週末の活動フィードバック「7月3週」

週末の活動フィードバック「7月3週」
2020年7月29日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末7/23~7/26はお見合いが94件、うち23件はオンラインお見合い(全体の24%)ということで、4連休らしい賑わいを見ることができました。

94件のうち、交際成立が21件(成立率22%)でしたので、IBJが調査したデータよりも非常に高い数字が出ています。

参考:仮交際するには9回お見合いが必要

今月から活動スタートした方は17人、成婚退会者は6名です。成婚退会者の数は今年全体で累計40名となっています。

今月活動スタートの方が多く、残念ながら入会をお断りさせていただいた方もいらっしゃるのですが、また随時募集しておりますので、ぜひお問い合わせしていただければと思います。

今日はせっかくなので、イノセントの代表二人(坂田、永島)で、週末4連休のお見合いやデートのフィードバック(振り返り)をしていきたいと思います。

お見合い

人物名永島代表
先週、オンラインお見合いの立ち会いをしたんですが、実はお相手男性のプロフィール写真が微妙だったので、どうなのかなーと思ってたんです。

でも実際オンラインで見てみたら、スーツにネクタイ、ジャケットもビシッと着こなしており、非常に好印象な男性でした。

イノセントの女性会員さんがオンラインお見合いにログインしてくるまで少し二人でお話していたのですが、正直写真よりイケメンで、とても良い人でした。

人物名坂田代表
写真はとても大事ですが、指導しない結婚相談所もありますよね。自撮りとか、素人が撮った写真を載せていることもありますし・・・。

基本は写真より2~3割減で見ると思いますが、3割増しの人もいるので、写真で判断するのはよくないのかもしれませんね。それにしても、全然違うと本当にもったいないと思います。

関連記事

結婚相談所(IBJ)のプロフィール写真はなぜ重要か?

人物名永島代表
オンラインお見合いは、お相手の結婚相談所会員が事前練習していないというケースもよくあります。映像が映らない、音声がきこえない、など。

担当者がホストとして立会いしていればいいのですが、いない場合もあって、どうにもならないことがあるようです。

人物名坂田代表
イノセントは指導しているので大丈夫ですが、お相手の結婚相談所によっては上手くいかないこともあるようですね。
人物名坂田代表
私が立会い担当したとき、顔がカメラに非常に近い方がいらっしゃいました。

そのときは私が「少し離れましょう」と指摘して解決しましたが、お見合い相手という立場では言いづらいですよね。これも、心配ならテストをしておいたほうが良いと思います。

人物名永島代表
そういえば先週のお見合いで、イノセントの男性会員様から「お相手女性がずっと足を組んでいた」という報告を受けています。

これは残念ながら、マナー違反で一発アウトです。

人物名坂田代表
癖でやっちゃうんでしょうね。印象はとても悪いと思います。
人物名永島代表
サンダルで参加する人もいるようです。これもマナーとして一発アウトだと思います。

ラウンジでやるわけなので、TPOをわかってない、柔軟性がない、って思われます。

人物名坂田代表
女性ですよね。靴ずれとか足が痛いとか理由はいろいろあるようですが、出来る人はちゃんとヒールに履き替えている人もいますからね。

関連記事

お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント

人物名永島代表
「プロフィールにウソがあった」という報告もありました。海外旅行と書いていたのに、「全然行ってません」と言われたそうです。
人物名坂田代表
おそらく担当者がプロフィールを作成して、それをちゃんと読んでないんだと思います。基本はプロフィールに書いてあることで話を広げていくので、すぐにバレますよね。
人物名永島代表
そういう人は相手のプロフィールも読んでないから、たいした質問もできず、話がなかなか盛り上がらないと思います。

人物名永島代表
あと毎回のことですが、髪の毛ボサボサ、鼻毛が出てる、などの報告もありました。プロフィール写真はしっかりしてるのに、会ってみたら残念・・・と。

オシャレヒゲや無造作ヘアをやってるつもりなのかもしれませんが、お相手の受け取り方によっては、不潔ということでお断りされるということをわかってないんだと思います。

人物名坂田代表
これは男性のイメージが強いかもしれませんが、女性も多いです。髪の毛ボサボサ、鼻毛が見える、とかもあります。
人物名永島代表
「お見合いが盛り上がりませんでした」という報告はありますが、意外とそういうところ(鼻毛とか)が原因で、お相手に盛り上げる気がなくなってるだけの可能性もありますよね。

仮交際、デート

人物名永島代表
今回の4連休で、3日連続デートしたという会員さんがいましたね。この方はやはり、真剣交際に進まれました。
人物名坂田代表
やっぱり、上手く行く人ほど頻繁に会うんですよね。婚活以外で土日の予定が多く、コンスタントに会えない人はなかなか進みづらいと思います。
人物名永島代表
やっぱりそうですよね。3日連続で会えたなら、それは上手く行くと思います。
人物名坂田代表
逆に、真剣交際を考えていたとしても、「次は2週間後で」って言われたら誰だって萎えると思います。これは結構重要じゃないでしょうか。
人物名永島代表
たしかに。連続で会えたということ自体が上手く行ってる証拠なので、男性側も告白しやすいですしね。

関連記事

仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白

人物名坂田代表
先週末、◯◯様(30代女性)が真剣交際決まりました。
人物名永島代表
良かったですね!嬉しいです。
人物名坂田代表
◯◯様は都会、お相手男性は田舎の地方暮らしなんですが、いろんな部分で感覚が違うということで何度か危ない時期があったのですが、上手く行ってよかったです。
人物名永島代表
ほんとですね。「田舎と都会の婚活の違い」でも書かれてましたが、やっぱり感覚の違いってあるのは当然なので、それを乗り越えられるかが重要ですよね。
人物名坂田代表
◯◯さんは都会から、わざわざお相手のご近所まで電車で1時間かけて行ってたそうなんですが、お昼にファミレス行こうと言われて萎えたとご相談をいただいてました。

これってお相手が悪いわけじゃなく、本当にファミレスしかないこともあるんですよね。結婚したら住むところも変わるので、それが原因でお断りというのはもったいないと思います。

人物名永島代表
まだ決まったわけではないのですが、お見合いが楽しくて仮交際に進み、LINEも1日10往復以上されているという方がいますね。

デートはまだ1回ですが、とても楽しいとおっしゃっていて、相手には何も不満がないと。

人物名坂田代表
それは堅いですね。LINE10通という時点でお互いに盛り上がっているということなので、そのまま頑張ってほしいです。
人物名永島代表
将来の話はまだできていないようなので、これからという感じですが、期待しています。
人物名坂田代表
やっぱりLINEは重要ですよね。LINE苦手ってだけで、かなり不利になるような気がします。

どうしても距離が縮まりにくいですし、テンポも悪くなって、お互い気持ちが盛り上がるスピードが遅くなってしまうと思います。

人物名永島代表
LINEで「相手が自分の話ばっかりでつまらない」と文句を言う人もいますが、実は相手が盛り上げようとしてくれている可能性もあるんですよね。
人物名坂田代表
いわゆる俺通信ってやつですね。これはその通りで、実は話題を1個提供しているだけだったりします。

その話題を女性が無視して、カウンセラーに「俺通信ばっかりで無理」と相談に来られることもあります。

人物名永島代表
本当に嫌なら、会ったときに言えばいいんじゃないでしょうか。「LINE苦手だから連絡くらいしかできずすみません。」「会ったときにこうやって話せれば私は満足です。」というだけで印象は全然違うと思います
人物名坂田代表
たしかに、それを言わずにLINEを無視するとか、カウンセラーに文句を言うだけとかだと、なかなか上手くいかないですよね。

