結婚相談所で婚約指輪は必要?プロポーズ用リングってアリなの?

結婚相談所で婚約指輪は必要?プロポーズ用リングってアリなの?
2020年10月18日
結婚相談所イノセント東京代表 永島 一之
【執筆】永島一之

結婚相談所イノセント東京代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、東京代表の永島です。

結婚相談所では、男性会員に婚約指輪が必要かどうかについてよく相談されます。

というのも、IBJは「成婚退会=プロポーズ」なので、プロポーズの際に指輪を用意すべきか迷ってしまうのでしょう。

プロポーズについては、女性会員さんの意見をよく聞きますので、今回はカウンセラーとしての経験を元に、
・実際にどんな事例が多いのか
・女性はどう思っているのか
についてお伝えしていきましょう。

成婚時に婚約指輪は必要?

まずは、成婚時に婚約指輪が必要かどうかをお伝えしていきましょう。

女性が欲しいと思っているかを重視する

婚約指輪については、女性が欲しいと考えているかが重要です。

指輪ではなく、時計やネックレスが良いと考える方や、その分のお金を生活費にまわしたいと思う方もいます。

要望を聞かずに婚約指輪を渡すと、戸惑われてしまうので注意しましょう。

人物名永島代表
女性が本当に望んでいるものは何かを事前に尋ねるべきですね。

結婚相談所では、「成婚退会(プロポーズ)の時は指輪はいらない」と感じる女性は多いです。

女性全員が、箱をパカっと開けて行うプロポーズに憧れている訳ではありません。

しかし、「プロポーズ自体をやらなくてもいいのか?」とは思わないでください。

やはり一大イベントでもあるので、プロポーズと分かるシーンは必要です。

ポイントは、必ずしもそのシーンで指輪を使わなくても良いということを覚えておきましょう。

関連記事

結婚相談所でプロポーズされないのは、実は女性に原因があるという話

女性が欲しいなら婚約指輪は買うべき

お相手が婚約指輪を欲しい方なら買ってあげましょう。

男性の中には「必要ないでしょ?」と考える方も多いですが、「指輪はいらないじゃん!」とお相手に伝えるのは厳禁です。

婚約指輪は必要経費と思って割り切ってください。

結婚相談所に入会し、10万円の入会金やお茶代もさんざん払って、最後の最後で指輪をケチるのはもったいないです。

婚約指輪は買うつもりでいて、「いらないよ。」と言われたら、ラッキーと考えましょう。

人物名永島代表
ただ、ラッキーと考えるだけではなく、気持ちとして財布やアクセサリーなど、ちょっとしたものをプレゼントするのも良いですね。

婚約指輪を買う時は準備をしよう

婚約指輪は高い買い物なので、少しでもお得になるように準備をしておくことが大切です。

例えば、デパートの割引カードを作っておくとポイントが加算されますし、1割引き等の特典がつくこともあります。

路面店ならそのまま100%負担になるので、デパート内で指輪を買うことがおすすめですよ。  

また、指輪購入前にはクレジットカードの上限もチェックしておきましょう。 

いざ買いに行った時に、カード上限を超えてしまうから買えない…なんてことになれば非常にダサいです。

こちらは意外と盲点なので注意しておきましょう。

サプライズはリスクが高い

プロポーズを完全なサプライズで行うことは厳禁です。

こちらではその理由をお伝えしていきましょう。

箱パカのサプライズはやめるべき

ドラマでよくある指輪の箱パカサプライズはおすすめできません。

先ほどもお伝えしたように、パートナーが「指輪はいらない」と感じる方かもしれませんし、「ずっとつけるものだから一緒に選びたい」と思っている可能性もあります。

また、そもそも婚約指輪を渡す前に交際が終了してしまうこともあるので、前もって購入するのはリスクが高いです。 

人物名永島代表
最近も「プロポーズ用に婚約指輪買ったのに交際終了になったから、費用を半分でも払え」とお相手に要求された女性会員さんがいました。

男性が勝手に用意したのですから、理にかなっていませんよね。

1.男性も「買ってあげたい!」と考えていて、女性も指輪が欲しいと話していた
2.実際に、指輪を一緒に見に行ったこともある

