土日のフィードバック「10月1週目」

土日のフィードバック「10月1週目」
2020年10月8日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末10月3日〜4日は、お見合いが合計73件、うちオンラインは10件(全体の14%)、交際成立は19件(全体の26%)でした。

10月6日時点で成婚退会が5名決まり、月末にかけてさらに増える見込みです。

今月は入会もすでに7名となり、3週目頃には入会をストップする予定です。

10月から始めた20代男性のお見合いお茶代を負担するキャンペーンも好調で、多くの問い合わせを頂いております。

関連記事

【20代男性限定】お見合いのお茶代負担キャンペーン開催中!

 

お見合い

人物名永島代表
お見合い場所でお相手を待っていた会員さんが、先日仮交際が成立したAさんにたまたま声をかけられたらしいです。

その時、マスクでよく顔が見えなかったこともあり今日お見合いのお相手Bさんかと思い、とっさにBさんの名前を呼んでしまいました

人物名坂田代表
これはやってしまいましたね。。。

Aさんともお見合いで1回しか会っていないので、間違えてしまったのは仕方がないかもしれませんが、Aさんからすれば印象が悪いですよね。


人物名永島代表
女性Cさんが、お相手の男性に職業を勘違いされてしまったようです。

職業についてはプロフィールに記載していたのですが、男性は「職場」だけを見て仕事内容を早とちりしてしまい、その体でずっとお見合い中もお話をされていたとか。

人物名坂田代表
プロフィールをちゃんと読んだら間違えないはずですよね。

Cさんは、交際へ前向きな気持ちにはなれないでしょう。

人物名永島代表
最初にCさんの職場をぱっと見て、勘違いしたんだと思いますが、ちゃんとプロフィールを読まないと印象は悪くなってしまいます

人物名坂田代表
お見合いの際、お相手女性の声が小さくて、話が半分ほど聞こえなかったらしいです。

少し騒々しいラウンジだったらしく、女性が人見知りだったことも重なって、お話が盛り上がるはずもなく終了してしまいました。

人物名永島代表
これは、人柄やフィーリングが合う以前の問題ですね。

お相手が聞きづらそうにしていたら、声のトーンを少しあげてみるなどの工夫が必要です。 

人物名坂田代表
逆に、声の大きい方もいますが、「デリカシーがない」「品がない」など不快な印象を与えてしまうこともあるので、注意しましょう。 

関連記事

お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント


 
 
人物名坂田代表
男性Dさんの件ですが、話が盛り上がったということで交際希望を伝えられましたが、お相手女性は「疲れたから」という理由でお断りの連絡が来ています。

お相手が疲れてしまった理由は、いろんな話を振っても全て男性Dさんの好きなことに話題を持っていかれるからとのことです。

人物名永島代表
男性からすると、話を盛り上げようと得意なジャンルに持っていこうとしたのでしょう。

単純に趣味の話をしたかったからかもしれませんが、どちらにせよ空回りしていますね。

人物名坂田代表
話もちゃんと振るなど、一応女性に対して気を使っていたのかもしれません。

ただ、
「自分のことを知ってもらいたい」
「話を盛り上げたい」
との気持ちから、自分のことを話しすぎてしまったのでしょう。

人物名永島代表
コミュニケーションは、お互いが楽しく思えるような話のバランス感が大切ですよね。

人物名永島代表
男性Eさんが、待ち合わせ場所で、お相手と合流できなかったことがありました。

女性が緊急連絡のメールで「姿が見当たらない」とEさんに伝えたり、女性の担当者から私に連絡が来て、私からもEさんに連絡したのですが、結局会えないまま解散したそうです。

人物名坂田代表
待ち合わせ場所は見晴らしが良いところなので、会えないはずがないですよね。
人物名永島代表
そうですね。

男性Eさんは私には連絡をくれたのですが、メールが来た時点で、女性と直接やりとりをするべきでしたね。

ただ待つだけではなく、「どちらにおられますか?私はこんな服でここにいます」と連絡したほうが良かったですね。

仮交際

人物名永島代表
女性Fさんはプロフィールに「読書好き」と書いていたので、お相手男性がFさんの好きな本や作家を調べてくれたそうです。

また、LINEで映画の話題になったところ、男性は予告などをチェックして、会った時に話題を振ってくれたと話していました。

人物名坂田代表
女性はそういうことをされるとすごく嬉しく感じます。

「会うのを楽しみにしてくれた」
「自分に興味を持ってくれている」
「会うためにいろいろ準備をしてくれた」
と感じますよね。

人物名永島代表
お金もかからないですし、男性はみんなやるべきでしょう。

関連記事

仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白


人物名坂田代表
女性Gさんのお相手ですが、自然に車道側へ立ってくれたり、お相手の自宅からh1時間以上かかる距離なのにGさんの行きやすい場所で会ってくれたり、お店も予約してくれるなどとても親切だったそうです。
人物名永島代表
エスコートのレベルがすごいですね。