ちゃんと相手に伝えられる人は、早く成婚退会されていくと思います。

人物名永島代表
以心伝心はないですからね。言わないとわからないですよね。

関連記事

仮交際中の適切な連絡頻度は?メールやLINE(ライン)の重要ポイント

人物名永島代表
最近入った会員さんの話なんですが、メイクが苦手ということで、メイクレッスンに通いだされたそうなんです。

理由を聞くと、「笑顔で自信を持ってお見合いができるように。」「会ってよかったと思ってもらいたい」ということをおっしゃられていました。

人物名坂田代表
すごい!「良い人と出会いたい」という自分本位じゃなく、「出会った人に喜んでもらいたい」「自分との時間を楽しんでもらいたい」という発想が素晴らしいと思います。

そういう人は入会のときに、手土産を持ってきていただいたり、お世話になりますって手紙を入れてくださることが多いんですよね

人物名永島代表
そうなんです。だから、これは決まるなと思いました。婚歴があるとか、太ってるとかいろいろあっても、他のことで十分カバーできますからね。
人物名坂田代表
今自分にできることは何かを考えて、ひとつずつやっていくのが大切ですね。
人物名永島代表
◯◯様は仮交際のデートで、相手がたまたま7月誕生日だったので、カフェでケーキをプレゼントされたようです。
人物名坂田代表
素晴らしいですね!相手の誕生日がわからない中で、ですよね。
人物名永島代表
そうですね。プロフィールに誕生月が7月って書いてあることに気づいてということです。これはお相手も喜ばれたと思います。

関連記事

仮交際の誕生日は祝うべき?婚活におけるプレゼントの重要性と考え方

真剣交際、成婚退会

人物名坂田代表
真剣交際まで進まれている会員様で、男性側がコロナを心配して、外出したがらないという件がありました。

これから結婚に向かっていく中で、「どうやって進めて行くの?」ということで問題になっています。

人物名永島代表
たしかに、出不精の人にとって、コロナは最強の言い訳ですよね。甘えているところはあると思いますけどね・・・。
人物名坂田代表
今はイノセントの女性会員さんが、お相手男性の家にずっと通っている状態です。「終息するまで」と言っても、何年かかるかわからないですしね。
人物名永島代表
強制はできませんが、「落ち着くまではオンラインとオフラインと使い分けて」くらいの気持ちは見せていただきたいですよね。
人物名坂田代表
お相手の男性も一人暮らしなので、買い物や仕事など、外出はしてるはずなんです。なので何かできることはあるはずで、気をつけながらできることを探す気持ちは必要だと思います。

「コロナだから会えない」と一方的に言われると萎えると思います。

人物名永島代表
感染者は増えている状況ですが、オフラインのデートも増えてるんですよね。心配するのは良いですが、一方的に押し付けるのは良くないと思います。
人物名坂田代表
気をつけながらも、どうにか方法を見つけて上手くやっていくのが良いですよね。

人物名坂田代表
先週末は、30代バツイチの女性が、40代男性と成婚退会されました。男性はお医者様で婚歴なし、収入も高く人気があったので、上手く進んで安心しています。
人物名永島代表
もしかして◯◯さんですか?とても感じが良い人ですよね。よかったですね!
人物名坂田代表
そうです。バツイチ女性の数って40歳以下は5%以下なので、あえてバツイチを選ぶ人ってかなり少ないんです。

