土日のフィードバック「10月3週目」

土日のフィードバック「10月3週目」
2021年10月23日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末10月16日~17日の土日は、お見合いが合計121件、うちオンラインは19件(全体の15%)、交際成立は35件(全体の28%)でした。

今月から実施しているイノセント会員限定の成婚インタビューの配信が、非常に好評です♪

成婚退会された方の苦労したことや頑張ったエピソードが聞けて、良い刺激になるようです。

今後も週1回〜月2回くらいのペースで実施して行けたらと考えております。

プロの仲人への
無料相談(1h程度)はこちら!

関連記事無料相談でお話しする内容について

お見合い

人物名坂田代表
女性Aさんのお相手男性がすごく素敵な方だったそうで、

ラウンジに合うオシャレなジャケット
プロフィールをしっかり読んでくれていた
興味を持って質問をしてくれた
お会計のとき「席で待っていてください」と声かけ

などなど、「すごすぎてびっくりした」とおっしゃっていました。

人物名永島代表
めちゃくちゃレベル高いですね!

お会計のときも、Aさんにレジまで行かせなかったんですね。すごくスマートな対応だと思います。

人物名坂田代表
レベルの差を感じますよね。結婚相談所でここまでできる人はなかなかいないと思います。
人物名永島代表
いないですよ。いたとしても、すぐいなくなるはずです。

人物名坂田代表
興味を持って質問をするというのもすごく大事ですよね。

たとえば「どんな仕事されてるんですか?」という聞き方だと、そもそもプロフィールを読んでいるのかも怪しいし、興味があるって伝わらないので。

汎用性のある質問は楽ですけど、やっぱり相手にも伝わっちゃいますよ

 

大切なポイント
・プロフィールを読んでおくのは大前提
・雑な質問の仕方だと、興味がなさそうに感じる

 


人物名永島代表
女性Bさん、お相手男性のプロフィールに「宗教あり」と書いていましたが、「お相手には求めない」とのことだったので、

Bさんも「それなら会ってみよう」ということで、お見合いをされました。

人物名坂田代表
「宗教あり」と書いていても、親だけで自分は活動していないという人も多いですからね。
人物名永島代表
実際に会ってみるとすごく良い人で、宗教についても「親がそうだから自分も仕方なく入信しているだけ」「相手に求めるつもりはないから安心してください」と言っていたそうです。

ただ、いろいろ話をしていると、自宅には仏壇があって、毎日家を出る前に手を合わせているということで、しかも「結婚したら家に仏壇はおかせて欲しい」とも言われたそうです。

人物名坂田代表
いや、それはもう、活動してますよね。笑
人物名永島代表
そうなんですよ。男性からすると「集会に参加するとか、ガッツリな活動はしていない」という認識だったと思いますが、

無宗教の人からすると、家に仏壇があって毎日手を合わせていたら、「ガッツリ宗教心あるじゃん」という認識になると思うんですよ。

人物名坂田代表
その男性は、かなり認識が甘いですね。無宗教の人がどう捉えているか誤解しているので、そのズレに早く気づいたほうが良いですよ。

そのままだと、この先も苦労するかもしれませんね。

大切なポイント
・「宗教あり」の人と、無宗教の人は、認識がズレている可能性が高い

関連記事

結婚相談所で宗教は不利?相手が信者の場合は?


人物名坂田代表
男性Cさん、お相手から連絡がなかなか返ってこないということがあって、お見合いの日程調整で約2週間もかかってしまったんです。

結局オンラインお見合いをすることになりましたが、時間になっても来ず、遅れてこられたそうで。

しかも、謝罪の言葉もなく、遅れてきた理由なども言われなかったとのことで、萎えてお断りになりました。

人物名永島代表
当然の結果ですね。正直、ちょっと遅れるくらいは別に良いと思うんですよ。仕方ない事情もあるでしょうし。

でもやっぱり謝罪なり、理由を言うなりは必要ですよ。

人物名坂田代表
そうですよね。たとえば、担当者との連携ミスで、もし自分に非はなかったとしても、それはそれでちゃんと伝えるべきですよね。
人物名永島代表
「言い訳したくない」という男性はいますけど、理由を伝えるのは相手への誠意だと思いますよ。
人物名坂田代表
もしくは、普段から頻繁に遅刻するような人で、そもそも何も感じていない可能性もありますね;

大人になると、遅刻されて怒ったり、文句を言う人はあまりいませんから、そのうち「これくらい良いかな」ってなっちゃうんですよ。

人物名永島代表
婚活ではその「これくらい」が命取りになるんですけどね。
大切なポイント
・日程調整の難航、デートの遅刻などは謝罪して理由を伝えることが誠意

関連記事

お見合いの日程調整を好印象でバッチリ決める人の決定的な特徴とは


人物名永島代表
男性Dさんはお見合い会場に早く到着し、予約ができないラウンジということもあったので、先に中に入って席で待っていたそうです。

緊急連絡ツールで「先に入っているので、到着したら連絡ください」と送ったのですが、女性から返信はなく、しかもギリギリに到着したうえに何の言葉もなかったそうです。

人物名坂田代表
緊急連絡ツールの返事がなかったのは、ただ単に遅刻しそうで見ていなかった可能性はありますね。

ただ、IBJでは10分前到着がルールですから、ギリギリに到着したならそれについては一言欲しいですね。

人物名永島代表
ギリギリになってすみません、などもなかったそうです。

普通にお見合いが始まって、お見合い自体は盛り上がったそうですが、待ち合わせの印象が良くなかったということで、お断りになりました。

人物名坂田代表
「遅くなってすみません」という謝罪がなかったこともそうですけど、そもそも予約のできないラウンジにギリギリに到着して席が確保されているというのは普通あり得ないので、

早く到着して確保してくれていたということに感謝もしないといけないですよ、本来なら。

人物名永島代表
そういうことに気づいていない可能性もありますよね…。笑

「あ、席空いてたんだラッキー」くらいに思ったのかも。

人物名坂田代表
でも本当にもったいないですよね。どれだけお見合いが盛り上がっても、スタートの印象をそのまま引きずってお断りというのはよくあるケースです。

人物名永島代表
お見合いがなかなか組めないとか、なかなか交際に進めないという人であれば交際希望出しても良いレベルではありますけどね。

Dさんはちゃんとお見合いも交際もできているので、お断りで正解だと思います。

 

大切なポイント
・IBJは10分前にお見合い会場に到着するのがルールでありマナー
・ギリギリ到着は遅刻と同じなので、謝罪の一言は必要
・待ち合わせ時の印象は重要

関連記事

お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント


人物名坂田代表
女性Eさんのお相手男性が布地のカバンを持っていて、しかも黒ずんで汚れているのが目についたそうで。

服装はちゃんとスーツにネクタイだったのですが、かばんだけボロボロで「なんでそれを持ってきたの?」と思ったそうです。

人物名永島代表
いやホント、なんで持ってきたの?って思いますね。

物持ちが良い人は何年も同じものを使ったりしますから、男性にとっては違和感がなかったのかもしれませんね。

人物名坂田代表
毎日使っていると、だんだん汚れていっても本人は気づかなかったりするんですよね。

愛着が湧いているし、まだちゃんと使える。だから使うんですよ。

それでも革製品とかだったらカッコよくなったりもしますけど、布地だと単にボロボロなだけですから、要注意ですね。

人物名永島代表
そもそも布地って時点でカジュアルだから、お見合いには微妙ですよね。

清潔感とか、だらしなさとか、ケチとか、カバンが汚いだけでいろんなネガティブなことを想像しちゃうので、本当に気をつけたほうがいいと思います。

人物名坂田代表
それでいうと、これがお見合いじゃなくてデートで、ちゃんと服装に合っていたなら、まだよかったかもしれませんね。

お見合いはラウンジという場所で、しかもスーツにネクタイですから、ボロボロの布地カバンはNGです。

大切なポイント
・婚活ではTPOに合わせた服装、アイテムを持つことが大事
・大切に長く使っているものでも、他人から見ると単にボロボロに見えることも

 

仮交際

人物名永島代表
女性Fさん、デートの場所や内容を決めるのに、毎回自分で調べて、いくつかお相手に提案するそうです。

でもほぼ毎回「行ったことあります」とだけ言われて代案を言ってくれないそうで、気持ちが萎えてしまったと。

人物名坂田代表
それは萎えますよ。自分は行ったことがあって別の場所にしたいなら、「じゃあここはどうですか?」と提案するのがマナーですよね。
人物名永島代表
言い方が良くないですよね。

相手に案を出させて、自分は否定するだけというのでは、上手くいかないですよ。

人物名坂田代表
もしかしたらお相手にとってはFさんがキープ要員だったのか、興味を持てないと感じていたのか、どういう状況かはわかりませんが。

本当に成婚退会できる人は、興味がなくても、キープ要員でも、もっと素敵な対応をすると思いますよ。

大切なポイント
・提案を断るなら、代案を出すのがマナー

 


人物名坂田代表
女性Gさん、お相手男性と「給料をどうやりくりしているか」というお金の話になり、「婚活で女性におごるから毎月赤字なんです」と言われたそうで、気持ちが萎えて終了になりました。
人物名永島代表
いや~それはね、言わなくていいやつですね。気持ちはすごいわかりますけど。
人物名坂田代表
前にも、1000円くらいのランチを高いと言われたことがあるそうで、「そのときは倹約家なのかなと思ったけど、今回お金の話をしてちょっと金銭感覚が合わなそうと思った」とのことでした。
人物名永島代表
私は人としては好きですけどね、すごく正直で。笑

でも婚活では、そんなに馬鹿正直に言わなくていいんです。

人物名坂田代表
たとえば「ディナーで3000円は大丈夫だけど、ランチで1000円は高い」というような感覚の男性って結構いると思いますけど、

それも婚活では言わないほうがいいですね。

1000円のランチは高いとか、婚活で赤字だとか言われちゃうと、女性から何も提案できなくなりますよ。

人物名永島代表
じゃあ、公園で缶コーヒーでも…ってなっちゃいますね。
大切なポイント
・「婚活にお金がかかっている」などの話はしないほうが良い

 


人物名永島代表
女性Hさん、ファーストコールが終わってLINE交換をしたところ、お相手のLINEの名前が本名ではなく少し特殊な登録名で、アイコンも宇宙のような宗教っぽいアイコンだったそうで。

プロフィールに特殊なことは書いてなかったそうですが、少し怖いなと感じたそうです。

人物名坂田代表
LINEの名前も、意外と大事なんですよね。

フルネームじゃなくてもいいですけど、せめて自分の名前がなんとなくでもわかるようにはしておいたほうが良いと思います。

人物名永島代表
そうですね、自分の下の名前で、ローマ字でもいいですし。

名前にまったく関係していないと、誰?ってなっちゃいますよ。

人物名坂田代表
アイコンもあまり変わったものとか、ナシとかだと印象良くないです。

大学生くらいまでなら全然関係のないカタカナの名前でも良いかもしれませんが、正直30代や40代でそれはちょっとダサいというか、かっこ悪いと思います

大切なポイント
・LINEの表示名は自分の名前(ローマ字でもOK)にしておく

 


人物名坂田代表
男性Kさん、なんと17歳年下の女性から申し込みがあって、現在も仮交際まで順調に進展されています。
人物名永島代表
すごいですね!しかもKさんからじゃなくて、年下の女性から希望だったんですね。
人物名坂田代表
理由を聞いたところ、Kさんのプロフィールにブライダルチェックをしている」と掲載していたことが良かったそうで。

しかも「実年齢よりも若く見えるから、年の差はまったく気にならない」と言ってくれたそうですよ。

人物名永島代表
ブライダルチェックの結果をプロフィールに書いている男性は多くありませんから、ライバルとの差別化になったんでしょうね。
人物名坂田代表
だと思います。

ただ、誰でもとにかくブライダルチェックをしてプロフィールに書けばいいってわけではないですけどね。

人によると思います。

人物名永島代表
たしかに、Kさんが若々しくて清潔感があってさわやかで。だから許されたところもありますよね。
人物名坂田代表
そう思います。

非常に極端な例えですが、清潔感の無いおじさんがブライダルチェックがどうとか、年下希望・子ども希望とか書いてたら、正直気持ち悪いです。

人物名永島代表
どうしても性的な目で見てしまいますからね。

載せるかどうか、カウンセラーに相談してからにしたほうが良いですね。

大切なポイント
・ブライダルチェック済みの男性を希望する女性もいる
・ただし、ブライダルチェックの結果を載せないほうが良い人もいる

関連記事

結婚相談所の年の差婚は何歳までOK?現実の厳しさをカウンセラーが解説

真剣交際

人物名永島代表
女性Mさん、仮交際に進んでから2回目のデートで、Mさんから手をつないだそうで。

それ以降も順調でしたが、男性が煮え切らない感じで、担当者経由で聞いてもいまいち決めきれないという雰囲気がありました。

人物名坂田代表
私も気になっていました。なかなか進展しなかったので、どうなるのかなと。
人物名永島代表
Mさんはすごく気をつかわれていて、アピールはしてもしすぎないようにしたり、結婚の話はするけど、しすぎないように期間をあけたり

結局6回目のデートでMさんから告白したのですが、男性から「自分で言いたいから仕切り直しさせてほしい」と言って、あらためて気持ちを伝えてくれたそうです。

人物名坂田代表
お相手への配慮をしつつ気持ちのアピールをし、ゆっくりだけど確実に距離を縮めようとしたMさん、素晴らしいと思います。

お相手の男性も、言われるだけじゃなくて、自分からちゃんと言いたいと言って、あらためて気持ちを伝えたのはすごく良いことだと思います。

人物名永島代表
もしかしたら、もう少し早い段階で男性も気持ちを決めていたのかもしれませんね。

ただ恋愛慣れしていなくて、なかなか言えなかったのかな、とは思います。

人物名坂田代表
2回目で手をつないでいるんですから、Mさん的には3回目で告白してほしいって思ってたかもしれませんね。

でもしっかりお膳立てして、男性も気持ちを伝えられて、良いカップルだと思いますよ。

大切なポイント
・アピールはしても、しすぎないバランスが大事

関連記事

真剣交際への告白で大切な3つのポイント|タイミング・セリフ・シチュエーション


人物名坂田代表
男性Nさん、真剣交際中のお相手女性と、とら婚さんの「結婚前に確認すべき20の事柄、36の価値観ギャップリスト」をやってみたそうです。

価値観の違いなどはほぼなかったらしいのですが、最後の「性交渉の頻度」のところで決定的な違いがあり、交際終了となってしまいました。

人物名永島代表
仕方がないですね…ある意味早くわかってよかったですよ。

本当はもっと早い段階で話す機会はあったかもしれませんが、成婚退会してから判明するよりはマシです。

人物名坂田代表
女性は性欲がなく出来ればしたくないタイプで、Nさんは毎日でもいいくらいと書いたそうで。

それくらいで?と思う人もいるかもしれませんが、これってすごく重要なことなので、本当に事前にわかってよかったなと思います

人物名永島代表
そうですね。言葉だけでいうとすごく些細なことのようで、もったいないと思うかもしれませんけど、性交渉の頻度というのは、結婚生活においてやっぱり大切なことですから、仕方ないですよ。
人物名坂田代表
反省点としては、男性はそこまで正直に書かなくても良かったからもしれません。
人物名永島代表
バカ正直に書いちゃったんですよね。

まだキスをしたか、していないかくらいの関係の人から、「毎日したい」って言われても、どれだけ良い男でもきついですからね。

人物名坂田代表
そうですね。基本的にはちゃんと書いたほうがお互いのためですが、本気で書かないほうが良い項目もあるということですね。
大切なポイント
・とら婚さんのチェックシートはおすすめだが、正直に書きすぎないほうが良い項目もある

 

まとめ

今週は、お見合いでギリギリに到着した、遅刻された、日程調整の難航、という報告が目立ちました。

お見合いの遅刻は当然マナー違反ですが、ギリギリの到着も遅刻扱いです。

最低でも10分前の到着を意識し、遅れたら理由を伝えて謝罪する。席を確保してくれていたなら、感謝の気持ちを伝える。

待ち合わせの印象は、お見合いの最後まで引きずることもあるので、お見合い前からお見合いは始まっていると思い、気を抜かずに頑張りましょう。

 

オンラインでもOK!来店予約はこちら

婚活でお悩みの方はイノセントへ

イノセントは、全国成婚TOP10に選ばれた相談所です。

お見合いから仮交際や真剣交際に進む人、さらに成婚する人数も多く、婚活が上手くいった人、いかなかった人の事例が豊富です。

 男性カウンセラーがポイント

イノセントのカウンセラーは全員同世代(30代、40代)の男性カウンセラー。

入会から成婚までマンツーマンのサポートなので、あなたの状況や性格をしっかり理解したカウンセラーに悩みを相談できます。LINEでいつも繋がっているので、必要なタイミングでアドバイスが確実に受けられます。

 仲間に相談できる環境


イノセントの会員限定コミュニティでは、婚活中の悩みを相談し合える掲示板で日々会員同士がコミュニケーションを取っています。

友人や家族には言えない婚活の悩みを、同じイノセントで頑張っている仲間に相談することで解決したり、気持ちが軽くなってまた頑張れると評判です。

 イノセントで婚活を始めよう!

婚活の不安や疑問を相談できる相手がいないと思ったら、結婚相談所イノセントを検討してみませんか?活動中に悩んだり、不安になった時に頼れるカウンセラーと一緒に、婚活のスタートを切りましょう。


プロの目線で、「あなたにできること」を率直にお話しさせていただきます。

プロの仲人への
無料相談(1h程度)はこちら!

関連記事無料相談でお話しする内容について

■関連記事一覧

結婚相談所で宗教は不利?相手が信者の場合は? 

お見合いの日程調整を好印象でバッチリ決める人の決定的な特徴とは

お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント

結婚相談所の年の差婚は何歳までOK?現実の厳しさをカウンセラーが解説 

真剣交際への告白で大切な3つのポイント|タイミング・セリフ・シチュエーション

 

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com

おすすめ記事

  • 土日のフィードバック「11月2週目」
  • 土日のフィードバック「11月1週目」
  • 土日のフィードバック「10月5週目」
  • 土日のフィードバック「10月4週目」
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.