成婚退会者へのインタビュー – 30代男性 なかむら様 前編

成婚退会者へのインタビュー – 30代男性 なかむら様 前編
2021年1月9日
結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太
【執筆】坂田啓太

結婚相談所イノセント代表

こんにちは!結婚相談所イノセント、代表の坂田です。

今回、イノセントで活動されていた30代男性のなかむらさんにインタビューをさせていただきました。

なかむらさんは2019年4月に結婚相談所イノセントに入会、2020年3月末に成婚退会されました

婚活パーティやマッチングアプリの婚活を経て、結婚相談所への入会を決めたきっかけや、女性への向き合い方婚活の成功の秘訣などもお伺いしましたので、

現在婚活中の方は非常に参考になる内容となっております。ぜひ最後までご覧ください。

婚活パーティーから婚活スタート

人物名坂田代表
なかむらさん、お久しぶりです!
本日はよろしくお願いします。

さっそくですが、なかむらさんが婚活を始めた経歴を教えていただけますか?

人物名なかむらさん
よろしくお願いします!
婚活を始めたのは、2013年ごろからですかね。

24、5歳の頃から活動しています。

人物名坂田代表
その頃は、マッチングアプリなどはなかったですよね?
人物名なかむらさん
そうですね。

婚活パーティがメインとして盛り上がっていました。

当時は、なんとなく次に付き合う人と結婚したいなと思って婚活をしていましたね。

人物名坂田代表
婚活パーティーはどうでしたか?
人物名なかむらさん
1年数カ月付き合った方がいたのですが、お相手に結婚願望がなく、うまくいきませんでしたね。

その方とお別れして以降のパーティーでは、マッチングアプリが有名になってきたこともあってか参加人数が徐々に減ってきている感じがして。

人物名坂田代表
なるほど。

ずっと活動してるからわかることですね。

人物名なかむらさん
そうなんです。

また、当時1番盛り上がっていたのは20代限定の婚活パーティーだったのですが、自分が28、9歳になると高年齢と捉えられてあまり上手く行かず…。

かといって30代を含めたパーティに行っちゃうと、40歳に近い人もたくさんいるので、自分に合わないなとも感じました。 

関連記事

婚活パーティーのアピールで知っておくべき大切なポイント|自己PRやプロフィールなど

マッチングアプリでの活動をスタート

マッチングアプリで活動を始めたなかむらさんですが、思っているような活動ができなかったそうです。

婚活パーティーからマッチングアプリへと移行

人物名坂田代表
婚活パーティーでは手応えを感じられなかったので、イノセントに入る2年前にアプリへ移行したと。

戦う場所を変えたのは正解だと思います。

アプリでの活動はどうでしたか?

人物名なかむらさん
「Pairs」「Omiai」「with」など、いろんなアプリを使いましたね。

マッチングはするのですが、婚活パーティで出会うよりも、お相手との繋がりが薄かったです。

デートの約束をしていたのにLINEをブロックされたり、ドタキャンをされることも多く、自分の気持ちがすさんでいきました

人物名坂田代表
それはそうなりますよ。
人物名なかむらさん
たとえ良い方がいたとしても、紳士な対応ができなくなってきて…。 
人物名坂田代表
この女性もどうせ…って思っちゃいますよね。
人物名なかむらさん
一番衝撃を受けたのが、デート後にお相手女性の要望で近所まで送った時の話です。

その後なんとなく違和感を感じてアプリを確認したら、ブロックされていました

「家の近くまで送らせたのに、なんでそんなことするの?」って思いましたね。

人物名坂田代表
人によっては怒って何かしでかしそうですね。

なかむらさんが良い人なので、なめられたのかな。

関連記事

婚活うつになる人の4つの特徴と婚活疲れ対策

マッチングアプリは無法地帯

人物名坂田代表
他に悲しい経験はありましたか?
人物名なかむらさん
出会って2週間で付き合ったお相手と、2回デートをした後に振られました。

アプリでは「付き合う=お試し期間」という感じなのかなって思いましたね。

人物名坂田代表
次付き合った人と結婚しようと思ってたのであれば、それはつらいですよね。
人物名なかむらさん
いや、私も心がすさんでいた時期で、軽い部分もありましたからね。

あとは、音信不通になった人から半年後くらいに連絡が来たり。

連絡は嬉しかったのですが、デートを重ねてもなかなか自分が上手にお相手にアプローチできなかったんです。

それが原因でかお相手にも愛想を尽かされ、結局フェードアウトされてしまいました。

人物名坂田代表
マッチングアプリはあらゆる意味で気軽ですからね。
人物名なかむらさん
明確なルールが決まっていないのは、アプリの難しさだと思います。

アプリが一番の無法地帯じゃないでしょうか。

マッチングアプリは条件に合う人を探しづらい

人物名なかむらさん
結婚相談所に入る直前に、最後の砦と思って女性が有料のマッチングアプリ(ゼクシィ縁結び)に登録しました。

何人かとデートすることもありましたが、あまり印象には残ってないですね。

人物名坂田代表
有料なので登録女性も少ないですよね。
人物名なかむらさん
その分真剣度が高い方は多かったのですが、そこまで結婚願望がない方もよく見かけました。

また、結婚願望があっても、いつまでにしたいのかなどの温度感が噛み合いませんでしたね。

人物名坂田代表
そこの調整は、アプリだけではできないですからね。
人物名なかむらさん
そうですね。

アプリは隠せる情報も多いので、希望する条件の方と初めから出会える訳ではありません。

何度かデートした方で、「片親だから仕送りをしている」と話す女性がいたのですが、仕送りはどれくらいの額で結婚後もしないといけないのかなどの話がしづらかったです。

人物名坂田代表
結婚相談所だとカウンセラーを通じてやってもらえる話ですね。

アプリは自分で行うしかないので、成婚までに時間がかかります。

関連記事

結婚できる人の8つの特徴を現役カウンセラーが分析|上手く行かない人との違いは?

アプリで2年間活動したが上手くいかなかった

人物名坂田代表
それでアプリを2年間くらいやったけど、上手くいかなかったと?
人物名なかむらさん
そうですね。

だらだらやっていたので、むしろ婚活パーティで活動していた時のほうが、上手く行っていた気がします。

アプリでの活動中は、自分の誠実さが失われていたのかもしれません。

人物名坂田代表
アプリの登録者はプロフィールなどを盛っている人が多いので、なかむらさんみたいな誠実な人は苦労しますよね。

アプリだと、出会う前に表面的なステータスで切られてしまいますから。

人物名なかむらさん
そうですね。

例えば、恋愛経験がないと嘆いている人は、アプリよりも婚活パーティに行くのがいいかもしれません。

嫌でも相手と話せるので場数も踏めますし。

人物名坂田代表
婚活パーテイは出会った人と即デートもあり得ますからね。

そういう意味では修行になると思います。

ただ、アプリで1ヶ月活動するのと、婚活パーティ1回(1~2時間)が同じくらいの費用なので、アプリよりお金はかかりますけどね。

人物名なかむらさん
もっと言えば婚活パーティって、30人で開催されることもあれば、行ってみたら5対5の少人数だったということもあるので闇が深いと思います。

坂田さん達が、そういう業界を変えようとされているのは素敵だなと思いました。

結婚相談所イノセントに入会

なかむらさんは、婚活パーティー、マッチングアプリを経験された後、イノセントの門を叩いたそうです。

結婚相談所のイメージ

人物名なかむらさん
当時は女性有料のマッチングアプリには人数が少ないがゆえに、自分が思うような人と出会えませんでした。

当時、「〇〇までに彼女ができなければアプリをやめよう」という期限を決めていたので、次にどんな活動をするのか考えていて。

ただその時点では、結婚相談所に対してマイナスイメージを持っていました。

人物名坂田代表
昔ながらの結婚相談所という感じですか?
人物名なかむらさん
そうですね。

失礼ですけど、結婚できなかった人たちの駆け込み寺みたいな。

ただ、自分もそういう時期なんだろうなとは思いました。

関連記事

結婚相談所は「恋愛感情は無視、古臭い、堅苦しい」のイメージと現実

イノセントに入会した理由

人物名坂田代表
結婚相談所はたくさんありますが、どうしてイノセントに決めたのですか?
人物名なかむらさん
Twitterで、自己肯定感の重要性を話す「kanaoda」さんという方がいまして。

よくつぶやきに共感していたのですが、その方がちょうどイノセントを絶賛されていました。

当時、イノセントには同性・同世代の坂田さんがいたので、自分の気持ちをわかってもらえるのかなと思い、無料相談を受けることに決めましたね。

人物名坂田代表
そうだったんですね。
人物名なかむらさん
無料相談では、坂田さんに婚活のシステムについて説明していただいて。

お試しで検索をさせてもらったら、自分の希望条件で検索したときに当てはまる女性が、関西で1500人~2000人程いたのに驚きましたね。 

人物名坂田代表
結婚相談所でなかむらさんの年齢なら、それくらいだと思います。
人物名なかむらさん
当時は、こんなに有利なんだって衝撃を受けましたよ。

女性もイメージ以上にきれいな方が多く、坂田さんの人柄も話しやすかった上、料金も予算以内で。

お見合い申込数も無制限ですし、もうイノセントでいいんじゃないかと決断しました。

人物名坂田代表
それで4月から入会されましたね。

そのときはもう婚活を最後にしようと?

人物名なかむらさん
覚悟はしてましたね。

結婚相談所は合う合わないがあるから、とりあえず1年は頑張って、無理だったらそれからまた考えようと思っていました。

ただ、イノセントで決めたいとも思ってましたね。

入会後、仮交際中に交際終了した

イノセントに入会したなかむらさんですが、ある3つの理由からお相手女性に交際終了を告げられたそうです。

お見合いを多数こなしていた

人物名坂田代表
入会後、よくお見合いが決まっていましたよね。
人物名なかむらさん
そうですね。ただ、僕には入会バブル(新会員にお見合いが殺到すること)がありませんでした。

そのため、坂田さんに自分を「お気に入り登録」している方を教えてもらい、その方々に申し込むことをやっていましたね。

人物名坂田代表
そうでしたね。
人物名なかむらさん
実は1回目にお見合いしたお相手が、あまり盛り上がらなかったにもかかわらず、仮交際に進みました。どこまでOKして良いのか、自分の中で基準もわからなかったので。

その後イノセントの会員さんと会った時に、お見合いの時点で仮交際が内定しているようなやりとりができて。

イノセントの方は素敵でしたね。 

関連記事

お見合い申し込みで返事がこない理由と成立させるポイント

ある女性から3つの理由で交際終了を告げられる

人物名坂田代表
残念ながらその方とは終了されてしまいましたよね?
人物名なかむらさん
そうですね。6回くらいお会いした後、お断りの連絡が来ました。 
人物名坂田代表
理由は何でしたか?
人物名なかむらさん
共働き問題ですね。

私はお相手女性に「共働きは必須」だと言ってしまったのですが、ライバル男性は「あなたに任せるよ」とすごく思いやりのある言葉を伝えたらしいです。

人物名坂田代表
女性からすると、そう言われるのが一番楽ですよね。
人物名なかむらさん
そうですね。また、自分が元カノの話をしすぎたこともあります。

恋愛経験がなかった方なのですが、いろいろ話してしまっていました。 

人物名坂田代表
なかむらさんからすると、自分の経験談を悪気なく…という感じですね。
人物名なかむらさん
そうですね。

ただ、元カノをひきずっていたのも事実です。

それが理由で、別件でもお断りされたことがあります。

人物名坂田代表
いろいろありましたね。私からも「伝え方は工夫したほうがいい」と具体的な話し方などをアドバイスしたのを覚えています!

関連記事

婚活でモテない人の共通点とは?今すぐ非モテから脱却する方法

人物名なかむらさん
また、仮交際中の女性にTwitterの婚活アカウントがバレてしまったことも、お断りの決め手になりました。

お相手は私がTwitterをしてることは知らず、アカウントを見つけてつぶやきを読むうちに、「これ私のこと?」と気付いちゃったんですね。

人物名坂田代表
そんなこともありましたね。
人物名なかむらさん
そうですね。

今はすべて消しましたし、心は入れ替えました。

当時は、アプリで上手く行かなかったやさぐれ時期のツイートもばっちり残ってましたね。

人物名坂田代表
ツイート自体はいいのですが、特定されるようなことを書くのは良くないですよね。
人物名なかむらさん
そうですね。

もしやってる方がいれば、十分に気をつけていただきたいです。

このように「3アウト」を決めてしまったので、女性ももう一人のライバル男性と比較して終了となりました。

別の女性と真剣交際に進む

仮交際が終了した後、なかむらさんは別の女性と真剣交際に進みましたが、まだまだ波乱のまくあけです。

2度目の申し込みでお見合い成立

人物名坂田代表
たしかその後、別の方と真剣交際に進みましたよね。
人物名なかむらさん
最初に申し込んでお断りされた方ですね。

再度申し込んだらOKされて、交際がスタートしました。

人物名坂田代表
それは、たまたま同じ人に申し込んだんですか?
人物名なかむらさん
いえ、申し込みたい人が一巡してしまったので、2周目にいこうかなと。
人物名坂田代表
女性も申し込みが多く、タイミング的に仕方なくお断りすることもありますからね。

2~3ヶ月経ってるなら、同じ人に申し込んでも問題ないと思います。

人物名なかむらさん
他の方との真剣交際を終えられたタイミングだったので、OKをもらいました。

関連記事

お見合いの正しいアピール方法を具体例付きでわかりやすく解説

もやっとしたまま真剣交際へ

人物名坂田代表
お見合いの印象はよかったですか?
人物名なかむらさん
そうですね。

ただ、真剣交際が見えた段階で「結婚したらこうしたい」という気持ちが強い方だというのがわかりました。

戸建ての家を買って犬は2匹飼い、できれば自分は子育てに専念して…という考えを持っていましたね。

人物名坂田代表
良いところの方ですね。

実家住まいの感覚だと思います。

人物名なかむらさん
その考えを聞いた時、叶えてあげられるのか不安に感じました。

自分は軽い動物アレルギーですし、子供が生まれたときにペットを大事にできるのかなど、話はなんとなくしたのですが、うやむやのまま真剣交際に進みましたね。

人物名坂田代表
その状態でどうして真剣交際に進んだのですか?
人物名なかむらさん
もともと3アウトで終了を告げられた件(Twitter事件)でうちのめされ、追い詰められていました。

お相手の願いを叶えてあげる器量がないと結婚できないのかな…と自分を変に追い詰めてしまって

お相手女性も同じ考えだったので、「結婚するならこれくらい妥協しなきゃ」と消極的に真剣交際に進みました。

真剣交際で衝突の末、交際終了

人物名なかむらさん
真剣交際中になると、より踏み込んだ話をしていく中で衝突が増えましたね。

お互いに結婚に対する気持ちが強くて、僕も我が強い方だと思うので。

人物名坂田代表
最終的にはどういう理由で終了したのでしょうか?
人物名なかむらさん
ブーメランになるんですけど、「元彼の話が多かったから」ですね。

自分は外に出かけるデートが好きでしたが、お相手はインドアの方で。

「毎回外に出るのはしんどい。元カレのときはもっとこうしてた」と言われたので、「家で料理デートはどう?」と提案しました。

人物名坂田代表
お互い納得のいくような案を出したんですね。
人物名なかむらさん
そうなんです。

ただ、それも元彼の話を出されながら嫌がられてしまい、僕もカチンときて喧嘩が勃発してしまい…。

そこで、一度リセットしましょうと終了しましたね。 

人物名坂田代表
なるほど。

でも、そこまでいろいろ話せたのは良かったと思います。

何もできずに終わっちゃう人もいるので。

後編へつづく

さて、Twitterアカウントがバレて交際終了に続き、一度お断りされた女性に再アタックで上手く行ったかと思いきや真剣交際で終了、という波乱万丈ななかむらさんの婚活ですが、さてさてどうして成婚退会まで進めたのでしょうか。

後編もぜひご覧ください。

成婚退会者へのインタビュー – 30代男性 なかむら様 後編

 

■関連記事一覧

婚活パーティーのアピールで知っておくべき大切なポイント|自己PRやプロフィールなど

婚活うつになる人の4つの特徴と婚活疲れ対策

結婚できる人の8つの特徴を現役カウンセラーが分析|上手く行かない人との違いは?

結婚相談所は「恋愛感情は無視、古臭い、堅苦しい」のイメージと現実

お見合い申し込みで返事がこない理由と成立させるポイント

婚活でモテない人の共通点とは?今すぐ非モテから脱却する方法

お見合いの正しいアピール方法を具体例付きでわかりやすく解説

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

結婚相談所イノセント代表 坂田 啓太

1985年生まれ。結婚相談所イノセント代表。
婚活が上手くいかない会員さんに対して、上手くいかない原因と解決策、取るべき行動などを戦略的にアドバイス。
徹底したサポートと戦略で、短期の成婚退会に導く。
結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティーのアドバイスも行っている。
Twitter、Instagramでも情報を積極的に発信。不定期で「婚活セミナー」を大阪・東京で開催。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(渋谷)サロン:
    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6西田ビル5F
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:072-200-2829
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
プロが教える。結婚相談所の活用ポイント