しかもお相手はお医者様なので、やはりスペックよりも愛嬌なんだなと改めて思いました。

人物名坂田代表
この方は、「お見合いのときにちゃんと離婚理由を言ったほうがいい」というアドバイスをして、それをしっかり実践してくださった方です。

お見合いも約2時間かけてお相手の近くまで行ってたのですが、文句ひとつ言わずに、凄いなと思いました

人物名永島代表
そういう感じの良さって、相手にも伝わりますよね。
人物名坂田代表
お相手の親から「釣書を出して」と言われたんですけど、これって女性は文句を言う方が多い中で、今回の女性会員様は
「やはり来たか!」
「これで安心してもらえるなら、しっかりしたものを作りたい!」
と非常に前向きになって奮闘されていました。
人物名永島代表
その姿勢が大事ですよね。凄いと思います。
人物名坂田代表
本当にちょっとしたことの積み重ねだと思うんです。
「お見合い2時間もかかった」
「釣書なんてあり得ない」
「結婚したら苦労しそう」
「バツイチはどうせ選ばれない」
と文句を言う方がいる一方、その女性はいつでも前向きでした。
人物名永島代表
素晴らしいですね。これが「可愛い」ということなんでしょうね。やっぱり、そういう方は最終的に上手く行きますよ。

無料相談

人物名坂田代表
週末、「彼氏がいるんです」という方が無料相談に来られました。
人物名永島代表
そういう方も多いですよね。
人物名坂田代表
彼氏さんが転勤で東京へ行き、帰ってきてから結婚しようとなっていたそうなのですが、
「そもそもこの人でいいのか?」
「婚活したほうがいいのか?」
「私はどうすればいいの?」
というご相談でした。

「それは自分で考えて決めてください」と言ったら、キョトンとされていました。

無料相談は人生相談の場ではないですし、答え合わせのための相談というのは正直こちらも困ってします。

人物名永島代表
こちらは、以前成婚退会された方の紹介で来られた方の入会が決まりました。

保育士の方なんですが、普段だったら運動会やいろんな行事があって婚活なんてできないんですが、今はコロナで行事がないので、今年中に一気に決めたいということでした。

人物名坂田代表
素晴らしいですね。短期間でやる気のある人は、かなり決まりやすいと思います。

イノセント会員様専用コミュニティ

人物名永島代表
先週は、住む場所についてのご相談でかなり盛り上がってました。

人物名坂田代表
これはありがちな問題ですよね。かなり盛り上がってましたね。

関連記事

イノセント会員専用のコミュニティについて

番外編

人物名坂田代表
今休会中の方なんですが、実は体重が100キロくらいあって、活動開始2ヶ月で非常に厳しい状況だったんです。
人物名永島代表
お見合いも成立しないし、成立しても断られる、という状況ですよね?
人物名坂田代表
そうなんです。でもそこで、「自分でできることと言えばダイエットしかない」と言って頑張って、今は75キロを切ったそうです!
人物名永島代表
それはすごい!頑張りましたね!
人物名坂田代表
体重が安定して落ち着く頃に、もう一度写真を取り直して活動再開されるようです。
人物名永島代表
素晴らしいですね。「デブだから」と言い訳したり、「このままの自分を受け入れてくれる人を探す」なんて言う人もいる中で、自分の弱点を克服しようとする姿勢は素晴らしいと思います。
人物名坂田代表
自分にできることをやって改めたいという気持ちが素晴らしいですよね。時間はかかると思いますが、この方は上手く行くと思います。

毎週配信予定です

婚活はひとりで悩み、ひとりで選択しながら進めていくので、ある意味孤独との戦いでもあります。

自分以外の人がどういう風に感じて、何が起こっているのか、基本的には知ることはできません。

結婚相談所イノセントでは、会員さんが非常に活発で、良かったことや悪かったことなどのエピソードが満載です。

今回の記事のように、活動のフィードバックをできれば毎週定期的に配信をしていきたいと思っていますので、今婚活中の方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

■関連記事一覧

結婚相談所(IBJ)のプロフィール写真はなぜ重要か? 

お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント 

仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白 

仮交際の誕生日は祝うべき?婚活におけるプレゼントの重要性と考え方 

仮交際中の適切な連絡頻度は?メールやLINE(ライン)の重要ポイント 

田舎と都会の婚活の違いをわかりやすく解説|地方と都市部での出会いが増加 

イノセント会員専用のコミュニティについて

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント