土日のフィードバック「12月3週目」

土日のフィードバック「12月3週目」
2021年12月29日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末12月18日~19日の土日は、お見合いが合計139件、うちオンラインは12件(全体の8%)、交際成立は38件(全体の27%)でした。

今月は9名の成婚退会が決まりました。

今月にプロポーズを予定している会員様や、年末年始で両家に挨拶に行く会員様もおられますので、来月も引き続き多くの成婚者が出る予定となっています。

お見合い

人物名坂田代表
男性Aさん、対面のお見合いで、テーブルにパーテーションがあったのですが、お相手女性の声が小さくてほとんど何を言ってるのかわからなかったそうです。

聞き返したり、耳を近づけたりしたけど聞こえづらく、ストレスを感じたとのことです。

人物名永島代表
もともと声の小さい方とか、声を張るのが恥ずかしいという方はたまにいますよね。
人物名坂田代表
人によっては「一度仮交際に進んでみよう」となるかもしれませんが、Aさんは他にもお見合いや交際ができている人気の男性なので、「また会ってみよう」とはならなかったんですね。
人物名永島代表
雰囲気が良かったり、笑顔が素敵だったり、それ以外が好印象だったなら、人によっては「もう一度」となる可能性はありますね。
人物名坂田代表
特にAさんは、もともとエネルギッシュな女性を求めていたそうなので、元気があるとか声の大きさとかは、すごく大事なポイントだったんです。

周りに声が聞こえちゃうとか、緊張とか、理由はいろいろあるとは思いますが、もったいないですよね。

人物名永島代表
もったいないですよ。周りの人は、聞いているようで聞いていないですから、改善できるならしたほうが良いですね。
大切なポイント
・相手が聞こえづらそうにしていたら、声の音量を調整する

関連記事

お見合いの緊張を和らげる大切な考え方|原因や対策まとめ


人物名永島代表
女性Bさん、お見合いの中で、話していて楽しいと感じる部分はあったものの、考え方が合わないと感じる部分もあったそうで。

1時間ぐらいしてから、話題を切り替えて終わろうとしたけど、お相手の話がなかなか終わらず2時間ほどかかってしまい、つらく感じたとおっしゃっていました。

人物名坂田代表
よくないですね~。

本人だけが盛り上がっていて、お相手が冷めていることに気づけなかったんですね。

人物名永島代表
Bさんが聞き上手で、話していて楽しいし盛り上がっていると勘違いしたんでしょうね。
人物名坂田代表
たまに「盛り上がって2時間ぐらいしゃべっちゃいました!」というケースもありますけど、基本的には1時間くらいで終わったほうがいいですよね。

盛り上がって2時間話して仮交際に進んだという人も、それがもし1時間で終わっていてもどっちにしても仮交際に進んだと思いますよ。

2時間話すことが必ずしも良い方向に向かうとは限らないので、長引いたときは特に「楽しいのは自分だけかも」という意識は持っておいたほうがいいと思います。

大切なポイント
・お見合いはなるべく1時間で終了する

 


人物名坂田代表
女性Cさん、お相手男性がプロフィールを読んでくれていて、さらにラウンジで店員さんへの態度やお礼の言葉など、全体的に丁寧な対応をされていて、素敵だと思ったとおっしゃっていました。

人物名永島代表
そういうことって、お見合いだからやってることじゃなくて、普段からできているんでしょうね。
人物名坂田代表
そうですよね。テーブルに足がぶつかって揺れてしまったときも、「すみません、大丈夫ですか?」と気遣いできる余裕があったそうで。

実際、お見合いの会話を盛り上げるテクニックとか、お見合いで使えるテクニック的なものって、ほとんど意味ないんですよね。

日頃から気遣いできる人は、お見合いでもちゃんとできますしね。あまりテクニックにはこだわらないほうが良いと思います。

関連記事

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策

人物名永島代表
女性Dさんのお相手も、素敵な男性だったそうです。

男性も早めに来てくれたそうですが、Dさんはその少し前に到着していて、緊急連絡ツールで待っている場所を連絡したところ、

待ち合わせしてから男性が「お知らせしてくれて、助かりました」と言ってくれて、その一言の気遣いにすごく良い印象を感じたとのことでした。

人物名坂田代表
そういうところなんですよね、本当に。

そんな些細な一言ですけど、最初からすごく良い印象で、雰囲気も良くお見合いできると思いますよ。

人物名永島代表
お相手男性は、ひとり暮らし歴が長いものの、「最近はあまり料理はしないけど、結婚したら奥さんや家族のために料理したいな」とポロッとこぼされたそうで、素敵だなと感じたそうです。
人物名坂田代表
「料理できないんですよね~」という男性は多いですけど、「今はしてないけど、結婚したらやりたいとは思っている」と一言あるだけで、全然印象は違いますよね。

ほんと些細な言動で、人柄って伝わるんですよ。

人物名永島代表
ちょっとした気遣いとか配慮とか、普段からやっている人はお見合いでも出てきますからね。

そういう人は、やっぱり交際希望されますよ。

人物名坂田代表
さっきも言いましたが、小手先のテクニックだけに頼るのはホントやめたほうがいいです。

「笑顔を作れ」とか「白い歯を見せろ」とか、たしかに効果あるかもしれないけど、やっぱりとっさに出てくる「お知らせありがとうございます」みたいな些細な言動を積み重ねていくほうが、パンチあると思いますよ。

大切なポイント
・小手先のテクニックだけに頼らない

 

仮交際

人物名永島代表
女性Eさん、お見合いのときからすごく盛り上がっていて、最初から自然と敬語なしで話せたそうです。

気になるお店も合ったり、趣味の話も気楽に話せたりしてすごく楽しかったとおっしゃっていました。

もう次のデートも決まっているそうですよ。

人物名坂田代表
すごい、いい感じですね。

敬語・タメ口問題ってよく言われますが、自然とタメ口に移行していけるのは理想ですよね。

人物名永島代表
そうですね。本当に盛り上がっていて、お互いが距離を縮めたいと思っていると、自然とくだけていきますからね。
人物名坂田代表
ただ、その距離感がわからずにいきなりタメ口にしてしまうという失敗もありますから、それは注意しないといけないですけどね。
人物名永島代表
Eさんがおすすめしたドラマも観てくれていて、話もすごく盛り上がったそうで。

あと、最寄り駅が同じということが判明したそうで、近所のお店開拓も一緒にしていこうという話をしていたそうですよ。

人物名坂田代表
すごく良い感じじゃないですか!

ぜひそのまま上手くいってほしいですね。

大切なポイント
・自然とタメ口に移行していけるのは理想
・ただし、いきなりのタメ口は悪印象の可能性もあるので要注意

関連記事

仮交際はいつまで敬語がいい?タイミングや切り替える方法について


人物名坂田代表
女性Fさん、お見合いのときにお相手の店員さんへの態度が良くなくて気になっていたそうですが、「もう1回会ってみよう」ということで仮交際に進まれたそうです。

ただ、初回デートのお店を勝手に決められて、しかもかなり高級なお店だったそうで。

人物名永島代表
初回デートは、お茶でいいんですよ、お茶で。
人物名坂田代表
不安もありつつデートに行ったところ、料理の内容をすべて決められたあげく、お会計で明細を見せられず「7000円でいいよ」と言われて萎えてしまったそうです。
人物名永島代表
それはきついですね。

お店も料理の内容も全部決めて、しかも総額いくらかわからないのに「7000円で」って言われたら、そりゃ萎えますよ。笑

人物名坂田代表
萎えますよ~。

Fさんは最初からごちそうしてもらうつもりはなかったので、お金を払うことに不満を感じたわけじゃないんですよね。

料理を選ぶときも「これ食べてみて」「これ美味しいから」と全部相手に選ばれたそうで、「私の意見は聞いてくれないんだな」と悲しくなったそうです。

人物名永島代表
ちょっと、エスコートの意味を履き違えていますよね。

そうなってくると、デートというより、上司の接待ですよ。

しかも、高いお店を選んで美味しい食事を提供してカッコつけていたのに、最後にお金を請求して、かなりダサいですよ。

人物名坂田代表
こういう人とは将来を作っていくイメージが想像できない」ということで、交際終了になりました。

Fさんはもうひとり仮交際のお相手がいるんですが、その方は「何事も一緒に決めていこう」というタイプで。

Fさんの喜ぶ顔が見たい」と言ってくれるそうで、その方と先へ進んでいきたいとおっしゃっていました。

人物名永島代表
そもそも、店員さんへの態度が悪いというのは、婚活ではかなり嫌がられるタイプですからね。

お見合いの時点で、Fさんからしたらかなりギリギリのラインだったんじゃないですかね。

人物名坂田代表
そうですね。ちょっと怪しいけど、もう一回会ってみようかなって感じだったんだと思います。

オラオラ系っていうんでしょうか。こういうタイプを好きな女性もまれにいますが、ほぼいないですよ。

人物名永島代表
私なら、そんな男はやめたほうがいいってアドバイスしてますね。

自分の意見を持っていない女性なら、あるいは合うかもしれませんが。

人物名坂田代表
せめて、カッコつけるなら最後までカッコつけて全額おごってあげてほしかったですし、お金を出してもらうとしても総額は伝えるべきだと思います。
大切なポイント
・店員さんへの態度は見られるポイント
・初回デートは軽くお茶で良い

 


人物名永島代表
男性Gさん、東京在住の方なんですが、お相手が栃木県にお住まいで、初回デートで1時間かけて新幹線で栃木まで行ったそうです。

私にとっては近距離です。そっちに住んでもいいと思ってます。」と言っていて、すごいなと思いました。

人物名坂田代表
すごいですね!人にもよりますが、新幹線で1時間って近くはないですよ!笑
人物名永島代表
Gさんから手土産も渡し、2回目のデートも約束してきたそうです。

「次も新幹線で行ってきます」とおっしゃっていました。

人物名坂田代表
時間もお金もかかるのに、すごいです。

そんなGさんも素敵ですし、たぶん女性も素敵な方なんでしょうね。

人物名永島代表
Gさんは士業をされている方で、かなりハイスペックな方なんですよね。

ある意味、マネーパワーを使った良いやり方だと思いますよ。

人物名坂田代表
あと、東京にもたくさん会員はいるはずなのに、あえて栃木の人を希望するというのも、しっかり考えているんだなって思いますね。

群馬とか静岡とか栃木って、東京からはちょっと距離があるので、わざわざ狙う人が少ないんですよ。

そもそもライバルが少ないので、ある意味狙い目なんですよね。

人物名永島代表
そうなんですよね。でもその「わざわざ」ができる人なんですよね。

こういう男性がどんどん成婚されていくんだろうなって思います。

大切なポイント
・ライバルの少ない地域で相手を探すのも大事な戦略
・「行動力」が高い人は魅力的

関連記事

田舎と都会の婚活の違いをわかりやすく解説|地方と都市部での出会いが増加

真剣交際

人物名坂田代表
女性Hさん、真剣交際に入り、結婚後のことなどの大切な話はできているそうですが、結婚までのスケジュール感があいまいなまま進んでいるそうで。

お相手男性から、成婚の時期などの話も一切なく、Hさんはすごく不安を感じていると相談がありました。

人物名永島代表
男性が何も考えていないとか、進めていくことに迷いがあるとか、もしくはドッキリプロポーズをしたいとか、いろんなケースがありますよね。
人物名坂田代表
そうなんです。それって、私たちでは判断できないじゃないですか。

だから、もし不安なら、自分から「今後のスケジュールを決めていきたい」って切り出したほうがいいという話をしていまして。

人物名永島代表
よくあるケースですよね。

たしかに女性からすると、プロポーズもされていないのに、成婚退会の時期の話をするのってどうなの?って思うんですよね。

人物名坂田代表
はい。でも結婚相談所って期限が決まっている活動なので、そこは遠慮しなくていいんですよね。

ある意味、事務的な話なので、気にせずちゃんと話しておいたほうがいいんですよ。

人物名永島代表
そうですよ。それでもしお相手がちゃんと考えていれば問題ないですし、反対に何も考えていないとか、迷っているというパターンだとわかったら、交際を終了するかどうか早めに判断することもできますから。
人物名坂田代表
実際にお相手に聞いたところ、実は男性がサプライズを考えていた、というパターンだったそうです。

ものすごくいろいろ考えていて、自分の親にはすでにしっかり挨拶のことも伝えていたり、スケジュールもしっかり計画を立てていたそうです。

ただ、先にプロポーズをしたいという考えで、クリスマスに合わせていたということだったんですよ。

人物名永島代表
いや~なるほど。結局、話をしてみれば「あ~そうだったんだ~!」って解決することですけど、わからないと不安なままですからね。

本人に直接聞いてみたらいいと思いますよ。

人物名坂田代表
もちろん担当者経由でもいいですけどね。

真剣交際で結婚を前提にいいところまで進んでいるなら、もう本人同士でしっかり話したらいいと思います。

人物名永島代表
プロポーズとか成婚退会とか、親への挨拶の段取り的なことって、どう考えているか個人差がすごく大きいことなので、まずは本人に相談ですね。

それで自分の考えとは違ったり、うまく噛み合わないというのであれば、カウンセラーに相談という流れが良いと思いますよ。

人物名坂田代表
そうですね。プロポーズなんていらないって人もいるくらいですから。

どういう価値観を持っているかってのは読めないので、まずは話し合っていただきたいです。

もちろん結婚相談所のスタンダードな進め方というのはあります。突然のサプライズプロポーズは結婚相談所の出会いにおいては必要ない、とかはありますけど、サプライズプロポーズが絶対にダメってわけじゃないので。

人物名永島代表
結婚相談所の基本的なルールやマナーはありますけど、正解はないですからね。
大切なポイント
・結婚への進め方に、正解はない

関連記事

真剣交際からプロポーズまでの上手な進め方|タイミングや意識すべき大切なこと

番外編

人物名坂田代表
先日、成婚退会された女性から相談がありまして。

もう入籍も済んでいるのですが、旦那さんが元カノの話ばかりするのが嫌すぎて、離婚も考えているとのことで。

人物名永島代表
それはきついですね。
人物名坂田代表
もちろん男性が悪いというのが大前提なんですけど、女性側も嫌とかやめてほしいとか、自分がどれだけ不快な思いをしているかということを、はっきり伝えられていなかったそうなんです。
人物名永島代表
それは、大事なことですね。

離婚を考える前に、まずは話し合いですよ。

人物名坂田代表
離婚を考えるほど嫌になってから私に相談をしてくれて、そこで初めて旦那さんに気持ちを伝えたそうなんですよ。

そこで旦那さんも初めて嫌な思いをさせていたことに気付いて、今ではちゃんと反省されてなんとか離婚の危機は脱したそうです。

人物名永島代表
いや~よかったです。

でもこれって、気の利く女性というか、ちゃんと相手の気持ちを配慮できる女性がやってしまいがちな我慢ですよね。

人物名坂田代表
そうですね。

もともと人に対してきつく言えなくて、我慢しちゃって、結局は自分のクビを締めてしまうんです。

何度も言いますが、間違いなく旦那さんが悪いんですけど、そういう我慢はやめたほうがいいと思います。

人物名永島代表
特に男性なんて、相手の気持ちを読むのが得意じゃないですから、嫌なことははっきり嫌って言わないと、伝わらないですよ。
人物名坂田代表
ちゃんと気持ちを伝えて、それでも直らないなら離婚を考えたらいいという話をしていたら、その女性は「伝えていたつもりだったけど、伝えきれてなかった」と言っていたんです。

優しい女性で、自分がはっきり気持ちを伝えることで、相手を傷つけたらどうしようというような気持ちもあったんだと思います。

人物名永島代表
ちょっと笑って言ったり、冗談っぽく言ったり、どこか遠回しな表現をしちゃってたんでしょうね。

短期で成婚退会できる人間力の高い人たちを見ていると、「アナタが嫌なのではなく、アナタのこういう部分が嫌」という言い方ができるんですよ。

その差もあるんじゃないかなと思います。

 

大切なポイント
・本当に嫌なことは、はっきりと伝えることが大事
・相手を傷つけないための遠回しな表現では、伝わっていない可能性が高い

 

まとめ

結婚相談所に限らず、いろんなブログや雑誌で「恋愛テクニック」なるものが紹介されていますが、あまり鵜呑みにしてはいけません。

もちろん参考になる話もありますが、基本的には素の自分で戦っていくしかありません。ですから、普段からの言動がすごく大事になってきます。

お相手だけではなく、店員さんへの態度や、家族への接し方など、日々の自分の言動について、たまに振り返ってみても良いかもしれません。

 

■関連記事

お見合いの緊張を和らげる大切な考え方|原因や対策まとめ 

結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策 

仮交際はいつまで敬語がいい?タイミングや切り替える方法について 

田舎と都会の婚活の違いをわかりやすく解説|地方と都市部での出会いが増加

真剣交際からプロポーズまでの上手な進め方|タイミングや意識すべき大切なこと 

 

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter

【東京(渋谷)サロン】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F Map
・「渋谷」駅から徒歩6分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.