女性への気持ちが伝わります。

人物名坂田代表
そうですね。

また、お見合いのときにはチョコレートも持ってきてくれたんだとか。

こういうことが自然とできる男性は、どんな人が相手でも上手く行くと思います。


 
 
人物名坂田代表
仮交際相手が3人いる女性Kさんですが、その3人としっかり向き合いたいからと、他のお見合いをすべてお断りしています。
人物名永島代表
次から次に出会おうとしているのではなく、今いる人と向き合っていますね。

もしかしたらこの3人とダメになる可能性もありますが、欲張らずに活動するのは良いことですね。

人物名坂田代表
見習うべき姿勢ですね。

今交際中の3人とダメになるかもしれないから、どんどん交際人数を増やしていこうと考える方もいますが、今そばにいる方と向き合うことが上手く行く近道のように思います

関連記事

結婚相談所(IBJ)の仮交際は何人までにすべき?


人物名永島代表
仮交際1回目のデートでお相手男性が、

「実は私LINEが得意じゃないのでマメに返せないのですが、決して興味がないというわけではないです。」

と伝えてくれたそうです。

人物名坂田代表
「LINEで盛り上がらない=興味ない・めんどくさい」と考えてしまいがちなので、伝えてもらえると安心できますよね。
人物名永島代表
そうですね。

さらに最近は初期に比べてLINEの頻度が高くなってきているようで、「苦手なのに頑張っているところが嬉しい」とお話していました。

これは「苦手」と伝えていたからこそ、印象が良くなっているということですよね。

関連記事

仮交際中の適切な連絡頻度は?メールやLINE(ライン)の重要ポイント


人物名永島代表
女性Lさんですが、お相手とランチをした後、少し時間があるからと散歩をしたそうです。

実はこの日、ランチの予定しか決まっていなかったのですが、Fさんが「自然の中を散歩することが好き」とプロフィールに書いていたので、散歩コースを事前に調べておいてくれたと話していました。

人物名坂田代表
プロフィールをちゃんと読んでいた上で、行けるかどうか分からない状態なのに調べて用意しておくなんて、素敵な男性ですね。
人物名永島代表
お金はかからずに誰でもできることですが、手間がかかるために準備をしない男性は多いですよね。

もちろん、男性への印象は非常に良かったと話していました。

人物名坂田代表
逆に何も準備をしてなかったために、時間を持て余した挙句つまらない男と思われ、交際終了となるのもよくあることです。

ぜひ事前に準備をしておきましょう。


人物名坂田代表
女性Mさんですが、お相手男性がとても忙しい方のため、ピンポイントで日時を指定されて、

しかも「1時間ほどお会いしましょう」と制限をつけられ、またお見合いをするみたいで気持ちが萎えたと話していました。

人物名永島代表
ピンポイントで指定されると印象は悪いですよね。

「今月は繁忙期で忙しいので、申し訳ないけどこの日しか空いてないのですが、大丈夫ですか?」のように伝えられたら、きっと印象は違っていたかと思います。

人物名坂田代表
クッション言葉って大切ですよね。

また、「Zoomでもいいからお話ししたいです」などと提案しても良いかもしれません。


 

人物名坂田代表
女性Hさんですが、デート中に、お相手男性がくちゃくちゃと音を立てながら食べる方だったそうです。

それを直してもらって付き合うか、諦めて終了するか迷ってる状態と話していました。

人物名永島代表
このパターンはとても多いですよね。

どれだけ一緒にいて楽しい、気が合うと思ったとしても、音が気になっては会話を楽しむことはできません。

男性に多いパターンなので、気をつけましょう。


人物名永島代表
女性Iさんの件ですが、お相手男性が仕事の愚痴や同僚の悪口ばかり話していたため、気持ちが萎えてしまったようです。
人物名坂田代表
それは男性の配慮不足ですね。
人物名永島代表
しかも、Iさんがハイヒールを履いているにも関わらず、日本庭園に行こうと誘ってきたんだとか。

結局Iさんが「別のところにしましょう」と伝えてショッピングをすることになりましたが、お互い気まずい雰囲気のまま解散してしまいました。

人物名坂田代表
女性はヒールでは歩けませんし、歩いたとしても傷だらけになるので、日本庭園のような場所は注意が必要ですね。

男性はこれに気が付かなかったため、予定が変わったことに疑問や不満を感じているかもしれません。

人物名永島代表
男性の気配りができていなかったことと、準備不足が招いた結果でしょう。

真剣交際

人物名永島代表
女性Jさんがお相手男性からプロポーズされた時のことです。

当然その場でOKをした後に、「断られるかと思って心配してた」と話す男性に対し、「実は担当者さんから事前に聞いてたよ」と伝え、2人で大爆笑したと嬉しそうに教えてくれました。

人物名坂田代表
男性としては恥ずかしいかもしれませんが、そんな状況を楽しめる2人は素敵ですね。
人物名永島代表
 
そうですね。

上手く行かない方はこれができません。

肩肘張らずの関係性を築けないので、なかなか成婚までいかないのでしょう。

人物名坂田代表
2人のキャラもありますが、このようなことで一緒に笑える関係性は素晴らしいと思います。

こういう女性は一緒にいて楽ですよね。

関連記事

結婚できる人の8つの特徴を現役カウンセラーが分析|上手く行かない人との違いは?


人物名坂田代表
女性Nさんがプロポーズについて、「指輪はいらないよ。言葉だけで十分。」と話していたんだそうです。 

数日後、男性がバラの花束を持ってサプライズでプロポーズしてくれたんだとか。

「もちろん指輪はなかったけど何も思わない。サプライズでバラを用意してくれたのが嬉しかった。」と話していました。

人物名永島代表
入会してから3ヶ月くらいの方ですよね。

全然お見合いもせずに、順調に交際をしているなと思っていたら、今月成婚退会が決まったとのことで驚きました。

人物名坂田代表
本人も「順調すぎてびっくり」と話しています。

お見合いも交際もすべて順調で、そのままストレートに成婚が決まったようなイメージですね。


人物名坂田代表
男性Oさんが事前にプロポーズの話をした時、女性に「指輪とか箱パカはいらないから、プレゼントをしてもらえるならずっとつけられる時計が良い。」と言われたそうです。

事前に候補の時計をお店で確認した上で別途購入し、プロポーズで時計をプレゼントしたと話していました。

人物名永島代表
結婚したら婚約指輪ってあまりつけませんし値段も張るので、よく使う時計が良いというのは素敵な考えですね。

また、それをちゃんと伝えられる女性も素晴らしいです。

人物名坂田代表
サプライズで時計を選ぶと失敗するかもしれませんし、女性も自分から「これがいい!」と伝えられないため、一緒に選ぶことがベストですよね。
人物名永島代表
そうですね。

また、サプライズとして指輪を購入する方もいますが、これはやめるべきでしょう。

数十万円する指輪は失敗した時のリスクが高すぎます。

人物名坂田代表
気まずい雰囲気にならないように、女性もしてほしいことがあるのなら、ちゃんと言うことが大切ですね。

言いづらいなら担当者経由で伝えてみましょう。

言ってくれたほうが男性は考えなくて済むので楽です。

人物名永島代表
一番ダメなのは、サプライズを任せておいて文句を言うことですね。

人物名永島代表
男性Pさんが、プロポーズのためにプロポーズリングを用意したそうです。

無事にOKをもらったから、婚約指輪は来週見にいく予定だと話していました。

人物名坂田代表
箱パカプロポーズするなら、プロポーズリングはいいですね!インパクトはありますし、2人にとっても良い思い出になるはずです。

関連記事

真剣交際からプロポーズまでの上手な進め方|タイミングや意識すべき大切なこと

まとめ

プロポーズの仕方ひとつとっても、様々なパターンがあります。 

今日の記事のように進んでいないからダメというわけではありませんが、上手く行くパターンやダメな事例は参考になるかと思います。

年内は残すところ3ヶ月です。

「年内中に成婚は無理かもしれない…」と感じるかもしれませんが、結婚相談所では3ヶ月でゴールが決まることも少なくありません

クリスマスなどのイベントもありますし、どのように過ごすのかが大切です。

成婚退会した人は、運命の人と出会ったから上手く行ったわけではありません。

上手く行く人は、自分から良い方向に持っていこうと努力をしています。

上手く行くか行かないかは、出会う人に左右されるのではなく、自分の問題であることを心に刻みましょう。

 

■関連記事一覧

お見合いのマナー|誰も教えてくれない本当に大切な10のポイント

仮交際のデートで重要な4つのポイント|頻度・場所・支払い・告白

仮交際中の適切な連絡頻度は?メールやLINE(ライン)の重要ポイント

結婚できる人の8つの特徴を現役カウンセラーが分析|上手く行かない人との違いは?

真剣交際からプロポーズまでの上手な進め方|タイミングや意識すべき大切なこと

 

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント