土日のフィードバック「11月3週目」

土日のフィードバック「11月3週目」
2021年12月2日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末20日~21日の土日は、お見合いが合計107件、うちオンラインは13件(全体の12%)、交際成立は34件(全体の31%)でした。

イノセントのYouTubeチャンネルが公開されました!

見てて楽しくなるような、前向きになれるような動画となっています。
今後も公開していきますので、チャンネル登録お願い致します。

お見合い

人物名坂田代表
女性Aさんはプロフィールに、好きなアニメやドラマを載せていまして、

今回、対面でお見合いをされたお相手男性がAさんのプロフィールを見て、載っていたアニメやドラマを事前にチェックしてきてくれたそうです。

人物名永島代表
素晴らしい。

まだ会ったこともなくて、自分と合うかどうかもわからない中で、そこまで準備できるのはすごいですよ。

人物名坂田代表
Aさんは、今回のようなことは初めてだったので、すごく好印象だったとおっしゃっていました。

そこまで準備しても交際に進めるかどうかわからないですから、なかなかできる人はいないですよね。

人物名永島代表
なかなかいないですよ。

普段から、お相手に対してしっかりと興味を持って接することができる方なんだと思います。

大切なポイント
・お相手のプロフィールを事前にチェックするだけでなく、内容に興味を持って調べておくことも大事

 


人物名永島代表
女性Bさん、お相手男性の「仕事できるアピール」がすごくて、一緒にいるのがしんどいと感じたそうです。
人物名坂田代表
きついですよね。

男性からするとちょっとしたアピールのつもりというか、少しでも良く見せようと考えてのことなのかもしれないですけど、女性からするとしんどいだけですからね。

人物名永島代表
いわゆる男性特有の「イキり 」ですよね。常にヨイショしてあげないといけないのかな…って思っちゃいますよ。

Bさんは「接待している気分」だったとおっしゃっていました。

人物名坂田代表
アピールしていたつもりが、マイナスになっていたというよくあるパターンですね。

仕事の話もちょっとはしても良いですけど、自分がいかに頑張っているかという話は、お見合いでは必要ないです。

人物名永島代表
かっこ悪いですよね。いつも言ってますが、小物感が漂いますよ。
人物名坂田代表
仕事を頑張ってるというのは、周りが見てくれるものですから、本当に頑張っているなら自分でアピールしなくても大丈夫です。

逆に仕事できるアピールをしてしまうと、「会社から評価されてないのかな?」と思ってしまうので。

大切なポイント
・仕事を頑張っているアピールはしないほうがいい

 


人物名坂田代表
女性Cさん、お相手男性の髪の毛が乱れているのが最初は気になったそうですが、スーツはキレイで身だしなみが整っており、全体的に好印象だったそうです。

さらに、男性がCさんの代わりに注文をしてくれたり、駅まで送ってくれたり、気遣いが嬉しかった、とおっしゃっていました。

人物名永島代表
素敵な男性ですね。全体的にちゃんとした方なら、髪の毛がちょっとくらい乱れていても気にならないですよ。
人物名坂田代表
結婚観の話もできたそうです。話し合って決めていきたいというスタンスで、尊重してくれている感じがして好印象だったとのことです。

Cさんも素敵な方で、「待ち合わせ場所に早めに行ってたけど、あまり上手くいかなくてお会いできたのが5分前で、ギリギリになってしまった」とおっしゃっているんですよ。

この感覚、すごく大事だなと改めて思いましたね。

人物名永島代表
なるほど!笑 これ、よく考えると普通の感覚なんですよね。でも、できていない人が多すぎる。
人物名坂田代表
そう、普通のことなんですよ。

10分前に待ち合わせをする」ということをちゃんと理解していれば、「5分前になってしまった」という感覚になりますよね。

この感覚がわからない人は、すごく多いと思いますよ。

人物名永島代表
これは、場所を間違えたんですかね?
人物名坂田代表
どうやらお相手が場所を勘違いしていたようなんですが、そんなことCさんは一言も言わないんですよ。