このパターンなら、箱パカサプライズはありかもしれませんが、女性が何も言っていないのに事前に婚約指輪を購入することは危険です。

フラッシュモブもおすすめできない

サプライズ繋がりでお話すると、フラッシュモブも同じですね。

フラッシュモブとは、公共の場で突然仕掛け人たちが集まり、大人数でダンスなどのパフォーマンスを行うサービスです。

プロポーズのサプライズとして利用する方もいますが、嫌がる女性が多いので気をつけるべきでしょう。

「フラッシュモブをされたら別れる。」とおっしゃていた女性もいました。

ポップな演出で注目を集めているフラッシュモブですが、誰もが望んでいる訳ではないと考えてください。

箱パカをやりたいならプロポーズリングがベター

どうしても箱パカをやりたいなら、プロポーズリングだけを買いましょう。

プロポーズリングなら1~2万円で買えるので、それで箱パカを行なった後、一緒に指輪を見にいけば双方納得がいきますよね。

ただ、プロポーズリングを購入する男性は最近増えてきていますが、企業が押し出しているだけで、世間的に広まってるわけではありません。

個人的には、プロポーズリングにかかる1~2万円すらもったいないと思いますが、購入することで特典を受けられるお店もあります。

人物名永島代表
お店にプロポーズリングを持っていけば、婚約指輪が1万円引きになるなどのサービスもあるので、1つの案として考えてみても良いでしょう。

指輪について相手に切り出しにくいなら

「婚約指輪の話をお相手に切り出しヅラい…。」と相談されることはよくあります。

おすすめなのは、真剣交際終盤でプロポーズする決意ができた時に、「ちょっと指輪を見に行ってみる?」と尋ねる方法です。

その際に「やっぱり婚約指輪って欲しい?」と、お相手が指輪を欲しい方なのか確認してみましょう。

その際に「いらないよ。」など、女性の本音が聞けるかもしれません。

もし指輪を欲しい方であれば、デパートの指輪売り場やアクセサリー売り場などを訪れてみてください。

その日に買う訳ではないので、指輪を販売している場所ならどこでも良いです。

有名どころのティファニーなども訪れてみても良いかもしれません。

人物名永島代表
せっかくなので、お店に行った時に指輪のサイズだけでも確認しておきましょう。

婚約指輪の予算について

婚約指輪をプレゼントする時、まず気になるのは予算ですよね。

お互いの価値観を合わせるためにも、事前に2人で話し合っておくことがおすすめです。

前もって結婚指輪の予算を相談するべき

事前に、「結婚指輪はどれくらいの金額なのかな?」話しておくべきです。

指輪は、ダイヤの等級などもあり、それに伴って値段も非常に幅広いです。

大きさだけではなく、ちゃんと予算は話し合っておきましょう。  

もし男性で「予算はこれくらいかな。」と思っているなら、女性にしっかりと伝えてください。

予算の話が出たら、見栄を張らずに伝えてみましょう

平均的な予算は30万円以下

指輪の予算としては、30万円以下が多いです。

よく給料3ヶ月分かかるなどの話を聞きますが、今はほとんどありえないと思ってください。

もしお相手が30万円以上を求めてきたら、これからの生活で何にいくらかかるのかを2人で話し合いましょう。

人物名永島代表
今後の金銭的な価値観が異なっている可能性があるので、しっかり話しておくべきです。 

婚約指輪について男女別にお伝えしたいこと

婚約指輪への認識は男女で異なります。

その価値観の違いでつまづかないためにも、こちらをぜひ参考にしてくださいね。

【女性向け】高すぎる婚約指輪をねだらない

男性の中には、「婚約指輪って今後つけなくなる可能性が高いから、そもそもいるの?」と思う方は多いです。

ブランドによっては100万円くらいする指輪もありますが、男性としてはその程度の認識なのに「100万円の指輪が欲しい!」と言われると、戸惑ってしまいます。

最悪、その時点で交際終了する可能性もあるでしょう。

多くの男性は、婚約指輪30万円、結婚指輪に20万円をかけるよりも、50万円で新生活のベッドや家電を買うことのほうが有意義と考えています。

【女性向け】婚約指輪のお返しは必要?

女性はお返しを渡すスタンスでいるべきでしょう。

男性的にはいらないと感じる方が多いですが、時計や財布などの小物、新婚旅行の旅費などをプレゼントしてみてください。

指輪のお返しは必ずしも必要ではありません。

しかし、「お返しは何がいい?」と聞く姿勢は大切です。

人物名永島代表
もちろん、男性から「何もいらないよ。その分新婚生活で必要なものを買おう」と言われたら、無理にお返しをしなくてもいいでしょう。

【男性向け】婚約指輪を用意したくないのなら

もし、「できれば指輪は用意したくない」と考えているなら、指輪についての話し合い時に、ゼクシィなどの雑誌は見せない方がベターです。

婚約指輪について良いように書いてあるので、女性は見たら絶対に欲しくなります。

【男性向け】「婚約指輪のお返しをしたい!」と言われたら

男性の中には、婚約指輪のお返しは必要ないと思う方もいるでしょう。

ただ、お相手の親御さんが「お返しをしたほうがいいんじゃない?」と気にしていることもあります。

結婚は2人だけの問題ではないので、お返しを受け取らなかったことがきっかけで、家同士のわだかまりに発展するかもしれません。 

もし女性から、「どうしてもお返しをしたい!」と伝えられたら、男性は遠慮をせずに受け取りましょう

周りからの意見も聞くべき

結婚するかどうかは2人の問題ですが、結婚することになれば2人以外のいろんな価値観が関わってきます。

突然親戚から援助がある可能性もありますし、お相手の親御さんから「指輪は〇〇のブランドを買うべき!」と伝えられたり…。

2人の世界を越えた話になる可能性があります。

人物名永島代表
結婚は2人だけのものではないので、いろんな人に相談したり、出てきた意見を聞くべきでしょう。

ただ、全ての意見を鵜呑みにするのではなく、 2人にとって無理のない範囲で善処することが大切です。

「おばあちゃんの意見は絶対に聞かないとだめ!」といった家族内での力関係もあるので、従うか説得するのかを、ちゃんと考えるべきですね。

関連記事

ご両親への挨拶で大切な5つのポイント|招く側の準備が最重要

プロポーズを受けてくれるか不安なら

もし、相手がプロポーズを受けてくれるかどうか不安なら、必ず担当者に確認しましょう

ましてや、不安なままのサプライズは行うべきではありません。

式場や指輪のことでいろいろ悩むのであれば、一緒にIBJのウェディングナビへ訪れてみてください

指輪の割引についても話を聞けますし、「一緒に行こう」の言葉がプロポーズの内示にもなります。

女性側から行くことを承諾されたら、プロポーズもしやすいですよね。

人物名永島代表
プロポーズに失敗したくないのなら、こちらの案も検討してみてください。

関連記事

真剣交際からプロポーズまでの上手な進め方|タイミングや意識すべき大切なこと

婚約指輪は必ずしも必要ではない

一般的には「プロポーズ=指輪を箱パカする」イメージがありますが、女性全員がそれを望んでいる訳ではありません。

「指輪ではなくて時計が欲しい」「そのお金は生活費にまわして欲しい」など、お相手によって考えていることが違うので、1度話し合ってみてください。

間違っても、事前に何も聞かずに婚約指輪をサプライズで準備するのはやめておきましょう。

 

■関連記事一覧

結婚相談所でプロポーズされないのは、実は女性に原因があるという話

ご両親への挨拶で大切な5つのポイント|招く側の準備が最重要

真剣交際からプロポーズまでの上手な進め方|タイミングや意識すべき大切なこと

 

結婚相談所イノセント東京代表 永島 一之

結婚相談所イノセント東京代表 永島 一之

結婚相談所イノセント東京代表。自身の婚活の経験を活かし長期化しがちな婚活を短期での成婚に導く。
会員様とのコミュニケーションを重視し、画一的なアドバイスではなく会員様一人一人に寄り添ったアドバイスを信条としている。

「会員様には結婚だけを目的にはして欲しくない。「自分が好きな人」との結婚を目指して欲しい。そのためのシステムやノウハウがイノセントにはあります」

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント