心療内科医監修「自分を好きになる方法」は3つの”比べない”がポイント

心療内科医監修「自分を好きになる方法」は3つの”比べない”がポイント
2021年8月30日
結婚相談所イノセント 内田 さやか
【執筆】内田さやか

結婚相談所イノセント
心療内科医

こんにちは!心療内科医の内田さやかです。

今日のテーマは「自分を好きになる方法」

自己肯定感といいますが、

自分が存在していいんだ
自分は価値のある存在だ

という気持ちのことで、専門的には「自尊心」と言います。

この自尊心が小さく、なかなか婚活でも上手くいかない方が多いようです。

ではどうすれば「自尊心を高める=自分を好きになる」ことができるのでしょうか。

今日は2つの方法をご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

関連記事

心療内科医「内田さやか先生」の紹介記事

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

過去、他人、親とは比べない

人物名坂田代表
自尊心を高める方法って、心理学的に何かあるんですか?
人物名内田先生
あります!今日は、ふたつご紹介させていただきます。

まずひとつめは「過去、他人、親とは比べない」ということ。

人物名坂田代表
聞いたことあります!
人物名内田先生
これは漫画家のみうらじゅんさんがおっしゃっていた「比較三原則」なのですが、そのままの意味で、

①過去と比べない
②他人と比べない
③親と比べない

という意味の言葉です。

人物名坂田代表
めちゃくちゃ大切ですよね。
人物名内田先生
そうなんですよ。過去に嫌なことがあったとか、あの人は美人でうらやましいとか、私はこうやって育てられたとか、言っててもなかなか前に進めないんですよね。

「自分は自分」という視点が大切なので、他と比較しちゃダメ。手放せたら楽になるよ。ということなんです。

人物名坂田代表
過去も比べたらダメなんですか?過去と比べて良くなろうとすることって、良いような気もしますが。
人物名内田先生
もちろん、他者と比較すること、過去と比較することによって、自尊心が高まるってこともあります。

でも、自尊心を低下させる作用も持ってしまっているんです、比較ってものには。

人物名坂田代表
たしかに、過去のことを考えている時点で、若干ネガティブですよね。
人物名内田先生
それもありますね。過去って結局は今じゃなくて、過ぎ去ったことなんですよね。

たとえば過去の恋愛や成功体験にしがみついていても、それは過ぎ去ったものなので、今と未来はどうするの?と考えてみてほしいです。

肯定してくれる人の近くにいること

人物名内田先生
自尊心を高める方法としてもうひとつ意識していただきたいのが、自分を肯定してくれる人の近くにいること。
人物名坂田代表
すごく単純ですけど、効果ありそうですね。
人物名内田先生
私たちって周りの人に影響されるから、たとえば自分を否定してくる人の近くにいると、自信がなくなって、自分を肯定できなくなっちゃう。

でも逆に、どんな自分でも受け入れてくれる人とか、肯定してくれる人と話していると、それだけで楽ですよね。
自分はこれで良いんだって思えたり。

人物名坂田代表
自分を肯定してくれる人と一緒にいると、自分も自分を肯定できるようになるというのは、たしかにわかりやすいですね。自信がつくというか。
人物名内田先生
そう、だから人間関係の振り返りはとても大事です。

もちろん、親も含まれます。

人物名坂田代表
親なんてすごく近いから、めちゃくちゃ影響受けますよね。
人物名内田先生
そうなんです。いつも自分に対して嫌なことばかり言うとか、その進路は良くないと否定ばかりしてくるとか、何をしても応援してくれないとか。

そういうときは残念だけど、たとえ親でも距離を取ったほうが幸せになれたり、自分を肯定できたり、ひいては自分を好きになれるということに繋がると思います。

自分のものさしを持つことが大切

人物名坂田代表
ちょうど昨日、新規の入会希望で連絡をくださっていた方から、「やっぱりやめます」と連絡があって。
人物名内田先生
あら、残念ですね。
人物名坂田代表
どうしましたか?と聞いたら、「またコロナの波が来るから、やめておいたら?と親に言われた」と言うんですよ。

自分で考えてやめると決めたなら良いんですけど、親に振り回されて大切なことを決めてしまうのは良くないと思いましたね。

しかも本人は「親にちょっとアドバイスをもらった」くらいにしか感じていなくて、深刻さがわかっていなかったので、ちょっと怖いなと思いました。

人物名内田先生
そうなんですよね。そういう人を「知性の発達段階が低い」と言ったりするんですけど、ものさしが他者になってしまっているんですよ。

親とか会社とか、社会のルールだったり。そういう自分のものさしを持てていない人は、周りに依存してしまったり、従属的になっちゃうことがあります。

人物名坂田代表
婚活においては特に、親は責任を取ってくれないですからね。

関連記事

親離れできない女性の特徴と自立するたった1つの方法

人物名内田先生
他人からの評価を気にしすぎる人っていうのは、承認欲求が強い傾向があります。

親から評価されること、会社から評価されること、ばかりに目が行っちゃうと、自分の幸せとか、自分の好き嫌いとかが曇ってきちゃうんですよね。

自分がおいてけぼりになるというか。

人物名坂田代表
本当に大事なことを後回しにしちゃったりしそうですね。
人物名内田先生
だから、他人とかコミュニティに委ねた生き方をしていないだろうか?ちゃんと自分を持てているだろうか?ということは振り返ってほしいです。

それこそ、

・自分がわからない
・自分に自信がない
・自分が好きじゃない

という部分に繋がってしまうのかなと思います。

現状を受け入れたうえで、アップデートさせてもいい

人物名坂田代表
今日のテーマでもある「自分を受け入れる」ですが、自分を知ること以上につらい場合もあるんじゃないでしょうか?

頭ではわかっていても、「よし、受け入れよう」って簡単に切り替えられない気がします。

人物名内田先生
「自分を知る」「自分を受け入れる」と段階的に見ていらっしゃるところは、するどいです。さすがです。

「知る」があった後に「受け入れる」があるんですよね。

間違いなく「知る」よりも「受け入れる」のほうが未来であって、より高度なステップと言えます。

人物名坂田代表
たしかに!
人物名内田先生
だからコラムではいつも「まずは自分を知ることが大事」という話をしますよね。
自分に✕をつけてみる。自分の◯を見つける。そうやってフラットに自分を見てみる。そして、それ全部ひっくるめて自分の現状を受け入れることができるかということだと思います。

関連記事

心療内科医監修「自分を知る方法」で婚活のスタートラインに立つ

人物名坂田代表
全部つながってきますね。
人物名内田先生
つながりますね。これ、大事なポイントは、受け入れて終わりじゃなくていいんです。
人物名坂田代表
次のステップってことですか?
人物名内田先生
時間軸を持って考えてほしくて、とりあえず◯と✕をつけて自分を知ったうえで、一旦受け入れる

でも、その後に、別に受け入れなくてもいいんです。

人物名坂田代表
つまり、◯✕で出てきたものは「出てきたもの」として一旦受け入れて、でもそういう自分を受け入れる必要はないってことか。
人物名内田先生
そうなんです!こういう風に変えていきたいとか、今の自分の価値観とか、これが大事というものを疑ったっていいんです。そうやってアップデートさせたっていいんです。

自分を知るときに出てきたものって、「これが私の価値観」「私の大事にしていたもの」だと思っていたけど、実は親に言われたものかもしれない

だから、「いやいや違うぞ、私の大事なものは本当はこっちかもしれない」という風に崩してもよくって。

人物名坂田代表
なるほど。本当に自分が思っていることなのか、親が言っていることなのかは冷静になるべきってことですね。
人物名内田先生
そう、だからちょっとつらい作業かもしれません。

せっかく「これだ!」って見つけたのに、あえて崩してまた見つけて、崩して見つけて…ってことが起こりうるということなので。

でも、それが自分探しということなんだと思います。

「開き直り」はネガティブか、ポジティブか

人物名坂田代表
「自分を受け入れる」の段階で、ある程度開き直りはあったほうがいいですか?
人物名内田先生
いいと思います、とっても。
人物名坂田代表
どうしようもないこともありますからね。
人物名内田先生
開き直れているということは、ある意味、客観視できているということじゃないですか。

物事と距離が取れているというか、ちゃんと感情と距離ができているってことだから、開き直りは良いんですよ。

人物名坂田代表
なるほど、良いことなんですね。

会員さんで、「自分のことは嫌い。でも、こんな私を好きになってくれる人を探したい」という人がいるんですよね。

これって開き直りっていうんでしょうか?もちろんポジティブに開き直れている人と、ネガティブになっている人の2パターンあると思うのですが…。

人物名内田先生
そもそも開き直りって、諸刃の剣ではあるのですが、人生を進めるうえで実は重要なんですよね。

ただ、「問題の回避」になっちゃうと、結局悩んでぐるぐるしちゃうのかなとは思います。

関連記事

心療内科医監修「元カレが忘れられず、人を好きになれない」原因と対策

人物名坂田代表
なるほど!

「問題の回避」という言葉を聞いて今わかったのですが、ポジティブな人は、自分のことは嫌いだけど、がんばって改善しようとしたうえで、やっぱり無理だから開き直るという感じなんですよね。

ネガティブな人は、問題にフタをしたまま、そのまま挑もうとしちゃうのかなって思います。

人物名内田先生
本当の意味でポジティブな人は、ネガティブなところも認識した上で、自分の良いところを探そうとしたり、

「私ここは努力したわ」って思えたり、相手と良い関係を築こうと努力をしたりできるんですよね。

人物名坂田代表
些細な差のような気もするんですけどね。
人物名内田先生
ちなみに、この自分の良いところも探して自尊心を保とうとするメカニズムを「自己評価維持」といって、みな持っているはずなんですよ。

人間の成長発達とは曖昧なものを受け入れるプロセスだ

人物名内田先生
おもしろいのが、自分が嫌いだとか、自分を認められない気持ちと、自分を好きな気持ちや自尊心って、共存しうるんですよ。

たとえばすごいポジティブで自尊心が高い人でも、けちょんけちょんに言われたり、大失敗したら凹みますし、多少は揺らぎますよね。

人物名坂田代表
たしかに。
人物名内田先生
その相反するふたつがあることとか、揺らぐことに耐えられるかどうか、というのは大事なところです。

特に婚活ってやっぱり、活動することで自分を知ることや、自分と向き合うことがあったりして、好きじゃない自分も見えちゃうじゃないですか。

そのときに、◯も見えているかなとか、✕の自分も一旦受け入れるかとかが大事なのかなと。

人物名坂田代表
慣れとか、練習が必要そう。笑

でもやっぱり、曖昧さが大事なんですね。白黒つけようとする人は多いですから。

関連記事

婚活で対人関係をこじらせる5つの「思考の癖」を心療内科医が解説

人物名内田先生
ある意味、訓練ですよね。笑
曖昧さを持てる人が上手くいくというより、婚活をやりながら曖昧さが持てるようになっていけそうです。
人物名坂田代表
本当そうだと思います。

とにかく打席に立たないと、っていつも会員さんに言ってます。

人物名内田先生
今回のテーマにぴったりな言葉があって、心理学者のジェーン・ロビンジャーという人の言葉なんですけど、「人間の成長発達とは、曖昧なものを受け入れるプロセスだ」という。
人物名坂田代表
わかる!会員さんでも多いですよ。特にマジメな方とか勉強ができる方、お仕事をがんばっている方って、妙に白黒つけたがるんですよ。

そういう人って、なぜか幼く感じるというか。

人物名内田先生
それ、正しいです。幼さと言うこともできますね。

そういう相反するものが自分の中にあるとか、良いなと思った相手にちょっと気になるところがあるとか、そういう曖昧さを受け入れられないというのは、成熟していないからなんですよね。

人物名坂田代表
成熟してないんだ。
人物名内田先生
そうなんです。婚活であれば、この人良いな、素敵だなと思う相手でも、100点ってことはないはずなんですよ。

気になる部分も絶対あるはずで、それも含めて一回様子を見れるとか、受け止めてあげるとかが大事なのかなと思います。

まとめ

自分を受け入れて好きになるには、比較三原則(過去、他人、親と比べない)と、自分を肯定してくれる人の近くにいることが大事というお話をしました。

ただ、すべてを受け入れなくてもいいというのも大事なポイント。変えていこうとしてもいいし、自分の「大事」を疑ってもいいんです。

そのうえで、不確実なものや曖昧さを持てるようになれば、婚活という旅もきっと持ちこたえられるのではと思います。

 

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

婚活でお悩みの方はイノセントへ

イノセントは、全国成婚TOP10に選ばれた相談所です。

お見合いから仮交際や真剣交際に進む人、さらに成婚する人数も多く、婚活が上手くいった人、いかなかった人の事例が豊富です。

 男性カウンセラーがポイント

イノセントのカウンセラーは全員同世代(30代、40代)の男性カウンセラー。

入会から成婚までマンツーマンのサポートなので、あなたの状況や性格をしっかり理解したカウンセラーに悩みを相談できます。LINEでいつも繋がっているので、必要なタイミングでアドバイスが確実に受けられます。

 仲間に相談できる環境


イノセントの会員限定コミュニティでは、婚活中の悩みを相談し合える掲示板で日々会員同士がコミュニケーションを取っています。

友人や家族には言えない婚活の悩みを、同じイノセントで頑張っている仲間に相談することで解決したり、気持ちが軽くなってまた頑張れると評判です。

 イノセントで再スタート!

婚活の不安や疑問を相談できる相手がいないと思ったら、結婚相談所イノセントを検討してみませんか?活動中に悩んだり、不安になった時に頼れるカウンセラーと一緒に、婚活の再スタートを切りましょう。


プロの目線で、「あなたにできること」を率直にお話しさせていただきます。

IBJの成婚部門TOP10入賞!
イノセントの仲人に無料相談する

関連記事無料相談でお話しする内容について

■関連記事一覧

心療内科医「内田さやか先生」の紹介記事 

親離れできない女性の特徴と自立するたった1つの方法 

心療内科医監修「自分を知る方法」で婚活のスタートラインに立つ 

心療内科医監修「元カレが忘れられず、人を好きになれない」原因と対策 

婚活で対人関係をこじらせる5つの「思考の癖」を心療内科医が解説 

 

 

 

 

 

 

マッチング無料体験を予約する
結婚相談所イノセント 内田 さやか

結婚相談所イノセント
心療内科医 内田 さやか

日本医科大学卒。東邦大学医療センター大森病院にて心身医学を学ぶ。
IT企業を中心とした複数企業の産業医を担当。
会員制のプライベートサロン「 SAHANA(サハナ)」運営。

困っている方のお話にじっくり耳を傾け、必要なサポートを本当に必要としているひとのもとに届けたいと考えています。心療内科医の立場から、科学的根拠も交えつつ、少しでも前向きに婚活ができるようなお手伝いができれば幸いです。

結婚相談所イノセント

  • HP:https://innocent-bridal.com
  • 住所
    東京(銀座)サロン:
    〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号
    大阪(梅田)サロン:
    〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階10-6
    名古屋サロン:
    〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号
  • 営業時間:11:00〜20:00
  • 電話番号:06-6300-7886
  • E-mail:info@innocent-bridal.com
  • 【心療内科医監修】マリッジブルーで破局?結婚におけるストレスと不安
  • 人間関係をこじらせる人の「思考の癖」|自分を知って楽に生きる
  • 蛙化現象とは?相手に好かれると冷める人の原因と克服法
  • 【心療内科医監修】婚活で役立つACTをやってみよう|アクセプタンス&コミットメント・セラピー
  • 結婚相談所の選び方|プロが教える本当に大切な見るべきポイント
  • IBJメンバーズ(直営店)と加盟店の違い
  • 結婚相談所で結婚できない人の8つの特徴と解決策
会員構成
会員構成
料金内容
料金内容
利用者の声
利用者の声
サポート体制
サポート体制
ご成約の流れ
ご成約の流れ

SNSからもお問い合わせしていただけます!

  • LINE
  • Twitter
  • instagram

【東京(銀座)サロン】
〒104-0061 東京都中央区銀座8-17-5 THE HUB 616号 Map
・東銀座駅 4番出口より徒歩6分
・銀座駅 A3出口より徒歩10分

【大阪(梅田)サロン】
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目3−1 大阪駅前第1ビル7階 Map
・JR「大阪」駅から徒歩4分
・御堂筋線「梅田」駅から徒歩5分

【名古屋サロン】
〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町20-15 名古屋国鉄会館305号 Map
・「名古屋」駅から徒歩5分

【本社】
〒533-0031 大阪府大阪市東淀川区西淡路1丁目3-26 弥生新大阪第一ビル203号 Map
・JR「新大阪」駅から徒歩3分

【TEL】06-6300-7886【E-MAIL】info@innocent-bridal.com

営業時間:11:00〜20:00
*各サロンはスタッフが常駐していないため完全予約制です。

© 2018 innocent All Rights Reserved.