土日のフィードバック「6月1週目」

土日のフィードバック「6月1週目」
2022年6月10日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

先週末6月4日〜5日の土日は、お見合いが合計111件、うちオンラインは7件(全体の6%)、交際成立は42件(全体の38%)でした。

お見合い

男性Aさんのお見合い

<消化試合のお見合い>

» 土曜にお見合いが入っていたが、すでに別の仮交際中のお相手と真剣交際に進むことを決めていて、消化試合だった

» 日曜のデートで真剣交際の話をする予定で、お相手からも内示を貰っていて両想い

» 土曜のお見合い後、お相手女性からは交際希望だったが、「真剣交際に進む人がいるから」とお断り

人物名永島代表
お見合い相手の女性からは、「人当たりがよく、他人から好かれる方だと思った。ユーモアもあり、お話が上手で楽しかったです」と連絡があったんです。

これね、何がすごいって、すでにお断りを決めている消化試合だったのに、Aさんは手を抜いていないということなんですよ。

人物名坂田代表
仮交際のお相手とお互いに真剣交際へ進む意思確認もできているから、失敗もないはずとわかっているのに、土曜のお見合いもちゃんとやったんですよね。

こういう人はレベル高いですよ。

人物名永島代表
真剣交際に進める人は、こういうことができますよね。たとえ消化試合でも、ちゃんと準備をしっかりして、相手を楽しませられる
人物名坂田代表
できる人は、誰に対してもできるんですよ。すごいです。
人物名永島代表
お見合いのお相手女性もね、素敵な人だったんです。お話も趣味も合って、仮交際に進めたら嬉しいと思う女性ですよ。

でもAさんは迷わずにお断りして、決めていた人と進むっていうのは偉いです。

人物名坂田代表
できない人は、迷いますよね。

やっぱり進んでみてもいいですか?とか、真剣交際進むつもりだったけど、今から延期してもいいですか?とか(笑)

そうやって二兎を追って両方から断られちゃうパターンも実際あります。

大切なポイント
・成婚退会できる人は、消化試合でも手を抜かずにしっかり準備している
・どっちつかずの態度で両方から断られるパターンもある

 


 

女性Bさんのお見合い

» お相手男性について、人の良さは感じたけど、「自分の都合に合わせてくれる人を探している」ような印象を受けて、お断り

» 「こんな年齢でいいですか?」と最後に言われて、わかって来ていますよ、と思った

人物名坂田代表
こういう人いるんですよね。40代の女性と50代の男性のお見合いだったんですが、男性は自分に自信がないんだと思います。

自分を受け入れてくれるかどうかをすごく気にする感じというか。

人物名永島代表
「料理できないんですけどいいですか?」とか、そんな感じですよね。

たぶん本人はまったく自覚がなくて、謙虚なつもりで言ってるんだけど、そうは捉えられないんですよ。ただ自信がないだけに見えてしまいます。

人物名坂田代表
自分を卑下しすぎてて、自己肯定感が低いと思われますね。
大切なポイント
・自分のマイナスポイントを卑下しすぎるのは、自信がない人と思われる

関連記事

婚活の本質「レベル上げ」で意識すべき7つのポイント


 

女性Cさんのお見合い

» お相手男性とお話している中で、私のことバカにしているんだろうなと感じる場面が何度もあった

» 「しばらくは自分と会うために時間を作ってほしい」と言われたり、「お互いインドアだからお家デートですね」と早々にプランを決められて、嫌だった

人物名永島代表
これ、男性はそんなつもりじゃないと思うんですけどね〜。気にしすぎかもしれません

ちょっと、喋り方とかイキってる感じだったのかな。

人物名坂田代表
主導権を握りたいタイプなんですかね。

上から目線で、選ぶ側になっちゃってるというか。昔の言葉でいうと「亭主関白」みたいな。

人物名永島代表
選ぶ側のつもりはなくても、そういう立ち位置にいたい人もいるんですよね。
人物名坂田代表
でも、お見合いはそれじゃうまくいかないですよ。「選ばれる努力」をしないとダメです。
大切なポイント
・お見合いでは、選ばれる努力をしないと、選んでもらえない

 


 

女性Dさんのお見合い

» 仕事の話をして、お互いの考え方が近いと思ったし、将来的なことも見据えて行動していることがわかって、尊敬できると思った

» ただ、連絡不精だと自覚があるそうで、「束縛されたくない」と言われた

»それを言われると、なかなか将来について考えていくのが難しいと感じた

人物名坂田代表
これもさっきの話につながりますけど、自分に合わせてくれる人を探しているんですよね。

本人はそういうつもりで言っているんじゃないだろうけど、フォローがないとダメですよ。

「LINEで逐一お互いの行動を報告するのとかは苦手だけど、週1回は電話したい」とかね。

人物名永島代表
そう。フォローがなくて自分の希望を言ってるだけだから、結局、自分に合わせてくれる人を探しているんだと捉えられちゃうんですよ。

そもそも、束縛されたくないって、婚活で言っちゃうのは良くないですね。

人物名坂田代表
良くないです。誰しも束縛なんてされたくないですよ。でもあえて「束縛されたくない」って相手に言うってことは、

自由でいたいんだな、という印象になります。それって、結婚の本気度が低いように感じられますよね。

このワードは言わないほうがいいですよ。

大切なポイント
・自分の希望を言うときは、フォローも必要
・「束縛されたくない」は婚活の場で言うべきことではない

関連記事

お見合いの正しいアピール方法を具体例付きでわかりやすく解説


 

オンラインでもOK!来店予約はこちら

仮交際

男性Eさんの仮交際

» ずっとアプリを使って婚活をしてきて、今年の3月に結婚相談所に入会

» アプリでもいろんな人と交際してきたが、結婚相談所で出会う女性のレベルの高さに驚いている

» 女性のほうからお店を提案してくれたり、予約をしてくれたり、アプリでは考えられなかった

人物名坂田代表
結婚相談所はカウンセラーが個々にアドバイスしますから、そういうことをする女性が多いというのはあるかもしれません。

最近とくに、女性でも予約したりする人が増えてきていますね。

人物名永島代表
アプリではまだなかなかいないでしょうね。

女性でもそこまでしないと、ライバルに勝てないということです。

人物名坂田代表
たぶんそういう女性はライバルも多いので、Eさんも終了されないように頑張るとおっしゃっていました。
大切なポイント
・女性でも、お店を提案したり予約したりするのは好印象
・最近はライバルに差をつけるために、そういう女性が増えてきている

関連記事

【婚活相談】予約なしのお見合い、女性はどうするべき?|30代女性

 


 

男性Fさんの仮交際

<お相手から持病の告白>

» 4回目のデートで、お相手女性から持病を打ち明けられた

» 一瞬どうしようか迷ったけど、持病についてこちらが気になりそうなことを自分から話してくれて、とても信頼できる方だと思った

» 自分も将来病気になる可能性はあるし、その時に病気を理由に離婚される相手とは結婚したくない、ととっさに思って、受け入れることができた

» 一緒にいるのも苦じゃないし、真剣交際を見据えて交際を続けていきたい

人物名永島代表
通院の頻度とか、出産にどれくらい影響があるのか遺伝性があるのかとか、話してくれたそうですよ。それで、「信頼できる」と感じたとおっしゃっていました。

打ち明けられたほうは、とっさに何を聞けばいいかわからなかったりしますから、ありがたいですよね。

人物名坂田代表
いい話ですね。まだ真剣交際は決まっていないけど、もう秒読みかなって感じです。そこまで深い話ができたのなら、もうこのままいきますよ。
人物名永島代表
病気の程度にもよると思いますけど、そんなに重い感じではなかったみたいで。

年齢重ねると、誰でも病気のリスクは出てきますからね。今は健康でも、結婚して今度は自分が病気になったときのことまでとっさに考えられたというのは、すごいですよ。

人物名坂田代表
そうですよね。自分が将来、相手を上回る病気を抱える可能性だって十分にありますから。

自分が今回受け入れることができたことで、もし将来そうなっても、相手もきっと受け入れてくれる、と思えますよね。

お互いに健康だったらわからないし、なかなか考えが及ばないことですよ。

大切なポイント
・持病を打ち明けるときは、相手が気になるポイントを先回りして伝えると良い
・病気は誰にでもリスクがあること。将来自分もなるかもしれないので、相手を受け入れる姿勢は大事

関連記事

成婚対談No.10-1「持病の話は、デメリットを強調しました」


オンラインでもOK!来店予約はこちら

真剣交際

女性Kさんの真剣交際

<お相手のお母さんと食事>

» 両親挨拶の前に、お相手のお母さんと食事をしてきた

» お母さんが喜びそうな手土産をお相手男性に聞いておいて、会った瞬間にお渡しして、すごく喜んでもらえた

» 食事中もフランクで、優しいお人柄が伝わって、安心できた

» 「いつでも家に遊びに来てね」「結婚式の要望、わがまま言ってね」「息子のことで嫌なことがあったら相談してね」など言ってもらえて、心強いと思った

人物名坂田代表
大成功ですね!

まずは事前リサーチしておいた手土産で、先制攻撃だったんですね(笑)すごいです!

人物名永島代表
外堀から埋めていくってのも良いかもしれませんね。お母さんに気に入ってもらえれば、大丈夫ですよ。

お母さんが反対することが多いですから、今は。

人物名坂田代表
お父さんがお堅い人だったり、反対しているような感じだったら特に、この作戦は良いかもですね。まずはお母さんを味方につけようってことで。
人物名永島代表
成婚退会も近いと思いますよ。

このまま結婚が決まって両親に挨拶の時も、もう初めましてじゃないから心強いですよね。

大切なポイント
・プロポーズの前に、お相手のお母さんとお食事に行くのはアリ
・お相手のお母さんに気に入ってもらえれば、心強い

関連記事

真剣交際でやるべき7つのポイント|成婚退会した人が実際にやったこと

オンラインでもOK!来店予約はこちら

番外編

人物名坂田代表
番外編は、「真剣交際についての考え方って、人それぞれ違うよね」というお話です。

真剣交際=結婚」って考えている人が結構多いんですよね。結婚相談所がそう言っている可能性もありますが。

でも中には、「良いなと思ったら1対1に進んでみたらいいんじゃない?」って感じで、真剣交際=結婚とは思っていない人もいるわけです。

人物名永島代表
どっちが良いってわけじゃないけど、その両者が出会うと、同じタイミングで真剣交際に進もうとは思わないですよね。

お互いのスケジュール感の確認も必要なんですけど、全体的なスピード感というのも、仮交際中に確認しておくべきだと思います。

人物名坂田代表
どちらかというと、男性のほうが「とりあえず進んでみる」って人が多い印象ですね。だからこそ、「3回目だからそろそろ進みませんか?」って言っちゃったりする。それは、確かに間違いではないんですけど…

真剣交際=ほぼ結婚みたいに考えている女性からすると、「まだ何も話せていないのに、この人何考えてるの?」って思っちゃうわけです。

担当者に聞いて、お相手のスピード感を聞いてから進めたほうがいいですね。

人物名永島代表
担当者経由でお伺いするというのは、大切です。「真剣交際をどれくらいの重さで考えてますか」って、本人に直接はなかなか聞きづらいですし。

自分が適当に考えてる感が出ちゃいますしね。笑

人物名坂田代表
言い方を間違えると、変に捉えられたりしますね。

軽く捉えている人が言うと適当感が出るし、逆に重く捉えている人が言うと「重いな…」って感じが出るし、直接聞くのはなかなか難しいですよ。

人物名永島代表
お互いのスピード感が違う場合は、「真剣交際=結婚」と思っている人に合わせないと上手くいかないですね。

真剣交際にいきたいなと思ったら、担当者経由で相手のスピード感を確認しましょう。

人物名坂田代表
でも、「良いと思ったら進んでみる」というのも大事ですけどね。

「この人と結婚する!」までいかなくても、結婚前提にお付き合いができそうだったら進んでみる、っていうくらいの気持ちで良いかもしれません。

イノセントでも過去に何度も例があるんですよ。真剣交際を言われたけど決めきれなくて保留にして、いざOKしようと思ったら、相手が別の人と進むことになって振られてしまったとか、そういうケースが結構あります。

大切なポイント
・真剣交際に進むスピード感は、いろんな考え方の人がいる
・仮交際中に、担当者経由で相手のスピード感を確認しておくと良い
・良いなと思ったら進んでみる、というくらいの気持ちも大事

関連記事

IBJで真剣交際に進むタイミングは?仮交際で確認すべき5つのこと

オンラインでもOK!来店予約はこちら

フィードバックをあなたの婚活に活かそう

他の人の婚活状況を聞ける機会はあまり無いので、読んでいるだけで皆頑張っている!一人じゃない!と勇気をもらえますよね。しかしフィードバックを読んで共感はできるけど、自分の婚活にどう活かせばいいのか分からずにいる方も多いのでは無いでしょうか。

 上手く行っていないのであれば何かを変える必要がある!

イノセントでは毎週100件以上のお見合いが行われ、年間の成婚数も70組以上。 毎週蓄積される多数の事例から、あなたが悩んだ時、困ったその時にカウンセラーからのアドバイスを受けることができます。

ゼクシィやオーネットなどデータマッチング型の婚活サービスを利用中の方や、結婚相談所での婚活が上手くいかないと感じている方は、ぜひ1度結婚相談所イノセントへお問い合わせ下さい。

 あなたの婚活を徹底的にサポートします!

経験豊富な男性カウンセラーからのアドバイス、イノセント会員同士でコミュニケーションが取れる会員専用コミュニティなど、あなたの婚活を徹底的にサポートする環境を用意してお待ちしております。 ぜひ私たちと一緒に本気で婚活をしてみませんか。

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

 

■関連記事一覧

婚活の本質「レベル上げ」で意識すべき7つのポイント

お見合いの正しいアピール方法を具体例付きでわかりやすく解説

【婚活相談】予約なしのお見合い、女性はどうするべき?|30代女性

成婚対談No.10-1「持病の話は、デメリットを強調しました」

真剣交際でやるべき7つのポイント|成婚退会した人が実際にやったこと

IBJで真剣交際に進むタイミングは?仮交際で確認すべき5つのこと

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com

おすすめ記事

  • 土日のフィードバック「11月2週目」
  • 土日のフィードバック「11月1週目」
  • 土日のフィードバック「10月5週目」
  • 土日のフィードバック「10月4週目」
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.