相手のせいにしようとしていない、この姿勢も素晴らしいです。

大切なポイント
・全体的な印象が良ければ、少しのマイナスは気にならない
・何事も相手のせいにしない、という姿勢

関連記事

【婚活相談】予約なしのお見合い、女性はどうするべき?|30代女性

 

 


人物名永島代表
男性Dさんがお見合いで、お相手女性に「ストレス解消のために何かされていることはありますか?」と聞いたところ、

嫌なことがあっても、愚痴を言うと嫌な気持ちになって落ち込むので、できるだけネガティブなことは言わないようにしている」と言われ、感銘を受けたそうです。

人物名坂田代表
素晴らしいです。ぜひ他の人も見習っていただきたいですね。
人物名永島代表
婚活では特に、大事なポイントですよね。

ネガティブな話をされても、聞いているほうはまったく楽しくならないですしね。

自分も言っていて暗くなるだけですよ。

人物名坂田代表
ネガティブな話をしていると、表情も暗くなりますからね。わざわざ自分でしんどくなっているようなものです。

婚活だと、そういう方はなかなか選ばれないですよ。

大切なポイント
・ネガティブな話はできるだけしないようにする

 

仮交際

人物名坂田代表
20代前半のEさん、仮交際が決まったお相手男性が15歳ほど離れている方で、しかも仕事がかなり忙しい方なので、いろいろと不安が大きかったそうです。

ただ、デートをしてみると、お店の提案や予約をしっかりとしてくれて、エスコートもスマートで、すごく印象が良かったそうで。

父親世代の価値観も垣間見えて、安心感があってよかった」とおっしゃっていました。

人物名永島代表
逆に、安心感があったんですね!全体的な印象が良かったから、歳が離れていてもおっさんっぽいって感じなかったんですね。
人物名坂田代表
父親世代みたいな会話も、よかったみたいですよ。

会話をしていて、ちょっとテンポのズレは感じるけど、それ以上に一緒にいて落ち着くし、店員さんへの配慮もあるし、手土産を渡してくれたり、素敵な方だと感じたそうです。

人物名永島代表
実際にデートをしてみると、思ったより歳の差を感じて、お父さんみたいと感じて嫌になるケースはすごく多いですよね。

おそらく見た目も良いし、対応もスマートだし、店員への配慮もできるし、全体的に素敵な方だったんでしょうね。

人物名坂田代表
そう、全体的に普通のおじさんで、そのうえで会話も父親世代だったら、たぶん「歳の差を感じて無理」となっていたと思いますよ。

でも年齢的にはおじさんだけど、むしろ同年代にはない魅力を感じたんだと思います。

人物名永島代表
それだけ素敵な方だからこそ、「仕事が忙しい」というのもひとつの魅力になるんでしょうね。
人物名坂田代表
そうだと思います。

アラフォーで、そこまで給料が高くなくて、仕事は毎日定時帰りで、出張もない。となると、「それって大丈夫?」って思いますし。

人物名永島代表
会話のズレがあるというのも、そういうことなんでしょうね。

コミュニケーション力はそこまでなくて、話を盛り上げるのもそんなに上手ではないけど、店員への振る舞いだったり、お相手への配慮だったり、行動や所作に優しさがあったりで、

些細な会話のズレくらい全然問題じゃないって感じたんだと思いますよ。

人物名坂田代表
仕事はできるし、知的で気遣いはできるけど、女性に慣れていないという感じだったんでしょうね。

いくら会話がうまくてペラペラしゃべれたとしても、やっぱり優しさがなかったり、配慮ができないと、ただウルサイだけになっちゃうと思います。

大切なポイント
・全体的に印象が良ければ、歳の差が気にならないこともある
・会話が苦手でも、印象を良くすることはできる

関連記事

結婚相談所の年の差婚は何歳までOK?現実の厳しさをカウンセラーが解説

 

 


人物名坂田代表
男性Fさんのお相手の女性が、これまで勉強一筋で生きてきた非常に高学歴な方で、

Fさんは「男性経験がまったくなく、化粧もほぼしないタイプなので、女性らしい色気がなく、一緒にいてムラムラする気がまったく起こらない」とおっしゃっていました。

人物名永島代表
婚活界だと、実はそういう女性かなり多いですよね。
人物名坂田代表
多いんですよね。

Fさんはお相手女性のことを「あざとさとか、婚活でよくあるいやらしさがまったくなくて、思ったことをはっきりと言ってくれるので、安心できる」とおっしゃっていますが、

ただやっぱり「女性として見れない」という部分で、最後に終わる可能性もあるんじゃないかなと。

人物名永島代表
Fさんのようにそれを「安心する」って考える男性は少数派だと思うので、お相手女性としてはラッキーかもしれませんよ。

でもやっぱり、化粧を頑張るとか、何か女らしさが出せるような努力はしたほうが良いとは思います。

人物名坂田代表
Fさんとしては、今は安心しているかもしれないですけど、最終的に「友達としてしか見れない」ってなる可能性もありますから、早めに判断したほうがいいですね。

「ムラムラしない」とおっしゃっていて、もう問題点に気付いているので、何か変えてもらうほうが良いのですが、まだ距離が縮まっていない状態で男性から提案するのは難しそうです

人物名永島代表
でも言わないとわからないですからね。一緒に買い物に言って提案するでもいいですし、メイクの話を出してみるとかも大事ですよ。
大切なポイント
・最初の段階で「女らしさ」を感じない場合、「友達にしか思えない」と感じて終了になる可能性が高い
・服装やメイクについて提案してみる

関連記事

平凡な女性が婚活を成功させる大切なポイント|容姿やスペックではなく「相性」が重要

 

 

真剣交際

人物名永島代表
お見合いからトントン拍子に進んで真剣交際入りされたGさん、東京だと今は紅葉が見頃ということで、紅葉狩りに行かれたそうです。

さらに、イケアに行って家具を見てきたそうで、「結婚後のイメージができてすごく良かった」と報告をいただきました。

人物名坂田代表
いいですね!デートを繰り返していると飽きることもありますから、季節を感じられるデートはいいと思います。
人物名永島代表
イケアもいいですよね。「ソファはこういうのがいいね」「寝室は子どものことを考えると…」っていろいろイメージできるので。

これまで結婚に向けての準備や話し合いを焦っていたそうですが、今回のデートでビジョンが見えて、あまり焦らなくてもいいのかなと感じたそうです。

人物名坂田代表
結婚相談所だと期間が決まっていたりしますから、焦ってしまう気持ちはわかります。

でも、もう二人とも「結婚の覚悟がある」ということを話し合った状態だと思うので、何かを無理に進める必要はないと思いますよ。

人物名永島代表
ここまで来ると、もうあとは二人のタイミングの問題ですからね。

二人で話し合って、ゆっくり決めていけばいいと思います。

人物名坂田代表
イケアはフィードバックでもよく出てきますよね。やっぱり、将来の話を二人で考えながら話せるので、楽しいんじゃないですか。
人物名永島代表
「あんなベッドがいいよね」「インテリアはこんな雰囲気が良いね」って話しながら、どんどん二人の気持ちが盛り上がってくると思いますよ。

真剣交際のカップルならではのデートなので、将来をリアルに考えているなら、かなりおすすめですね。

大切なポイント
・結婚の覚悟ができているカップルは、イケアのデートがおすすめ

関連記事

真剣交際でやるべき7つのポイント|成婚退会した人が実際にやったこと

番外編

人物名坂田代表
女性Hさん、仕事をバリバリ頑張っておられる方で、今の時点では子どもが欲しいとは思っていないそうですが、いろんな男性とお会いする中で、子どもも良いのかなと少し思うようになったそうです。
人物名永島代表
男性とのスキンシップがどうしてもダメとかであれば、また話は変わってきますけど、仕事が理由なのであれば、凝り固まらずにいろいろ考えてみるのは良いことですよ。
人物名坂田代表
あまり子どもが好きじゃないとか、良い母親になれるか心配とか、いろんな不安もあったようです。

マジメな女性なんですよね。

将来的にはわからないけど、ひとまず直近では欲しいとは思わないとのことで。

人物名永島代表
なるほど。

でも、いろんな男性と会っていくうちに、考えが少しずつ変わってきたんですね。

人物名坂田代表
「子どもが欲しい」と言う男性にも、いろいろいるじゃないですか。

・絶対欲しい!
・2~3人は欲しい!
・できれば欲しい
・どっちでもいい

そうやっていろんなタイプの人と会って話すうちに、これからは子どもが欲しいという人にも申し込みをしていってみてもいいのかなと思ったそうです。

人物名永島代表
すごい、いいことですよ。

プロフィールでわかることなんてほんのちょっとですから、とにかく会ってみるというのは大事です。

人物名坂田代表
特に男性って、実はあまり深く考えてなかったりしますよね。

「結婚=子ども」みたいに考えている人もいて、「欲しいですか?」と聞かれたら「欲しい」と反射で答えるだけで、絶対に欲しい!って考えている人のほうが少ないんじゃないかなとは思います。

人物名永島代表
でもプロフィールにそこまで詳しく書いている人ってなかなかいないですからね。

なんとなく「子どもがほしい」って書いておいたほうが印象良さそう、くらいの人もいると思いますよ。

人物名坂田代表
Hさんはもともと「絶対に子どもが欲しい」と書いている人に対して偏見を持っていたそうで、「考えが凝り固まっていたので、変えていかなきゃいけない」と連絡してくれたんですよ。
人物名永島代表
素晴らしいじゃないですか。ちょっとこじらせちゃってたって自分で気付いたんですね。
人物名坂田代表
こういうことって、人から言われてもなかなか気づけなかったり、納得できなかったりするんですけど、

実際に自分が行動して気付けたことで、すっと腹落ちすることがあるんですよね。

大切なポイント
・プロフィールだけで判断せず、まずは「会ってみる」ことが大事
・人に言われて気づくより、自分で行動して気づくことのほうが腹落ちしやすい

関連記事

婚活で対人関係をこじらせる5つの「思考の癖」を心療内科医が解説

 

フィードバックをあなたの婚活に活かそう


他の人の婚活状況を聞ける機会はあまり無いので、読んでいるだけで皆頑張っている!一人じゃない!と勇気をもらえますよね。しかしフィードバックを読んで共感はできるけど、自分の婚活にどう活かせばいいのか分からずにいる方も多いのでは無いでしょうか。

 上手く行っていないのであれば何かを変える必要がある!

イノセントでは毎週100件以上のお見合いが行われ、年間の成婚数も70組以上。
毎週蓄積される多数の事例から、あなたが悩んだ時、困ったその時にカウンセラーからのアドバイスを受けることができます。

ゼクシィやオーネットなどデータマッチング型の婚活サービスを利用中の方や、結婚相談所での婚活が上手くいかないと感じている方は、ぜひ1度結婚相談所イノセントへお問い合わせ下さい。

 あなたの婚活を徹底的にサポートします!

経験豊富な男性カウンセラーからのアドバイス、イノセント会員同士でコミュニケーションが取れる会員専用コミュニティなど、あなたの婚活を徹底的にサポートする環境を用意してお待ちしております。

ぜひ私たちと一緒に本気で婚活をしてみませんか。

 

■関連記事一覧

結婚相談所で婚活が上手くいかない「男性」の特徴

【婚活相談】予約なしのお見合い、女性はどうするべき?|30代女性 

結婚相談所の年の差婚は何歳までOK?現実の厳しさをカウンセラーが解説

平凡な女性が婚活を成功させる大切なポイント|容姿やスペックではなく「相性」が重要 

真剣交際でやるべき7つのポイント|成婚退会した人が実際にやったこと 

婚活で対人関係をこじらせる5つの「思考の癖」を心療内科医が解説 

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com

おすすめ記事

  • 土日のフィードバック「11月2週目」
  • 土日のフィードバック「11月1週目」
  • 土日のフィードバック「10月5週目」
  • 土日のフィードバック「10月4週目」
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.