というのも、大事な経験ですからね。

何度も経験していると「あ、こういう人とは合わないんだ」ということがわかってくるので、なるべく早い段階で経験を積んでいくことが大切だと思います。

人物名坂田代表
あとは、焦っていたりすると判断力が鈍るので、生活を整えることも大切です。

睡眠や生活リズムに気をつけつつ、多忙を極めるようなら申込みの数を少し減らすなど調整をして、無理せず進めてほしいなと思います。

直感で選ばれるには?

人物名坂田代表
逆に、直感で選ばれるためには何が必要だと思いますか?
人物名永島代表
やっぱりパッと見の印象は大事ですよね。

清潔感はもちろん、服装もそうだし、会った瞬間の笑顔でも全然変わってきますよ。

人物名坂田代表
それすごいわかります。

無料面談の待ち合わせで「◯◯さんですよね?」と声をかけたときに、笑顔な人はすごく印象が良いです。

笑顔で走ってきてくれる人なんて、本当に可愛いですよ。

人物名永島代表
それは可愛いですよ!そういうところなんですよね。
人物名坂田代表
服装は、飛び抜けてオシャレになる必要はなくて。

逆に独特なファッションだったり、そもそもスーツじゃなくてチノパン+Tシャツとかは直感を働かせるまでもなくNGにされます。

人物名永島代表
直感で選ばれようと思うなら、服装も清潔感もマナーも、最低限はクリアしておく必要はあるということですね。

関連記事

成婚対談No.8「私は選ばれる側という意識があった」30代後半女性

柔軟性を持つこと

人物名坂田代表
よく「この記事に書いてあること、私は同じように感じないんですけど…」と言われることがありますが、全部が全部当てはまると考えるのは危険ですよ。

「そういう人もいます」というくらいなので、基本的には読み流して良いんですよ。

人物名永島代表
今日の記事を読んで「今お付き合いしているお相手、直感で何も思わないけど、進んでもいいのか?」と不安になる人も出てくると思います。

でも、あくまでこういうケースがありますよということであって、100%正しいわけじゃないですからね。

人物名坂田代表
「ビビっと感じて結婚して幸せです」という人もいれば、「ビビっと来たけど1年で破局しました」という人もいるんですよ。
人物名永島代表
「この記事とこの記事で言ってること矛盾しませんか?」と言われたこともあります。

そりゃ、シーンによって合わないこともありますし、そもそも物事は見方によって変わりますよ。

人物名坂田代表
特にこういう記事では、わかりやすいように極端な例を出したりしますからね。

柔軟性がないと、婚活でも、人生でも苦労するんじゃないでしょうか。

人物名永島代表
特に婚活なんて、これをやったら結婚できる!なんてことは絶対にないですからね。
人物名坂田代表
中には「嫌じゃない」という理由だけで成婚して、それでも上手くいくこともあるんです。

その人にとっては「嫌じゃない」ことが何より重要だったってことなんです。

人物名永島代表
まさに、その通りですね。

人によっても、ケースによっても全然違うので、柔軟性を持って進んでほしいですね。

まとめ

条件を照らし合わせて、じっくり考えてから…。

直感で恋愛をしてきた私たちには、この冷静な婚活がとても難しいのです。

自分の理性と心がどんどん離れて行ってしまい、婚活を苦痛な物にしてしまっていませんか?

もう少し頭の力を抜いて、直感で男性を見てみてみれば今目の前にいる男性が違って見えてくるかもしれません。

 

プロの仲人への
無料相談(1h程度)はこちら!

関連記事無料相談でお話しする内容について

婚活でお悩みの方はイノセントへ

イノセントは、全国成婚TOP10に選ばれた相談所です。

お見合いから仮交際や真剣交際に進む人、さらに成婚する人数も多く、婚活が上手くいった人、いかなかった人の事例が豊富です。

 男性カウンセラーがポイント

イノセントのカウンセラーは全員同世代(30代、40代)の男性カウンセラー。

入会から成婚までマンツーマンのサポートなので、あなたの状況や性格をしっかり理解したカウンセラーに悩みを相談できます。LINEでいつも繋がっているので、必要なタイミングでアドバイスが確実に受けられます。

 仲間に相談できる環境


イノセントの会員限定コミュニティでは、婚活中の悩みを相談し合える掲示板で日々会員同士がコミュニケーションを取っています。

友人や家族には言えない婚活の悩みを、同じイノセントで頑張っている仲間に相談することで解決したり、気持ちが軽くなってまた頑張れると評判です。

 イノセントで再スタート!

婚活の不安や疑問を相談できる相手がいないと思ったら、結婚相談所イノセントを検討してみませんか?活動中に悩んだり、不安になった時に頼れるカウンセラーと一緒に、婚活の再スタートを切りましょう。


プロの目線で、「あなたにできること」を率直にお話しさせていただきます。

プロの仲人への
無料相談(1h程度)はこちら!

関連記事無料相談でお話しする内容について

■関連記事一覧

成婚退会前に結婚相手の「決め手」で悩む人へのアドバイス 

結婚相談所(IBJ)でのキスはタイミングが最重要|仮交際や真剣交際など注意点を解説

バツイチの再婚で結婚相談所(IBJ)を使うメリットとデメリット 

長いあいだ仮交際から抜け出せない7つの原因と打開策|真剣交際に進めない人向け 

IBJで真剣交際に進むタイミングは?仮交際で確認すべき5つのこと

成婚対談No.8「私は選ばれる側という意識があった」30代後半女性 

 

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
  • 年収1000万円以上の男女に向けた結婚相談所の活用方法
  • 結婚相談所で結婚した人に聞いた|幸せな結婚を決めるコツ
  • 結婚相談所の年収を徹底解説|男女の本音とカウンセラーのアドバイス
  • 結婚相談所で英語力はアピールするべき?効果的なアピール方法と注意点
  • 婚活で専業主婦希望者の厳しい現実について|まずは惚れてもらうことが大切
  • 婚活中の「男性の本音」をアドバイザーが告白|女性との考え方の違い
  • 婚活でモテない人の共通点とは?今すぐ非モテから脱却する方法
  • 婚活で上手く行かない人の実例とカウンセラーからのアドバイス
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.